こんにちは。Gazです。

先日、「GOBankingRates」という米国メディアが発表した2019年の貯蓄調査報告によれば、米国人の45%は一切貯金を持っていないということがわかりました。

そして約7割が貯金10万円以下という事となっています。


今回は【 貯金と投資の割合 】について解説したいと思います。


投資に貯金は絶対必要

投資をするにあたり、貯金は絶対に必要となります。

その理由は以下のとおり。

  • 投資は将来が予測できない
  • 精神衛生上、一定額の貯金は必要


投資は将来が予測できない

投資の大前提として、将来の株価を予測することは不可能だからこそ貯金が必要です。

株式市場では過去何度も大暴落が起きていますが、そういった際に自己資金全てを投資してしまうと、すべてがなくなります。

投資により生活ができなくなってしまうと、もう元には戻れません。

最低限の暮らしができる程度には貯金を残しておかなければ、人として生きることができなくなってしまいます。


2019年のように上昇相場が強くなるとリスクを恐れずに投資を始めようとする方がいますが、それが最も危険です。

相場は上がるだけでなく、必ずどこかで下がります。それは上昇相場が続いている時ほど起こりやすいものです。

GOBankingRatesの調査結果にような貯金ゼロで投資をする(フルポジ)など論外なのです。


精神衛生上、一定額の貯金は必要

投資は貯金がないもしくは少ないと、「絶対に勝たなければいけない」という心理が働いてしまいます。

すると、的確な損切りができなかったり、利益を確定するタイミングを間違えてしまい、損失が膨れ上がっていくという現象が起こりやすくなります。


また、つみたてNISAや投資信託のような長期積立型の投資方法においては、貯金が少ないと途中で解約することにもなります。

長期積立型投資の途中解約は複利効果の機会損失を生むだけでなく、タイミングを間違えてしまうと資産を減らしてしまうことにもつながるため、貯金が少ない状態でやるのは全く向いていません。


貯金と投資の割合

jeremy-thomas-FO7bKvgETgQ-unsplash

では、貯金と投資の割合がどのくらいあればいいのか。

私の独断と偏見で考える回答はこちら。

  • 生活費12ヶ月分の貯金を常に用意
  • 貯金が減ったら、投資も減らす
  • 老後は安定資産へ切り替える


生活費12ヶ月分の貯金を常に用意

私の中で「貯金」というのは以下のように考えています。

  • 毎日の生活を支えてくれるもの
  • 万が一、何かあったときの保険
  • 貯金しすぎると保証もされないし、機会損失につながる

貯金があるから投資もできるし、万が病気をして働けなくなったとしても生活を補填することができる安全策が貯金ということになります。

そんな考えであれば、私は生活費約1年分があれば問題ないと思っています。

1年間あれば、病気を治すこともできるし、仕事がなくなったとしても再就職するのに十分な時間だと考えるからです。

それ以上は投資に回すようにしています。


つまり、貯金と投資は「割合」で考えるのではなく、金額で捉えています。


仮に1ヶ月の生活費が30万円だったとするならば、貯金は360万円あればOKです。

それ以上の貯金については投資に回せば良いし、投資資金がいくらになろうが関係はないですね。

ただし、割合や金額ばかりに気を取られすぎて無理に投資するのは本末転倒なので、優良な投資先がない場合は現金比率が多くなることもあります。


貯金が減ったら、投資も減らす

人生には子供の学費や住宅ローンなど、お金がかかる時期やイベントがあります。

その時期になると、貯金を切り崩すことも考えられますよね。

その際は迷わず投資も減らしましょう。


「一定額の貯金ができない」「家計の収支が赤字になっている」のであれば、それは健全ではありません。

投資した金融資産を現金化するような事態であれば危険信号がでていると考えてもOKです。


とにかく、貯金を切り崩した場合というのは投資を減らすか、新規投資を一切止めるかで貯金を守りましょう。


老後は安定資産へ切り替える

人生の後半になると、投資のリスクが大きくなっていきます。

それは投資した資金を生活費や自分の浪費として使うステージに入ってくるからです。


老後生活中は資産が大きく変動すると使える資産も減っていくことになるため、定期預金や債券など価格変動が小さい金融資産の割合を多くしていくのが賢明です。その中で貯金の割合も増えていくことは自然の流れになります。


最後になりますが、資産運用に役立つ情報はTwitterYouTubeでも配信しています。

よろしければ、フォローとチャンネル登録をお願いします。