株の買い増しルール1「上昇要因の発掘」

株価は企業の業績に連動しやすいと言われており、売上や利益が増えれば株価も増えやすくなります。

S&P500 eps
出典:MacroTrends

上記は米国の大型株式指数であるS&P500の株価(青線)と一株当たりの利益(オレンジ線)を比較したグラフです。両者とにも同じような動きで連動しているのが確認できるはず。

日本株であろうが、海外の株であっても同じように株価は企業の業績と長期的に連動しやすい傾向にあるため、株式投資を行う際は投資先の売上高、利益率、キャッシュフローなどに注目しておくことが重要となります。

【株価上昇要因になりやすい項目】
  • 売上高、利益率が右肩上がり
  • 連続増配を続けている
  • 国の政策に織り込まれている


株価で判断しない

買い増しで最も陥りがちなミスとしては「株価が上がったら買う」「株価が下がったら売る」というやり方です。株価が上がったら今後も上がりそうな予感がしますし、下がればもっと下がりそうで怖くなるため狼狽売りになりがちです。

過去のTOPIXを見ても資金流出入の推移は株価が上がると上昇し、株価が下がると売買代金も下がる傾向があり、まるで人間の心理がそのようにプログラムされているかのようです。

株式投信の資産流出入グラフ


株価が投資判断となってしまうと「高いところで買い、安いところで売ってしまう」ため、投資家の利益につながらず、いつか大損を引いてしまい、退場せざる得ない状況となります。

株価で判断をするのであれば、企業の業績に基づいた”目標株価”や”損切りライン”を決めたり、テクニカル分析を使った抵抗線ラインをあらかじめ決めるなどして対応する方法あります。

安易に上昇トレンドや下降トレンドによって投資判断をしてはいけません。


株の買い増しルール2「資金の流れ」

株式投資で自分の買い注文(もしくは売り注文)が通るということは、反対の注文をしている投資家が必ずいるということを意識しておくべきだと私は思います。

また株価は資金の流れが強い方に動きますので、理論的に株価が下がる局面であっても買う人が多ければ株価は上がりますし、多数派の投資家がが買い注文をしても上回る資金量をもった機関投資家が一気に資産を売却してしまえば株価は下降してしまいます。

株式投資で一番難しいことは「複数の視点で物事を見る」ということです。

この株は絶対に上がるべきだ!と個人では正しいと思ったとしても、自分以外の人間がそう思っていないのであれば株価は下がります。

自分が気づいていない事実に多くの人が気づいていたり、時間差でそれが周知の事実になるようなこともありますので、株式投資は自分の考えだけに執着する人(自信家)ほど損失を抱えやすくなります。

加えて業績が好調で将来性が明るかったとしても途中で人気がなくなり、PER(株価収益率)が下がってしまう局面が株式投資にはよくあります。1つの銘柄だけ見ていると、他の業界のトレンドや技術革新に気づけず、株価が下がってしまう場合もあるため、投資先の銘柄が今の人気を維持することができるか、他の業界に資金が流失してしまわないかということを考えることも買い増しをする上では重要になります。


株の買い増しルール3「少額投資」

投資は未来を予想できませんので、100%の正解を見つけるのはほぼ不可能です。負けることを前提に考えて、一定の勝率で続けていくこと(大損しないこと)が重要になります。そのためには買い増しするタイミングや銘柄を分散させることにより、損失額を減らす努力が必要です。

買い増しする場合は買付余力100%の資産を投入するのではなく、10%や20%程度で様子を見ながら毎週や毎月など投資タイミングを分けてトレンドを読みながら進めていく方がいいでしょう。大儲けする方法ではありませんが、予想が当たれば利益はでますし、外れれば損失を最小限に抑えることができます。

常に投資家として生き残るための方法を優先しながら、買い増しをするべきだと私は思います。