簡単に出来る借金

先日のブログ記事の中で、借金とカードローンに関しては、特に買ってはいけないとお伝えしました。


しかし、世の中はとても簡単に借金ができる時代になっており、その勢いは止まりません。


メルペイスマート払い(定額払い)

中でも簡単な借金として注目されるのが、メルカリが提供する「メルペイスマート払い(定額払い)」です。

メルペイスマート払い(定額払い)
出典:mercari

メルペイスマート払い(定額払い)とは、メルペイスマート払いの購入代金の清算を月々にわけることができるサービスです。

簡単に言えば、クレジットカードのリボ払いと同じ決済方法となります。実質年率は15.0%と設定されており、返済が遅れるほど借金の複利が膨れ上がるため、必要以上にお金を浪費してしまいます。


メルカリ未収入金額の推移

このメルペイスマート払い(定額払い)がどの程度利用されているかは、メルカリの決算短信にある「未収入金」を見れば、一目瞭然です。

    未収入金とは、未回収の金銭を計上するための勘定科目。資産や物の売却後に現預金での回収が見込まれるもの(債権)を意味します。

以下はメルカリの決算短信から未収入金額と売上比率を抽出して計算しました。

メルカリ未収入金額の推移


メルペイスマート払い(定額払い)が導入されたのは2020年7月です。それ以降の未収入金が急激に増えているのが確認できます。1年で300億円以上は増えている計算となります。

売上高規模の半分程度に相当する未収入金を抱えており、借金をしてメルカリで物を手にするユーザが増えていることがわかります。

この手のサービスを利用する人は借金の仕組みについて理解せずに利用しているケースが多く(理解してたら大抵は手を出しません)、雪だるま式にユーザの借金が増えていくため、かなり危険です。

金融知識のある人はスマート払いと称した「リボ払い」や「BNPL」にひっかからないように注意していきましょう。