仮想通貨ICOでLEVEL MAX!!

多くの人が楽しく仮想通貨投資を始められますように、仮想通貨関連の情報をお届けするブログです。

カテゴリ: 情報収集術

今回は仮想通貨投資家の方々はもちろんのこと、仮想通貨をこれからはじめる人にとっても効率的に情報収集できる情報元をお教えします。

私が長い期間かけてブックマークを整理整頓してきたあげく、残った情報元なので必ずや皆様にも有益な情報を提供してくれることだと思います。

いくつかのジャンルにわけながら紹介していくので、興味あるものは是非お気に入り登録してみてください。

ではでは、はじめていきましょう。


金融経済全体を把握しよう

いきなりですが、仮想通貨の情報収集ばかりしていると、仮想通貨のことを過大評価したり、詐欺みたいな情報を信じてしまいそうになったりするんですよね。

ICOプロジェクトなんかで、「私たち、タイムマシーン作ります!」とか「仮想通貨3.0のプロジェクトです」みたいな目標に共感し、「凄すぎるー!」と言っているアカウントもいると思います。

実際どうやって作るの?どんな技術を使うの?それは本当に実現可能なの?と我に帰ると、無理ゲーなことに気づかされたりするものです。(こんな風に過大評価しがちなんです。。)


こんな状態(思考回路)に陥らないためのコツがあります。


それは、「森を見てから、木を見る。木を見てから、木の葉をみる。」ということです。

言い換えると、経済全体の状況を把握した上で、仮想通貨を見る。様々な仮想通貨プロジェクトを比較しながら、プロジェクトに使われる技術を考察する。といったように、全体から細かい細部に迫っていく方法が、自分の考えがブレない方法となります。

そして、経済全体を知るには以下のサイトがおすすめです。


ロイター(reuters)

reuters

ロイター通信は、日本でいう「日本経済新聞(日経新聞)」みたいなものですね。

ロイター通信には、為替や株式市場などのニュースもあれば、政治やテクノロジーなど幅広く経済事情について、取り上げているので、これらを満遍なく見ることが大切です。

当然仮想通貨も特集されていますが、仮想通貨ばかりに偏ってしまうと意味がありません。


ロイター通信を見る上で、少し気をつけなければいけないことがあります。

それは、ロイターにかぎらないのですが、世界トップのニュースサイトは地域によって配信する記事を変えています。

アメリカ版、日本版、中国、アフリカなど様々な国や地域によって配信記事を変えているので、世界の中心であるアメリカに配信されている記事などはチェックしておくべきだと思います。


ブルームバーグ(bloomberg)

bloombergもロイター通信と一緒で、世界の経済市場を網羅しています。


そもそも、どうして日経新聞や日本のメディアではなく、海外の情報サイトを利用するのかということですが、これには理由があります。

もっともな理由は「海外の情報が早く手に入る」ということです。

短期トレードや、デイトレーダーの方がには痛いほどお分かり頂けると思いますが、情報は鮮度が命です。

早く手に入れることに越したことはありません。


それ以外でも、過疎通貨はエストニア、スイス、シンガポールなど様々な国の税制や法律の制定などが関係してくるのですが、噂レベルでもニュースになりやすい傾向にあるため、真偽性を確かめる上でも複数のメディアに触れておくことが大切だということです。


仮想通貨の相場を知ろう

仮想通貨は1,500種類以上のコインが存在すると言われています。それらのコインを一つ一つ調べるのは不可能です。

仮想通貨銘柄を一覧で表示し、ビットコインやイーサリアムの相場の違いを比較したり、値動きが活発な銘柄ランクを瞬時に見れるサイトで定期的に相場の状況をチェックしておきましょう。


コイン・マーケットキャップ(coinmarketcap)

仮想通貨銘柄一覧を見るなら、「morningstar(モーニングスター)」もおすすめです。Google検索では、モーニングスターが上位表示されているので、モーニングスターを使っている人の方が多いと思います。

コイン・マーケットキャップをおすすめするポイントはいくつかあります。

コイン・マーケットキャップは、海外のサイトで最近になって日本語にも対応するようになりました。通貨の価格一覧を円で表示させることも可能です。


しかし、私が大事だと思っていることは円との相場を見ることよりも、BTCとアルトコインの相場がどれくらい変化しているかということです。

コイン・マーケットキャップは各アルトコインのチャートで仮想通貨の基軸通貨であるビットコインとの相場を表示してくれるため、時系列を追ってコインの相場を把握することが可能です。

