仮想通貨に詳しくない方でもライトコインについて詳しく知ることができるように説明していきます。ライトコインという仮想通貨がこれまでどのような経緯を辿ってきたのか、そして今後の将来性を予想するための参考情報となれば幸いです。

もくじ(コンテンツ)








ライトコインとは

litecoin-logo

ライトコイン(Litecoin)とは元Google社員であるCharlie Lee(チャーリー・リー)氏が創設者となった仮想通貨です。Twitterでは約83万人のフォロワーを集めています。

2011年10月よりプロジェクトを開始したライトコインの歴史はイーサリアムよりも古く、時価総額も1桁台のランクを維持するほど市場規模の大きな仮想通貨となっています。現時点での時価総額はCoinMarketCapをご確認ください。


ライトコイン(Litecoin)の概要
項目 詳細
プロジェクト名Litecoin
通貨単位LTC
公開日2011年10月
システムPoW
発行上限8,400万LTC
アルゴリズムScrypt
ブロック生成間隔約2.5分
創設者Charles Lee
公式サイトhttps://litecoin.org

ビットコインと同じアルゴリズム

ライトコインのブロックチェーンはビットコインと同様のProof of Workというアルゴリズムで動いています。ライトコインをマイニングするためにはビットコイン以上に大量のコンピュータが必要となる仕組みです。

アルゴリズムのシステムには「Scrypt(スクリプト)」という技術が使われています。Scryptは計算が複雑かつ、多くのコンピュータメモリを必要とするため2011年当時は画期的な技術でしたが、その後はセキュリティの脆弱性が発見されています。


ビットコインより処理速度が速い

ライトコインのブロック生成間隔は約2分30秒。ビットコインのブロック生成間隔(約10分)と比べると4倍の速度で取引処理が実行される仕組みです。

ブロック生成間隔が短いことには、セキュリティレベルが低くなるということやブロックチェーンのサイズがより大きくなるという欠点も存在します。


ライトコインの発行枚数上限は8,400万LTC。ビットコインの発行上限が2,100万枚に対して4倍の発行量がありますが、ブロック生成間隔が4分の1なので、ライトコインはビットコインと同じ速度(インフレ率)で市場に通貨が流通していくことになります。


ライトコインのマイニングとは

マイニングとは、コンピュータを稼働させて仮想通貨を得る行為です。ライトコインもビットコイン同様に公式サイトからソフトウェアをインストール後、コンピュータと電気代を投資するれば、誰でも一定のライトコインを報酬として得ることが可能です。

マイニングで仮想通貨を得たいという方は以下の記事がおすすめです。


ただし、競争が激しく高スペックなコンピュータが必要で素人がマイニングで儲けるのはほぼ不可能です。クラウドマイニングなどもあまり有効ではないと言われています。


ライトコインのマイニング半減期

ライトコイン(Litecoin)のマイニング報酬は当初1ブロック発掘するごとに50LTCが与えられ、約4年(840,000ブロック)ごとに半減していきます。2019年8月には2回目の半減期を迎えたことにより、マイニング報酬は25LTCから12.5LTCに減少しました。

4年ごとに報酬額が半減してしまうため、早期にマイニングを開始すればするほど通算でもらえる報酬は高くなります。逆を言えば、時間がたつほど報酬を獲得する効率はさがってしまうということです。


ただし、ライトコイン価値が一定であれば、報酬額が半分になれば価値も半分ですが、4年ごとに2倍以上価格が成長していけば、報酬額は上がっていく仕組みとなります。


ライトコイン関連ニュース

ライトコインは2019年に入りスケーラビリティの問題の解決に有力な手段があることを発表しています。今後ライトコインの将来性を予測するためには関連ニュースに触れることが重要となります。


創設者がライトコインを全額売却したニュース

2017年12月、ライトコインの創設者であるCharles Lee氏が保有しているライトコインの全てを売却したことをSNSで発表しました。

大株主のように運営側への価格操作の懸念があったため、それをなくすために市場にLTCを還元したというような内容となっています。


ライトコイン決済サービス終了のニュース

ライトコイン決済サービス「LitePay(ライト・ペイ)」とは、仮想通貨ウォレットとLitePayデビットカードを連携させることで、ライトコインとUSD(米ドル)の換金および送金を実行する決済システムです。


