仮想通貨ICOでLEVEL MAX!!

明日なくなってもいい飲食代くらいの資産でハイリスク・ハイリターンなICOに挑むブログです。他にも仮想通貨界隈で起こった出来事などを掲載していきます。

タグ:ETH

皆さん、仮想通貨投資楽しんでますか?

仮想通貨の技術や新たしいロジックを知れば知るほど、新しい情報にも対応できるようになり、儲けるチャンスにも近づけるはずです。

少しづつ、ビットコインや仮想通貨の事を知って、より良い仮想通貨ライフを楽しみましょう!!

そして今回は、仮想通貨市場においてビットコインについで時価総額の高いEthereum(イーサリアム)に関連した用語「ERCトークン」を一緒に学んでいければと考えています。


「ERCトークン」は結構良く聞く用語だと思いますが、詳しくご存知でしょうか?

これを知らずにミートアップやオフ会に参加すると恥を書くかもしれないので、しっかりチェックしておきましょう。


大前提として、仮想通貨に使われるトークンには、様々な種類のトークンがある事を知っていると思います。

NEMという仮想通貨もあれば、リップルというトークンもありますし、ビットコインもトークンのひとつです。トークンによってそれぞれできる事が異なりますし、存在するネットワークも違います。


「ERCトークン」というのは、ERCという規格(もしくは仕様)に準拠したトークンという意味で使われています。

よく仮想通貨プロジェクトのホワイトペーパーに使われているのが「ERC020トークン」という単語になりますが、ERC020は「Ethereum Request for Comments: Token Standard #20」の略称です。

日本語に訳すと「イーサリアムトークンの仕様に対し20番目の議論に沿って創られたトークン」という事になります。

20番目があるのですから、10番目もあるし、今後1000万番目とかもでてくるかもしれませんw


ERC20に準拠したトークン「ERC20トークン」のメリットは以下の2つです。

    MyEtherWallert、Metamask、HBWalletが使える
    イーサリアムのブロックチェーン上でトークンを発行し、スマートコントラクトの恩恵を受ける事ができる

よくICOに参加する際に取引所のアドレスに送ってしまうと、トークンがなくなってしまうという案内があります。

その理由は、取引所のアドレス(もしくはウォレット)の仕様とトークンの仕様が違うので、誤って送信してしまうと送ったトークンが喪失してしまうという事になります。

ERC20のようにトークンの仕様を合わせる事で、プロジェクト側が専用のウォレットを用意しなくても既存のウォレット(MyEtherWallert、Metamask)を使えば、ユーザは新しいトークンでも保有する事ができるわけです。

このようなメリットがあるという事でERC20の基準に沿ってトークンを発行するプロジェクトが2018年3月9日時点では、46,848件ものERCトークンが存在しています。スッスゴィ...(゚Д゚ノ)ノ  


また、以下のツイッターをフォローしておけば、ERC20トークンのエアドロップ情報もキャッチする事ができるので、もっとERC20について知りたい方はフォローしておくと便利です。


最近では、ERC20の改良版で「ERC223」という仕様も人気がでています。

ERC223が人気の理由は以下のとおりです。

ERC223のメリット
    1:送金コストが安い
    2:送金先が存在しないアドレスには送金できない

通常ERC規格のトークンでは送金をする際にGasという送金手数料がかかってしまいますが、ERC223の場合はERC20に比べて安く送金する事が可能です。

ビットコインやイーサリアム同様に利用するユーザが増えると送金コストは高くなる傾向にあります。さらに、ICOの時など緊急で送金をしたい場合はGas競争で大量の送金コストがかかってしまうため、送金コストがかかりにくい仕様はユーザにとって便利と言えます。


もう一つのメリットとして、ERC223は送金する前に、送金先のアドレスが存在するかを確認後、送金が実行される仕組みになってます。この仕様により、仮に送金先のアドレスがない場合は送金する事ができません。

ERC20の場合であれば、送金先のアドレスがない場合でも送金ができてしまっていました。送金先が存在しないアドレスに送金してしまうと送金したトークンは喪失してしまい、取り戻せなくなってしまいます。

そういった問題を解決したのが、ERC223ということになります。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