また、コイン・マーケットキャップは、海外の仮想通貨取引所も含めて、どこの取引所で一番取引されているのか、循環供給(実際に流通している量)がどれくらいあるのかということまで教えてくれます。

さらに自分のWEBサイトに貼れるウィジェットも提供しています。





コイン・マーケットキャップのおすすめ理由
  • 日本語対応済み
  • 対BTCで相場を見れる
  • 循環供給量も把握できる
  • ウェブサイトに貼れるウィジェットを提供している


コイン相場(アプリ)

スマホで仮想通貨の相場を知るなら、コイン相場というアプリがおすすめです。

おすすめする理由は以下の通りです。

コイン相場のおすすめ理由
  • ウォッチリストに好きな銘柄を追加できて、一覧で見れる
  • ウォッチリストのチャートをすぐに表示できる
  • 24時間資金流れの内訳を把握できる
  • 通貨ごとのニュースを確認できる
  • ICOニュースも詳しく調べることができる

ウォッチリスト
コイン相場
板情報

ウォッチリストに好きな銘柄を追加するだけで、板情報をも視覚的に把握できるのはかなり相場感が伝わってきます。さらに24時間の資金の流れも資金量で分類されて表示されます。(しかもApple Watchと連動することもできます)

銘柄検索

ウォッチリストの追加も右側に取引所ごとのメニューが表示されていて、左側はアルファベット順なので検索しやすいです。

上昇ランキング

上昇率とか効率のランキングも表示されるので、どんな銘柄が注目されているか素早く情報収集することができます。

ICO検索
SNS共有
ICO銘柄2

「公開前」「進行中」「成立」の3つのカテゴリに分けて、ICO案件を調べることができます。これは結構便利です。時間のない時でもちょっと調べたいと思ったらサクッと情報収集できる上に、きになる案件をツイートすることもできるので、一石二鳥!

他にもクリプトフォリオみたいなポートフォリオやウィジェットを表示することができるので、コインチェックのアプリを超えてしまったかもしれません。現状で最も使いやすいと思います。


仮想通貨の最新の情報に触れる

ここのセクションは、正直毎日1回以上は見ているサイトを紹介します。結構ヘビロテで必要であれば、2回、3回と見る日もめずらしくありません。

それだけ仮想通貨市場の情報は早いですし、真偽性もまちまちです。

出てくるニュースをそのまま鵜呑みにしないためにも、複数のサイトを見ることで自己判断につなげましょう。

コイン・テレグラフ(cointelegraph)

cointelegraph

コイン・テレグラフはとにかく情報量が多い仮想通貨情報専門サイトです。

情報量が多い理由としては、複数のライターが寄港しているからです。つまりライターによって記事の信憑性やクオリティはまちまちです。

ただし、情報量が多いので、重要なニュースが漏れることが少ないというメリットもあります。

記事も端的で長文ではないので、読みやすく要チェックすべき情報サイトのひとつです。


CCN

CCN

CCNもコイン・テレグラフ同様に海外の仮想通貨メディアです。取り上げる記事が同じになることもあるのですが、それは見る側(投資家)からすれば好都合です。

どこのリソースを使って記事を書いているのかを判断し、その記事の事実性を判断することができます。必要に応じてTwitterなどのSNSなどの情報と照らし合わせるのも有効です。


ビットプレス(bitpress)

bitpress

日本のメディアでおすすめなのが、ビットプレスさんです。

主要なニュースはだいたい抑えていますし、独自記事などインタビューなどもあります。

面白いのは、ツイッターのアカウントランキングや仮想通貨ブロガーを紹介するなど、日本の過疎通貨市場をそこから支えようとしている狙いが感じられることです。


コインポスト(coinpost)

coinpost

コインポストは、コイン・テレグラフ同様に、とにかく情報量が多いサイトです。独自取材記事が参考になるのはもちろんのこと、イベントスケジュールをいち早く取り入れたニュースサイトです。

