上記動画にて日本の自動車産業とテスラ社の比較が展開されており、ホリエモンこと堀江氏はトヨタ自動車よりもテスラ社の方が魅力的であるという見方をされているようです。

テスラ株が魅力的に思う主な理由は以下の通り。

  • 原子力発電の台頭により世界的にエネルギー価格が安くなる可能性がある
  • 余った夜間電力をEV(電気自動車)に入れておける
  • ガソリン車に比べて部品点数もテスト回数も少ないため生産しやすい
  • ソフトウェアにAIを導入することで自動運転が数年で劇的に進化する可能性がある(ソフトウェアのアップデートは顧客満足度に貢献しやすい)
  • ソフトウェア開発は製品側を変更することなく商品価値を向上できる
  • テスラのコア技術「バッテリー管理システム」が企業の強みとなる

動画内ではウクライナ戦争でロシアからのガス供給が止まったことをキッカケにして欧州のエネルギー問題が大きく変わったことを背景に挙げられていましたが、日本でもエネルギー価格高騰および日米の金利差による円安効果によって原子力発電への期待が高まってることも考慮できそうです。

そしてAIビジネスや人口増加にともなって電力の需要は今後も大きく増していく中で、世界各国が原子力を上手にコントロールできる限りは電気料金が下がる未来はあり得ると思います。


トヨタ自動車とは対照的にテスラの株価は大きく下がっていて、堀江さん曰く、両者を比べた場合にはテスラの方が魅力的であるということだそうです。

後藤さんの質問から生まれた答えなので、半ば答えを促された感覚はありますが、堀江さんの投資論理は非常に勉強になります。

当然当ブログおよび紹介先の動画も含めて個人の投資判断を促すものではありませんので、投資判断は自己責任でお願いいたします。


ブログ村をポチッと押して、明日の記事も見に来てね(。・ω・。)ノ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村