あまり聞き馴染みのない「デビットカード」。クレジットカードが嫌いという方は利用シーンを考えれば、効率よくキャッスレス生活を送ることができるはずです。今回はデビットカードについて詳しく解説していきます。


もくじ(コンテンツ)









デビットカードとは?

デビットカードとは、決済時に自分の銀行口座残高から即時に引き落としができるカードです。キャッシュカードのようにいちいち現金に戻す必要がなく、クレジットカードのように使うことができます。

デビットカードはクレジットカードやプリペイドと比較すると機能や使い道の違いを理解することができます。

他との違い
カード種別 振替方法 発行対象
デビットカード即時振替原則15歳以上
クレジットカード後払い原則18歳以上
プリペイドカードチャージ制限なし

デビットカードの審査、使える店

デビットカードは原則中学生を除く15歳以上の方を対象に審査不要で即時発行することがほとんどです。(企業によっては例外もあり)。プリペイドカードのようにいちいちチャージする必要がなく、クレジットカードが使える店ならほとんどが決済可能です。


デビットカードのメリット

上限は銀行口座残高のみ

デビットカードで使える金額の上限は銀行口座の預金額とイコールです。預金額を超えて決済をすることはできません。銀行口座に100万円分入っているのではれば、100万円を超えた買い物はできないということです。

決済金額に上限があるとデメリットのように感じるかもしれませんが、利用金額を抑えたい場合など使いすぎを不安に思うユーザにとってはとても便利な機能として捉えることができます。


海外でも使えるデビットカード

デビットカードはクレジットカードと同じでVISAやJCBの加盟店であればカードだけで決済することが可能です。当然海外でも利用することができます。

ただし、海外で銀行口座の残高が足りなくなった場合、海外から入金作業をするには時間とコストがかかるため日本を出国する前に十分に残高を確認しておく必要があります。為替レートなども考慮しておくと賢明です。


デビットカードのデメリット

一括支払いしかできない

デビットカードはクレジットカードのような分割払いやリボ払いという方法で決済することができません。毎回一括払いとなるため、銀行口座の残高を超えて決済することは不可能です。

このような仕組みから以下のようなサービスではデビットカードが使えない状況となります。

  • 月額課金サービス
  • 紙伝票の決済
  • 高速道路料金
  • ガソリンスタンド
  • 飛行機の機内販売

補償上限がある

デビットカードには不正利用された場合の補償に上限がある場合があります。たとえば、三菱東京UFJ銀行が発行するデビットカードでは不正利用補償が年間100万円が最大補償となります。100万円以上の不正利用は全て自腹になるということです。その場合は100万円以上口座に入れておかなければいいのですが、クレジットカードのように高額補償されるわけではありません。


ポイント還元率が低い

デビットカードもクレジットカード同様に対象店舗で決済をするとポイントが貯まる仕組みがありますが、一般的にクレジットカードと比べると付与率が低くなります。楽天のクレジットカードとデビットカードを比べると、楽天市場で買い物する際はポイント還元率に2倍の差が生まれます。


デビットカードはどんな人に便利?

お金を使いすぎてしまう人

デビットカードは利用上限金額が決まっている上にキャッシングやリボ払いができないため預金額以上お金を使うことができない特徴から、普段お金を使いすぎてしまう人にぴったりです。おこづかい制の家庭や旅行費用に上限がある場合などでデビットカードを使うことによって毎月の消費が安定したり、旅行先でお金を使いすぎるということがありません。


クレジットカードが作れない人

デビットカードは審査がほぼないためクレジットカードよりも簡単に作ることができます。クレジットカードを作れない人がキャッシュレス決済をしたい場合はデビットカードがおすすめです。年齢制限も低いため、高校生のお子さんにデビットカードを持たせるのも有効です。ただし、デビットカードは本人名義の銀行口座しか登録できないため、お子さんの銀行口座にお金を入金してあげる必要があります。


おすすめのデビットカード

ジャパンネット銀行VISAデビットカード

ジャパンネット銀行VISAデビットカード

ジャパンネット銀行VISAデビットカードはキャッシュカード一体型なので、銀行から現金を引き出すこともVISAが対応する店舗での決済も1枚のカードで対応することができます(タッチ決済対応店舗ではタッチするだけで決済が可能)。海外旅行など旅行先やネットショップでも決済できるため汎用性が高い点が魅力です。ただし、補償金額に上限があるため、100万円以上を口座に預けるのはおすすめできません。公式サイトはこちら


楽天銀行ベーシックデビットカード

楽天銀行ベーシックデビットカード

楽天銀行ベーシックデビットカードは「ゴールド」や「シルバー」だと年会費が2,160円〜5,400円発生しますが、ベーシックであれば年会費は無料です。100円利用するごとに楽天ポイントが1ポイントずつたまるため、楽天市場で買い物する方や楽天トラベルなど楽天経済サービスをお得に利用することができます。公式サイトはこちら


イオン銀行デビットカード

イオン銀行デビットカード

イオン銀行が発行するデビットカードも他のものと同様にキャッシュカードとデビットカードの併用が可能なタイプ。さらにイオンでの買い物がお得になるため、生活圏内にイオンモールがある方こそ便利なカードです。公式サイトはこちら


キャッシュレス生活を目指すなら

アプリを使ったキャッシュレス決済

デビットカード以外にもキャッシュレス決済を体験するなら、アプリでも可能です。以下の記事をご覧ください。