私的に興味がわく記事が多いので、結構真っ先にチェックする部類のサイトになります。


いかがでしたでしょうか。


他にも仮想通貨の技術について詳しく描かれているブログや、リアルタイムに有益な情報を出してくれるツイッターアカウントなどたくさんあるのですが、取り急ぎ主要な情報元を紹介させていただきました。

これを毎日続ければ、あなたの仮想通貨投資ライフも充実していくはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

仮想通貨でICOに参加するとき、どのようなポイントで将来性を判断しますか。


おそらく、人それぞれで違うのかもしれません。

これからもICO(仮想通貨での資金調達)は、ごく当たり前になるくらい人気が出てくると予測できますし、参加する機会も増えてくると思うので、私なりに見るべきポイントについてこの記事でまとめていきたいと思います。


技術や実績のあるチームと十分なマーケティング活動

過去、仮想通貨プロジェクトが終わる時になると、ファウンダーや広報担当のツイッターが急に更新されなくなっり、技術的な問題を抱えているとSNSやミートアップは良くやってるけど、プロジェクトの進捗についてはなかなか更新されないみたいな状況になっていて、結局プロジェクトがリリースされないということが多い気がしています。


最近では、チームとマーケティング活動状況をすごい見てます。

私の中では、他の項目よりもこれが一番重要と思うくらい、重要項目です。


チームの状況については、本当に見えにくい状況だったりします。

ICOではないですが、MyEtherWalletのチームが分裂した時もそうでした。

便利なサービスで利用ユーザも多いし、マネタイズ(収益化)も容易で今後もチームが続いて大きくなっていくと勝手に信じきっていたのですが、結局二つのチームに分裂してしまいましたし、

もっと過去に遡れば、ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)も考え方の違いで、急速に分裂することを経験しているので、本当にチーム構成については、吟味しすぎることはないくらい重要視するべきだと思います。


もし可能なら、プロジェクトメンバーに直接訪問して、自分の目と耳で吟味する事も出来るならした方がいいですよね。

ちなみに、日本発ICOのALISでは、ポインさんが直接訪問してるんですよね、投資家の鑑!!

こういう行動は本当に重要だと思います。


チームメンバーを見るときは、優秀なエンジニアがチームに多くいるかということが重要です。

エンジニアとしての経歴はlinkedinを見れば、過去にいた会社などがわかります。

ファウンダーがシステムやプログラミング、暗号技術に対してどの程度の理解があるのかを測る指標になりますし、過去に在籍していた会社と戦略的なパートナーシップがあれば、その人が信頼されているかどうかも判断できると思います。

逆に、エンジニアがCTO(最高技術責任者)しか掲載されていない、営業畑の人材や資産家、広報担当が多いチームはちょっと危ないかもしれません。


そして、次はマーケティング活動です。

主にツイッターやFacebook、テレグラムなどのSNSでの情報発信が重要だと思っています。

しかも、最悪進捗がなくても短いタイミングで報告する事が、プロジェクトの推進力につながっていると思います。

ICOに参加する前に見るのは結構頻繁に利用しているファウンダーも多くいるのですが、難しいのはICOした後それがどこまで続くかというのが、肝です。

すごく感心しているのが、これもまたALISです。

ALISは毎日活動報告をしてるんですよね!

これだけちゃんと報告できるICOはそうないですし、こういうマーケティング活動が土台となって、実際にプラットフォームがリリースした時に利用者拡大の起爆剤になると思っています。

それに、ミートアップやイベントへの登壇も結構頻繁に実施されています。


対照的に、COMSAも日本発のICOで100億円を超える金額を調達した事で有名になりましたが、現在SNSの活動はまさかのストップをしている状況です。。

最後のツイートが2月7日で、テックビューロ代表の朝山氏のツイッターにおいてもストップ中となります。。。

ただし、将来の継続性について、予測しづらいのは事実です。いいと思っていたプロジェクトも代表のモチベーションや何らかの事件によって、良くも悪くもなってしまいます。

つまり、いかにマーケティング活動を辛抱強く続けられるかが重要で、逆にモチベーションや状況の変化で変わりやすい組織体制であれば投資しない方が賢明だと思っています。


将来のリスク

プロジェクトのリスクやウィークポイントを分析するのは、なかなか難しいですよね。

今は当たり前かもしれませんが、ホワイトペーパーに自らのプロジェクトのリスクについて、明記されている事はありません。

もしホワイトペーパーに「タイムマシーンを作ります」と書いてあっても、どういう技術を使って実現するのか、もしその技術を用意できない場合、代替え案は効くのかなどを想定しながら、プロジェクトの成功率を測る必要があるはずです。

