仮装通貨NEMに大きな革命が起きるとも言われている「カタパルト」

カタパルトが起こることによって、多くの投資家は大きな価格変動を期待しているはずです。

そのカタパルトがどんなものなのか、いつ実施されるのかを把握しておくことによって、千載一遇の投資チャンスが訪れるかもしれません。


本記事ではカタパルトについて詳しく解説していきます。

この記事を見た方にとって、最高の投資機会が訪れることを願っています。


もくじ(コンテンツ)







カタパルトを説明を始める前に「NEM」について解説していきます。

NEMのことを理解しているという方は、次の「NEMのカタパルトとは」へお進みください。


仮想通貨NEMとは

NEMとは2つの意味で捉えることができます。

    1. NEMとは仮想通貨の1つである。
    2. NEMとは価値交換システムである。

仮想通貨NEM

アルトコイン一覧

NEMは2015年に誕生した仮想通貨の1つ。

ビットコインやイーサリアムなど主要仮想通貨との違いは、ブロックチェーンのデータをつなげる(合意形成アルゴリズム)ためにパソコンに膨大な計算をさせたり、電気代を消費しなくていいという点です。


ビットコインではproof of workという合意形成アルゴリズムが採用されているのに対して、NEMにはProof of Importanceという合意形成アルゴリズムが採用されています。

NEMはProof of Importanceを採用することによって、取引処理を早くしたり、電気代を使わずにスマホでマイニングすることができる仮想通貨となっています。

NEMの概要
項目 詳細
公開日2015年3月31日
トークンシンボルNEM(ネム)
通貨単位XEM(ゼム)
発行枚数8,999,999,999 XEM
トークン新規発行なし
システムProof of Importance
送金コスト10,000XEMあたり0.05XEM
ブロック生成間隔約1分
マルチシグ実装済
NEM専用ウォレットNanoWallet

価値交換システムであるNEM

NEMはブロックチェーンシステムを既存のシステムに導入する技術をいくつも持っています。

日本初のステーブルコイン 「LCNEM」政治プラットフォーム「PoliPoli」にはNEM(価値交換システム)が使われており、独自の仮想通貨やデジタル資産を交換する仕組みが成り立っています。

NEMを採用する仮想通貨プロジェクトには大きなメリットがあります。

それは価値交換システムであるNEMを利用することによって、ブロックチェーンの開発コストや運用を管理する人材などへのコストを劇的に減らすことができるという点です。

NEMを使った仮想通貨やアプリケーションは他にもたくさん開発されており、イーサリアムのようにインフラとして利用されるのが価値交換システムであるNEMです。


NEMのカタパルトとは

カタパルトとは、NEMのアップデートプログラムのことを意味します。


具体的には以下の機能が実装されることがカタパルトです。

  • 取引処理の高速化
  • マルチレベル・マルチシグ
  • Aggregate Transactions

取引処理が高速化するカタパルト

カタパルトが実現されると、NEMの取引の処理速度が格段に向上します。

トランザクション処理速度比較
通貨銘柄 秒間の処理件数
Bitcoin7件
Ethereum15件
Ripple1,000件
NEM4,000件

カタパルトは世界一の利用されているクレジット決済「VISA」のスループット(データ処理)に匹敵し、より多くのインフラになる可能性があります。


マルチレベル・マルチシグ

マルチシグとは、複数人の署名がないと契約が実行できない機能のことです。

単独で契約を実行することができないため、商取引の代金回収や不動産契約などに利用されます。

詳しくはマルチシグの記事を参照ください。

関連記事:マルチシグ(マルチシグネチャ)とは?仕組みを解説

マルチレベル・マルチシグはマルチシグの上位互換とお考えください。

マルチレベル・マルチシグでは、3つのレイヤーまでマルチシグが実装され、人に限らずモノ(商品)やサービス(無形物)を署名者とする事が可能となります。


Aggregate Transactions

Aggregate Transactions(アグリゲート・トランザクション)とは、一定の条件が揃った場合に支払いや料金の受け取りなどの取引処理が同時に実行される仕組みです。

