株式投資を始めたいけど、まとまったお金がない。

投資なら最低100万円くらいは必要だと考えてる。


株式投資はお金がかかるイメージが強く、少額投資なんてできないと考えられがちですが、実際はそんなことはありません。

投資方法によってはまとまったお金がなくても開始できる商品もたくさんあります。


「最も効果的に投資を始めるためにはいくらくらい必要なのか。」

「自分だったらいくらあれば十分な投資ができるのか」を判断できる考え方を解説していきます。





株式投資はいくらから始められるか

お金

個別株の購入価格

株を買うとなると、大きなお金が必要になると考えてしまいがちですよね。

株の購入は必ずしも大きなお金がかかるわけではありません。


個別株の購入価格は1枚あたりの市場価格単元株数(株を買うために最低限必要な株数)によって決まります。

市場価格が1万円で単元株数が100枚であれば、最低購入金額は100万円( = 1万円 × 100枚)ということになります。市場価格が1,000円で単元株数が1であれば、最低購入金額は1,000円( = 1,000円 × 1枚)からという仕組みです。

1万円以下で購入できる株もあれば、10万円以上などまとまったお金がないと購入できない株もあるというのが現状です。


個別株は資金力のある投資家に有利な投資方法です。

資産が少なければ、購入できる銘柄が少ない上に分散投資もできないので非常にリスクの高い投資スタイルとなっていしまいます。

言い換えれば、投資未経験もしくは初心者にとって個別株投資は難易度が高く、おすすめできません。


株を買うなら投資信託

これから株式投資を始めようと考えるなら、「投資信託」という金融商品がおすすめです。

投資信託の仕組み

上記の図のように金融のスペシャリストが世の中にある株式や不動産などの金融商品から優良な銘柄だけを1つにまとめた金融商品が投資信託です。

一般的に投資信託というのは数百種類の金融商品を組み合わせています。多いものでは500種類以上の銘柄が組み込まれていることも珍しくありません。


投資信託はSIB証券や楽天証券などのネット証券口座から申し込めば、1つの投資信託につき100円から買い付けをすることができます。

さらに投資信託は1つを購入すれば、数百社に分散投資をしていることと同じ効果が得られるため、少額運用でも大型資産家と同じような分散投資をすることができます。


投資信託ならつみたてNISA

投資信託に投資をする際に忘れてはいけないのが、つみたてNISAです。

つみたてNISAとは少額投資非課税制度といって、投資で得た利益に対して税金の支払い義務が発生しない投資方法です。株式投資をするなら必ず以下の記事に書いてある内容を把握しておきましょう。


株式投資はいくらから始めればいいのか

積立投資

前項で株式投資は100円から上限は無限まで投資できるということが理解できたと思います。

次はいくらから始めればいいのかという問いを解説していきます。


毎月1万円の積立投資で判断

投資金額については正直「いくらから始めるべき」という決まりはありません。

個人の判断が最終的な決め手となるため、1つの例を見ながら多いのか少ないのかを判断していきましょう。


毎月1万円の積立投資(平均利回り5%想定)を20年間続けた場合に形成できる資産は411万円(= 運用収益171万円 + 投資元本240万円)となります。さらに10年続ければ832万円(= 運用収益472万円 + 投資元本360万円)です。

この金額を少ないと感じるのか。

それとも、こんなに資産を貯めることができるのかと思うかはその人次第です。


積立投資は若いほど有利

毎月1万円の積立投資でも50年間(想定利回り5%)続ければ2,668万円になります。老後2,000万円足りないと騒がれたとしても20歳から70歳まで投資を続けることができれば問題をクリアすることができます。


積立投資は若ければ若いほど有利です。

少額投資でも長く続けることによって大きな資産を形成することができます。

年齢が若いのであれば、積立投資金額を上げすぎるのではなく、自己投資などと並行して考える方がおすすめです。


少額投資&自己投資

投資とは生活を助けるものであるべきです。

生活費を圧迫させてまで行うものではありません。

つまり、投資金額を決める際には普段の生活に負荷を与えない金額で行うことが大切です。


若いうちは生活費の他に自己投資として副業を始めたり、英会話や旅行などの体験にお金を費やすことも将来の労働収入を上げるという意味では有効です。もしかすると投資よりも自己投資の方が有益かもしれません。

投資、生活費、自己投資などお金をバランスよく使うことによって、もっとも可能性(将来性)の高いお金の使い方を探ってみることが一番重要です。


そして、個人ごとにお金の費用対効果が最も高い分野が分かった時点でそこに集中的に投資をすればいいのです。

無理に株式投資の運用金額を上げようとせず、まずは1万円でもいいから投資をはじめてみてはいかがでしょうか。


少額投資についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事も合わせてお読みください。