しかし、ブロックチェーンやP2Pネットワークなどのキラーワードに夢を描きすぎて、リスクについて想像しない人や事の方が多くなっているんだと思います。


会社で新規事業立ち上げの経験やコンサル、投資業務をしている人にとっては当たり前かもしれませんが、事業の行く末を判断する一つの方法として、SWOT分析という手法があります。

SWOTは「強み(Strength)」「弱み(Weakness)」「機会(Opportunity)」「脅威(Threat)」の頭文字をとってつけた造語になります。

それぞれの項目を洗い出す事によって、将来的に事業がスケールしていくのかを判断します。


特に分析が難しいのは「弱み(Weakness)」「脅威(Threat)」だと思います。

利用している暗号技術などの脆弱性やハッキングリスクについては、十分に注意しなければいけません。

新しいハッシュ関数や運用実績のない新しい技術にはバグや欠点が多く発見される可能性もあり、その穴を狙ってシステムがハッキングされる可能性を考慮しておくべきです。

また、仮想通貨関連の法律や各国の法律や規制についての動きも「脅威」として加味する必要があります。

たとえば、コインチェックでも取り扱いがある仮想通貨Augerが、実際のプラットフォームを作り上げる際は日本の法律に賭博法という法律に抵触する可能性が高く、金融庁や日本政府からの圧力がかかる事が十分に予測されます。

このようなSWOT分析はホワイトペーパーには書いていないので、ミートアップや動画配信などでプロジェクトメンバーとコミュニケーションする機会があれば、事前に解決しておきたい内容です。


他にも、見るべきポイントはたくさんある

その他にも「妥当性のあるトークンセール計画」や「ガバナンスへの対応」について、注視しています。この辺りも過去にかいた記事もありますが、古くなればリライトして情報提供していければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

仮想通貨の情報収集で必要なアプリ「Twitter(ツイッター)」

    おすすめ度:★★★★☆( 4 / 5 )

仮想通貨に関わる開発コアメンバーからの情報発信や投資家やブロガーの集客ツールとしても使われていて、情報が大量に存在します。そのため、情報収集する上でもっとも利用時間を費やす事になるであろうツールとなります。


仮想通貨に関わるなら最低限、自分自身が保有している仮想通貨の公式アカウントくらいはフォローしておくべきです。


また、Twitterでやりがちな事が、仮想通貨に関係のありそうな人たちを片っ端からフォローしまくったり、プロフィールに仮想通貨関連のキーワードが入っている人を安易にフォローしてしまうという事です。


よくTwitterで言われている事ですが、フォロワー数の多いアカウント=信用できるアカウントではありません。

フォロワー数の多いアカウントだから、この人の言っている事は正しい。専門家だとプロフィールに書いてあるから、この人は信用できるといったように肩書きやフォロワー数を安易に信用するのは危険です。


「情報は多いほうがいい、情報の精査は見てから判断する」という方でも、Twitterではあまりに情報が多い為、フォローには慎重になる事をおすすめします。

Twitterに登場する人物は大きく分けて、8種類

では、どのようにアカウントを見極めてフォローすれば、闇雲にフォローする事なく、自分が欲しい情報をいち早めにGET する事ができるのか。

そのコツは、フォローするアカウントそれぞれの「利害関係」を把握する事です。


仮想通貨には様々な職種の人間が、それぞれの目標を持って行動し、時にボジュショントークを使って情報発信をしています。だからこそ、すべての情報を正直に受け止めてしまうと騙され、利益が見込めない通貨をつかまされてしまう可能性もあるということです。

フォローする際は、そのアカウントがどういった職種の人で、何の目的でつぶやいているかを把握しておくと今後の立ち回りがしやすくなります。


8人の登場人物は以下のとおりです。

    1.開発コアメンバー、技術者(エンジニア)
    2.マイナー(採掘者)
    3.仮想通貨取引所関係者
    4.仮想通貨以外の金融組織関係者(銀行、証券)
    5.投資家(トレーダー)
    6.ブロガー(アフィリエイター)
    7.素人
    8.詐欺師