送金先を間違えてしまったり、詐欺などのトラブルを防ぐ効果がAggregate Transactionsにあります。


カタパルトをmijinへ導入

カタパルトはNEMへ導入するあ前に、試験的にテックビューロ社とNEMで共同開発したプライベートブロックチェーン「mijin」への導入を試みています。

上記の動画にある通り、mijinのシステムはビットコインのように世界中に広げて利用する(パブリックブロックチェーン)事もできれば、企業の中だけで使う(プライベートブロックチェーン)事もできるため、非常に汎用性が高い技術となっています。


NEMのカタパルトはいつ実装される?

NEM財団はカタパルトのロードマップ(2019年版)の中で、2019年10月頃にカタパルトを公開すると発表しています。

ただし、カタパルトをリリースするまでには様々な課題を乗り越えなければいけません。


カタパルト事前テスト(ドラゴン)

カタパルトの事前テストはドラゴンと呼ばれており、以下の作業が課題となります。

  • カタパルトSDK第1ラウンド
    Javascript、TypescriptとJavaのSDKがアップデート、PHP、Swift、Python、Unityのアルファ版を提供します。

  • NEMカタパルトテストネット
    Cowのテストネットを公開。テスト用ウォレット、フォーセット、チュートリアルの提供とDragonへのアップグレードをします。

  • ハードウェアウォレットとの互換性
    ハードウェアウォレット「Ledger」「Trezor」に対応予定。(ハードウェア開発企業との連携はまだ未定)

  • ブロックエクスプローラーとネットワークエクスプローラー
    誰でも簡単にトランザクション、アカウント、ブロックチェーン上の履歴、ノード情報やネットワークアクティビティを調べることが出来ます。


2019年7〜9月:カタパルトテストネット公開(エレファント)

カタパルトのテストネット公開はエレファントと呼ばれており、以下の作業が課題となります。

  • モバイルとデスクトップウォレット
    モバイルウォレットのUIを変更。デスクトップ版はモザイクに加え、マルチシグ・トランザクション、ハーベスティング、メッセージ送受信、請求書の発行、アグリゲート・トランザクション、メタデータなど豊富な機能を提供します。

  • ライトニングネットワークのPoC
    ライトニングネットワークとカタパルトの基本的な動作を確認するPoC(Proof-of-Concept)

  • BTC、ETHとのクロスチェーンスワップPoC
    NEMモザイクと、ビットコインやイーサリアムのカタパルト上でのクロスチェーンスワップ機能の動作を確認するPoC

  • POS+のコンセンサスアルゴリズム
    【カタパルトのみの新機能】POIの主要な機能を維持しつつさらに早く、拡張性の高いブロックチェーンプラットフォームになります。

  • カタパルトのリリース候補日を選定
    エレファントのリリース後にカタパルトのコードは一時的にフリーズされます。その間、NEM.io財団は、このRC版のテスト及び、マニュアル、SDK、アプリケーション、サービスなどがローンチに向けて整備されるよう支援します。


2019年9〜10月:カタパルトをメインネットで公開

  • カタパルトのNEMメインネットへの実装
    NEMカタパルトのパブリックメインネットへのローンチ。コードは全てオープンソースで提供されます。

  • アグリゲート・トランザクション
    【カタパルトのみの新機能】ワンタイム使い切りのスマートコントラクトを使い、複数のトランザクションを一括処理することが可能になります。

  • マルチレイヤー・マルチシグネチャー
    【カタパルトのみの新機能】 M of N で連署人の数を設定できたマルチシグネチャーが、さらに複数階層(マルチレイヤー)で設定でき、承認プロセスを高度に設計したり、アカウントリカバリーに応用が可能となります。

