簡単に人と比べられる時代だからこそ、気をつけたいことがあります。


必要な資産は人によって違う

「老後資産を用意するには40代で○万円、50代で○万円必要である」とか「30代で資産○億円達成しました」という情報を見て、自分自身はその人たちと比べて蓄財を頑張れていないのではないか、努力する方向を間違えてしまい今から取り返す方法はないのかと焦る気持ちが湧いてくることがありますよね。

他人が持っているものがよく見えてしまう意味で「隣の芝生は青い」という言葉がありますが、資産運用においては大きな資産を持っている人ほどフォロワー(SNSのフォロワーだけでなく、信仰者や憧れを抱く人という意味)が多い傾向があると思います。


FIREも全員の正解ではない

憧れの対象であるFIRE達成者の中には成功者が沢山いる一方で、早期退職後の人間関係が希薄になり人生の刺激が少なくなって後悔した方もいるでしょうし、計画が雑で長続きしなかった再就職組などFIREすることで全員が幸せになることでもありません。

何事にも言えますが成功確率や成功の度合いは人によって様々、FIREの再現性も1様ではないです。

沢山お金があったとしても必ず全員が幸せになれるわけではないですし、お金の使い方を学ばずFIRE生活を憧れてしまうのはリスクが高くなります。

大切なのは、自分の人生に何が必要かを考え、そのためにはいくらお金が足りないのかを計算すること(他人の意見を鵜呑みにしないこと)だと思います。


お金の使い方の正解

最適なお金の使い道と必要な資産額を計算するためには、過去の自分を振り返ってみるのが1つです。

今までの人生を振り返り、楽しい体験が何だったかを思い出すと自分自身が何に幸せを感じて、どんな原動力を持ち、何のために生き続けているのかのヒントが隠されていると思います。


たとえば、学生時代に仲の良かった地元の友人と過ごした時間が最高の思い出という人にとっては、友達と共通の話で笑い合える時間を提供するために、何かを友達にしてあげられる自分に価値を感じ、常に友達を喜ばせ続けられる自分ことが好きかもしれません。

家族と自宅で開催される誕生日パーティが何よりの楽しみだった人は、家族のつながりを何よりも大切にし、自分が親にしてもらったように自分の子供にも最高の誕生日パーティを開いてあげることが生きがい(原動力)になるかもしれません。


資産運用は自分と向き合うことで価値が高まる

何に幸せを感じて、何を不幸を思うのかは人ぞれぞれです。

自分の過去と現在を振り返りことによって、自分がなりたい姿とそうじゃない物事を考え続けるほど、最適なお金の使い道と必要な資産額が見えてくると思います。

それは他人との比較では見えてくるものではないので、焦らず自分自身と向き合い続けることが資産運用を成功させるコツとなります。


ブログ村をポチッと押してね(。・ω・。)ノ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


貯金したいなら今すぐ買って!お金が貯まる神アイテム

使えばお金が貯まる神アイテムを以下の記事でご紹介します。


早く取り入れるほど貯蓄効果が高くなるものばかりなので、気に入った商品は早めにGETして下さいね