2018年は草コインが相当増えてますね、時価総額が高い通貨であってもプロジェクトが怪しいのが結構でているように思います。

そこで、あくまで個人的な見解のもと、2018年生き残れる仮想通貨はどれかというのを予測してみました。

評価軸としては、あんまり記事が長くなっても読みづらいので、問題解決力だけに絞って考察していきます。

なぜ、問題解決力かというと、たくさんの問題を解決出来る仮想通貨は生き残るし、逆にただの金融商品としての価値しかない仮想通貨は消えていくと考えるからです。さっそく、ランキング形式で発表していきたいと思います。



1位:NEM(XEM)

NEMが解決するべき問題は、貧富格差です。


世界トップ8人の資産が、世界の約36億人分の資産と同じ」というのはご存知でしょうか。

ビル・ゲイツ(マイクロソフト社創業者)、アマンシオ・オルテガ(ZARA創業者)、ウォーレン・バフェット(投資家)、カルロス・スリム・ヘル(メキシコの実業家)、ジェフ・ベゾス(Amazon創業者)、マーク・ザッカーバーグ(Facebook創業者)、ラリー・エリソン(オラクル創業者)、マイケル・ブルームバーグ(前ニューヨーク市長)が上位8名となります。

資本主義経済なので、ビジネスの競争に勝った人に富が集中するのは当然という考えを否定するつもりはないのですが、配分量において格差が激しいという事です

生まれ育った環境や先天的な理由によって格差が存在し、同じ人間でありながら選べる選択肢に大きな格差がありすぎるのが現状です。


NEMはPoIというシステムによって経済への参加活動に応じて報酬を与えるシステムを構築しています。また、自分の価値観に従ってオリジナルトークンを制作したり、SNSでXEMやトークンを相手に与えたりする事もできます。

こういったNEMのアプリケーションを通じて、今までは資本主義のルールに縛られて成功できなかった人たちが、自分の価値観に従って積極的に新しい経済に参加していく事で富を獲得する事ができるようになります。

2018年では、テレビに映る芸能人や、実業家、投資家、大企業の重役など限定された職業につかなければ得る事ができなかった資産が、もっと多くの選択肢の中から手段を選び、実行する事で大きな資産を得られる可能性が高まります。

つまり、貧困格差がある以上、NEMは発展し続けるわけです。



2位:イーサリアム(Ethereum)

イーサリアムが解決するべき問題は、手数料や銀行などの金融機関にかかるコストです。


お金を引き出したり、預けたりするのに手数料をとらないと金融ビジネスって成り立たなかったのが現状です。

今後は、ブロックチェーンとスマートコントラクトを使えば、銀行やATMにかかっていた販売管理費、技術費などのすべてのコストを削減できるので、ごくわずかな手数料(GAS)だけで、お金のやり取りを行う事ができます。


銀行や税務署、証券会社はもちろんですが、会計士や人事も含めてお金に関するお仕事をしている人は、ブロックチェーンありきの仕事か全く違う仕事を求められるようになります。

つまり、会社は経費を極限に抑えられうだけでなく、組織的にもコンパクトになるし、営業や開発など本来の活動に注力できるようになります。

イーサリアムが発展する事で、世の中のありとあらゆる金融コストや手数料が削減される未来がある以上、イーサリアムは高い確率で生き残るし、価値は上昇し続けます。



3位:ビットコイン(BTC)

問題解決するべき問題は、お金のデジタル化です。


ブロックチェーンが提唱されて、ビットコイン以外にもいろんな暗号通貨のプロジェクトがたくさんできていますが、仮想通貨はまだまだ発展途上で、正解は出ていませんし、成功もしていません。

成功は、先進国を含む各国の政府が一同に仮想通貨を認めて、銀行や政府機関や税金などのシステムに導入される事です。

しかし、ブロックチェーンはまだまだ問題も多く、ブロックチェーンに似た技術もたくさんあるので、未来の金融システムとしてどれが正解なのかまだ模索中という段階です。


将来、仮想通貨として生き残るには、いかに時代の変化に対応できるかという事が1番だと思っています。

ビットコインは仮想通貨の基軸通貨でありながら、実証実験媒体としてハードフォークを繰り返しながら変化に対応できる要素を持っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