皆さん、こんにちは。Gazです。

今回は「投資主体別売買動向」について解説したいと思います。投資をするのであれば、色んな経済指標に触れることで経済の動向や市場のトレンドを自分なりに把握しておくことが重要です。なるべく噛み砕いて解説していきますので、ぜひ最後までご覧下さい。


投資主体別売買動向とは

投資主体別売買動向(もしくは、投資部門別売買状況)とは、日本の個人投資家や生命保険企業、投資信託、海外投資家がその週において、どの程度日本株を売買しているのか、という指標になります。

この指標は日本取引所グループ(JPX)が毎週第4営業日(通常は木曜日、祝日等非営業日がある場合はその分後ろ倒し) 午後3時に資料を掲載することになっています。

投資部門別 株式売買状況
参照元:日本取引所グループ

表を見ていただくと「証券会社」や「その他法人等」など、様々なカテゴリが存在しますが、その他法人等には政府や地方公共団体、財団法人などが含まれます。そして、信託銀行というカテゴリには年金基金であるGPIFや日銀によるETFの買い入れが含まれるということです。その他のカテゴリについても基本的には文字通りの意味となりますが、気になる項目があれば注意してご覧ください。


見やすいサイトを登録

JPXが公開する投資主体別売買動向の資料は週ごとの情報しか集計されず分析しずらいです。そのため、各メディアが毎週発表される投資主体別売買動向を集計した表とグラフを発表していますので、それらを見るのが簡単だと思います(余裕のある方は、ご自身で毎週発表されるデータをエクセルに打ち込むなどして集計すれば、よりデータへの理解が深まるはずです)。

おすすめサイトは以下の通り。


上記のサイトを見ると、過去の状況をまるごとまとめてくれているので今後の動向が読みやすくなります。「世界の株価と日経平均先物」のサイトはグラフが付いているので、長期期間においての売買ボリュームを視覚的に比べることができますし、海外投資家と日本の個人投資家の動向を比べてみると面白いと思います。対して、トレーダーズウェブは年、月、週で期間ごとにそれぞれの売買代金をまとめてくれているので期間を切って分析するのが容易です。

好きな方でかまいませんので、週に1回確認するためにもお気に入り登録しておくと良いと思います。


どうやって使うの?

では最後に「投資主体別売買動向をどうやって投資に役立てるのか」ということを解説していきます。分析方法については正解はありませんし、私の意見もあくまで1つでしかありませんので参考程度に聞いて頂ければと思いますが、まず1つは海外投資家の売買に注目することです。

MSCI ACWI
参照元:MSCI ACWI

世界の株式市場のほどんどは米国株によって取引されていますが、その次は日本、中国、イギリス、フランスの順序となります。投資主体別売買動向から読み取りたい状況は、世界の投資家が日本市場に対してどの程度興味を持っているのか、そして今後の売買高はどの程度すケースしていくのかということです。

売買代金比率の推移
参照元:野村資本市場研究所

投資主体別売買動向を長期的にみると、海外投資家の保有割合は1980年代には十数%しかなかった保有割合が2021年においては70%弱を占めるまで上昇してきています。日本人の購買力が弱すぎるということもあるかもしれませんが、海外投資家は長期的にみると日本への投資体制を緩めてはいない傾向にあるということを、投資主体別売買動向から読み取っていく必要があります。

海外投資家の動向以外では、個人の売買、日銀の買い入れ、生保や投資信託などの動向を分析することにより、今後は日本の投資家がどこにお金を入れようとしているのかということも抑えておくと良いと思います。


応援のお願い

以下のリンクをクリック頂けますと私自身ブログの更新も続けやすくなります。お手数ですが応援のほど何卒宜しくお願いいたします🙇‍♂️