LitePayにより、仮想通貨決済を受け付けていない店舗でもカード決済ができる店舗であれば仮想通貨決済が利用できると期待されていました。


LitePay(ライト・ペイ)は2018年2月26日にサービスを開始し、わずか1ヶ月後の3月26日にライトコイン財団によってサービス終了が発表されています。

サービス終了の原因はLitePayの運営側の不透明性にあると発表されています。

ライトコイン財団に資金提供を求めるLitePay運営が資金の使い道や詳細情報を提供できなかったため、チーム同士の不信感が強くなり、やがてはブロジェクトが解体していきます。


ライトコインの技術に関するニュース

2019年1月、ライトコイン創設者のCharles Lee氏は現状のビットコインとライトコインには大きな課題があることを言及した上で、新しい技術に取り組んでいることを公表しました。

翻訳内容は以下の通りです。

    ビットコインやライトコインにはない交換性は健全な金融資産である。スケーラビリティの問題の次は、交換性プライバシーが新たな課題となる。
    私はConfidential Transactionsを追加することによって、ライトコインの交換性を高めることに集中している。

Confidential Transactionsは送金量や取引の経緯が関係者以外閲覧できなくなる技術です。

この仕組みが導入されることによって、よりプライベートな取引(送金、メールアドレスなど個人情報の送付)を活発にすることが可能となります。


ライトコインがライトニングネットワーク導入したニュース

ライトコイン決済を提供するCoinGate社はライトニングネットワークを使った実証実験にて取引速度が1秒かからずに成功したことをきっかけに、同決済システムを加盟企業4,500社へ提供する体制が整ったことが発表されました。


ライトコインの将来性

ライトコイン決済の将来性

ライトコインは決済手段として広く利用される可能性を秘めています。その証拠にこれまでいくつかの決済企業と提携をしてきました。

ライトコインが決済企業と提携

2018年4月にライトコインと提携したAliant Payment Systems社はアメリカのフロリダにある決済企業で、クレジット決済などの決済処理を改善したり、企業に暗号通貨決済を導入するなどのサービスを世界的に展開する組織で15年以上の歴史があります。

2018年7月にライトコインと提携したTokenPayは仮想通貨ウォレットを提供する企業です。TokenPayはライトコインだけでなく仮想通貨Vergeとの提携しており、ロードマップでは銀行間との統合も計画しています。

これ以降も様々な決済組織と連携し、少しずつライトコインの利用頻度が上がってくる世界が見えてくるはずです。


ライトコイン相場の将来性

ライトコインドミナンス

ライトコインのドミナンス(仮想通貨市場の支配率)を見ると微増ではありますが、年々着実に増えていることが確認できます。

  • 2017年1月時点のドミナンス:1.21%
  • 2018年1月時点のドミナンス:2.06%
  • 2019年1月時点のドミナンス:1.45%
  • 2019年3月時点のドミナンス:2.58%

仮想通貨市場が現在よりも成熟していけば、ビットコインのドミナンスは徐々に減少し、世界中の多様性対応した通貨が生き残っていくはずです。


ライトコイン今後の将来性

ライトコインに限ったことではありませんが、イーサリアムやリップルなどの主要仮想通貨は徐々に使える範囲が広がりを見せていくのではないでしょうか。

どの地域で浸透していくかは今のところ不明ですが、法定通貨よりも利便性が高くかつ送金コストが安ければいろんな地域に根ざした通貨となる可能性は高いと予測できます。


ライトコインが購入できる取引所

これから仮想通貨決済を体験してみたい、もしくは資産として仮想通貨を持ちたいという方は、金融庁の認可のある仮想通貨取引所で購入してください。

金融庁の認可のない団体では詐欺が横行しているので、くれぐれもセミナーなどで代理購入を促されたり、知らない企業へ銀行振込するなどの手法で仮想通貨を手に入れようとするのは大変危険です。


当ブログでは、金融庁の認可のある仮想通貨取引所の中でも特におすすおめの取引所を紹介しています。

取引所選びのポイントや概要を把握するのにもおすすめですので、是非以下の記事をご覧ください。

関連記事:【2019年最新版】日本のおすすめ仮想通貨取引所ランキング