こんにちは。Gazです。

先日、Twitterで以下の内容を発信しました✨

本記事では【 つみたてNISAの手数料(信託報酬) 】について詳しく解説していきます。


つみたてNISAの手数料を分かりやすく解説

投資信託には5つの手数料がかかると言われています。

    1.証券口座を「開設」する:口座開設手数料
    2.証券口座を「維持」する:口座管理手数料
    3.投資信託を「購入」する:購入手数料
    4.投資信託を「保有:する:信託報酬
    5.投資信託を「解約」する:解約手数料

最近は手数料の無料化が進んでおり、口座開設と口座管理手数料はほとんど無料。

購入手数料と解約手数料に関しても無料のものが多くなっています。

ただし、信託報酬と言われる手数料についてはすべての投資信託に発生する手数料となります。


つみたてNISAの手数料は信託報酬だけ

金融庁の取り決め上、つみたてNISAの手数料は信託報酬のみです。

仮に購入手数料などをとっている投資信託があれば法令違反となります。

口座開設および管理手数料、購入手数料も解約手数料も無料で提供されるのがつみたてNISAの特徴の1つとなります。


さらに金融庁は信託報酬以外の手数料を規制するだけでなく、高すぎる信託報酬も設定できないよう以下のルールを整備しています。

  • 国内の投資信託は信託報酬0.5%以下
  • 海外の投資信託は信託報酬0.75%以下

詳しくは金融庁が発表している資料で確認できます。


ネット証券は手数料が安い

つみたてNISAは銀行や郵便局でも販売していますが、ネット証券なら信託報酬の安い銘柄が豊富に揃っています。

つみたてNISAを始めるなら楽天証券SBI証券で口座開設しましょう。


窓口業務を行なっている金融機関では危険がいっぱいあります。



信託報酬とは?

お金

信託報酬は投資信託を持ち続けている間に払う手数料(運用管理費用ともいいます)。

信託報酬の特徴は以下のとおり。

  • 投資信託保有中は毎日発生する
  • 保有資産から自動天引き
  • 信託報酬は基準価格に反映される


信託報酬の計算

信託報酬は日割り計算で毎日自動的に以下の計算方法で差し引かれます。

    保有資産 × 信託報酬 ÷ 365日

例えば、信託報酬1%の投資信託を40万円分1年間保有した場合、信託報酬は年間で4,000円の信託報酬を支払うことになります。(計算を分かりやすく説明するために、株価の値動きはなかったものとします。)

1日に支払う信託報酬は約10.9円です。

    40万円 × 1% ÷ 365日 ≒ 10.9円

1ヶ月(30日間)で約328円の支払いが生じるため、40万円の資産は1ヶ月経つごとに1ヶ月目は399,672円、2ヶ月目に399,344円と約328円づつ資産が信託報酬によって減っていくことになります。

1年後には40万円あった資産は信託報酬によって39.6万円となるのです。

信託報酬の仕組み

繰り返しになりますが、計算を分かりやすくするために株価の増減を加味していないのでご留意ください。

株価が上昇すれば資産は増えますし、株価が下がれば信託報酬による資産減少幅は緩やかになります。


信託報酬の相場

信託報酬は以下の順で高くなる傾向にあります。

    1.海外のアクティブファンド
    2.日本のアクティブファンド
    3.海外のインデックスファンド
    4.日本のインデックスファンド

インデックスファンドよりアクティブファンドの方が信託報酬が高く、海外株より日本株の方が為替や税金の影響を受けない分信託報酬が安くなるという具合です。

では最後に信託報酬の相場感を把握するため、実際どのくらいかかるのかを見ていきましょう。


日本株の信託報酬

信託報酬の比較表(日本)
ファンド名 純資産(百万円) 信託報酬
ひふみプラス568,4751.078%
ニッセイ日経225151,0290.275%
ニッセイ日本株ファンド91,7091.100%
Funds-i日経22533,9290.440%
三井住友DC日本株32,2810.176%

※上記は2020年1月時点でのSBI証券にある数字を参考にしています。


「ひふみプラス」と「ニッセイ日本株ファンド」はベンチマークを上回ることを目指したアクティブファンドとなるため、信託報酬は1%を超えています。

対して、日本株のインデックスファンドは0.176%〜0.440%が相場となります。

また、純資産額は上記銘柄よりも低いですが信託報酬は0.154%となる「eMAXIS Slim 国内株式」という国内のインデックスファンドも存在します。


米国株の信託報酬

信託報酬の比較表(海外)
ファンド名 純資産(百万円) 信託報酬
ニッセイ外国株式156,2260.109%
eMAXIS Slim 先進国株式77,6950.106%
楽天VTI77,2290.162%
SMT グローバル株式75,0040.550%
たわらノーロード 先進国株式47,9790.109%

※上記は2020年1月時点でのSBI証券にある数字を参考にしています。


海外株の場合はインデックスファンドが圧倒的に人気。

相場は0.106%〜0.550%となっており、海外株においてもeMAXIS Slimシリーズが信託報酬の最安値水準を保っています。


最後になりますが、資産運用に役立つ情報はTwitterYouTubeでも配信しています。

よろしければ、フォローとチャンネル登録をお願いします。