  • 改良版ハーベスティング
    【カタパルトのみの新機能】スーパーノードは委任ハーベスターへあらかじめ割り当てた量のリワード報酬を分ける事が可能となります。

  • エイリアス
    【カタパルトのみの新機能】トランザクションとハッシュロック・トランザクションの中で、エイリアス(ドメインネームと似たもの)を使う事ができる。相手先のアカウントアドレスを知らなくとも、エイリアスがわかればトランザクションの送信可能になります。

  • アカウントプロパティ
    【カタパルトのみの新機能】任意で自分のアカウントからトランザクションを送ったり、受け取りたいアカウントやトークンリストの設定出来ます。

  • ネームスペース
    NamespaceとはNEMブロックチェーン上で、ドメインネームを購入します。それを使い、アカウントにエイリアスを作成したり、モザイクに名前をつけたり出来ます。

  • モザイク
    数回クリックするだけで独自のデジタルアセットやコインを作成できます。

  • 手数料やトークノミックスのアップデート
    トランザクションや、NEMのネットワークを利用する際にかかる手数料の変更。

  • スーパーノード
    スーパーノード報酬制度について、どのように運用するかの最終決定がされます。

  • 新ブランディングやマーケティング戦略
    マーケットにどうカタパルトを普及させるかを、トップレベルのプロフェッショナルチームにより戦略構築します。


2019年10〜12月:カタパルトローンチ後

  • ウォレット機能アップデード
    ビルトインのマーケットプレイス。データ・セキュリティ機能、請求書管理、トークンの交換など。モバイルとディスクトップともにアップデート予定

  • メタデータのキー・バリューペア
    アセットに付随するメタデータを改良し、既存のビジネスネットワークにNEM技術を適合しやすくします。

  • STOトークンのコンプライアンスとサポート
    この機能はコンプライアンスを遵守しながら、STOトークンの作成を簡便にします。またSTOの導入が容易になるようサポート。

  • クロスチェーン・アプリケーション
    NEMのウォレットやアプリは、クロスチェーン・スワップをサポートします。

  • アポスティーユ・アプリケーション
    アポスティーユの機能をより使いやすくするアプリケーション。

  • 投票センター
    投票の機能をより使いやすくするアプリケーション。

  • カタパルト・アカデミー
    カタパルトを触ってみたい人へ、初心者から大学生レベルの教育プログラムを提供します。


2020年以降:カタパルトローンチ後さらに先

  • IoTサポート
    IoTを実現する機能

  • ライトニング・ネットワークのアプリケーション
    NEMのウォレットやアプリケーションは、ライトニングネットワークに対応します。

  • ステーブルコイン
    価格が安定化されたNEMブロックチェーン上のトークン

  • 投票モジュールの改良
    改良案として、匿名投票の機能や、委任投票、モザイクのステークによる投票など。

  • IPFS
    ファイルが格納できるプロトコルと連携し、NEMブロックチェーンをファイルストレージのように使う。


カタパルト前にNEMを購入する

上記で説明した機能の実装のことごとくがうまくいった場合、おそらくNEMのか価格は大きく変動する可能性が高くなります。

これからカタパルトが公開される前にNEMを購入する場合は日本の取引所で購入することをおすすめします。


おすすめの仮想通貨取引所

2019年4月時点で、NEMを扱う仮想通貨事業者はコインチェックZaifしかありません。

どちらも大きなハッキング被害を受けている企業なので、保管し続けるにはリスクがあります。

以下の記事を参考に購入することをおすすめします。

関連記事:【2019年最新版】日本のおすすめ仮想通貨取引所ランキング

NEMの保管はハードウォレットへ

NEMを保管するなら専用のNanoWalletもしくはTrezorで保管することをおすすめします。

仮想通貨取引所に保管し続けた場合、ハッキング被害を避けることができません。


FXで儲けるならGMOコイン

GMOコインではNEM取引をレバレッジをかけて取引することができます。

少ない資金で利益を増やすことができるため、タイミングを狙って取引することによって大きく儲けることができるかもしれません。

カタパルトが始まる前には以下のサイトで無料口座登録を進めておきましょう。

関連記事:【2019年最新版】おすすめ仮想通貨(ビットコイン)FX取引所