例えば、投資家(トレーダー)は、自身が投資した仮想通貨で利益を得る事が目的のため、自分が投資した仮想通貨をやたら褒める傾向にあります。

投資は自己責任ですと最後に付け加えながら、保有する通貨の有益情報や、価格が高騰した際に、「○○が△△円まで高騰!前日比○%まできている!!すごい!」や「○○という技術がすごい」など、通貨のメリットを多くつぶやきます。

もし、Twitterをきっかけに興味がある仮想通貨を発見した場合は、通貨のデメリットや詐欺などの被害がないかどうかを入念に調べた方がいいでしょう。特にICO前の仮想通貨は90%が詐欺だと言われているので、十分すぎるリサーチが必要だという事を覚えておいて下さい。

また、リサーチして問題がなさそうな通貨でも、「○○通貨が高騰してる!」というツイートを見て、いなごのようにつられて通貨を購入すると、実は高値で掴んでいて、購入した直後に価格が下がってしまい、なかなか含み損を脱出できないという事が起こります。

Twitterは情報量が多く、さまざまな考え方や知識を得る事ができますが、情報量の多さがかえってデメリットにつながってしまう場合もあるんです。



先ほど記載した通り、8種類の登場人物それぞれが何を正義としているのかを見極めて情報収集する事により、ツイッターは、もっとも有効な情報収集ツールとなるはずです。

ちなみに、私は「投資家(トレーダー)」と「ブロガー(アフィリエイター)」の2種類に属しています。ミックスです。人によっては3種類、4種類の属性を持っている事もありますので、注意する必要があります。私のアカウントもフォローよろしくお願いします。

仮想通貨の情報収集で必要なアプリ「Cryptofolio(クリプトフォリオ)」

    おすすめ度:★★★★★( 5 / 5 )

Cryptofolioは、仮想通貨のウォレットを複数持ってる人向けの資産管理アプリです。

ほとんどの人が、ウォレットを複数持っていたり、2つ以上の仮想通貨取引所を使っていたりすると思います。そういった複数で管理しているウォレットの金額を一元管理してくれるアプリとなります。


Cryptofolioは、過去の売買履歴を入力する事で保有している仮想通貨を一元管理する事ができます。

そして、自分の資産状況をこのアプリを開くだけで確認すつ事ができます。このようなアプリを使っていなければ、仮想通貨を保有している取引所に毎回ログインして資産状況を確認していたはずです。


また、保有資産の価格推移を1日から1年の間隔で表示できるため、複数のポートフォリ加味した資産方針の参考になります。

もし、投資した額からマイナスの状況が抜け出せない人は、情報収集不足など投資のセンスがないか、抜本的に投資戦略を見直す必要があります。

仮想通貨の情報収集で必要なニュースサイト「Bitcoin日本語情報サイト」

    おすすめ度:★★☆☆☆( 2 / 5 )

URL:https://jpbitcoin.com/

仮想通貨を勉強しはじめたころ、何度お世話になったかわかりません。

とにかく、これから仮想通貨を始める方や、初心者の方へおすすめです。驚異的なほど詳細まで突っ込んで記事がまとまっている上に、スレッドに投稿するとコメントも返答してくれる。有料でもおかしくないサイトです。

仮想通貨の情報収集で必要なニュースサイト「Bitpress」

    おすすめ度:★★★☆☆( 3 / 5 )

URL:https://bitpress.jp/

最新の仮想通貨ニュースに加えて、ブログやツイッターの話題記事を取り上げている。仮想通貨のイベントにも実際に参加された感想をアップするなど、実力派ニュースサイト。

仮想通貨の情報収集で必要なニュースサイト「COINPOST」

    おすすめ度:★★★★☆( 4 / 5 )

URL:http://coinpost.jp/

仮想通貨のイベントスケジュールをまとめるなど、非常に有力な情報を配信している。

仮想通貨の情報収集で必要なニュースサイト「CoinDesk」

    おすすめ度:★☆☆☆☆( 1 / 5 )

URL:https://www.coindesk.com/

海外のサイトの中ではスバ抜けて更新頻度が高く、幅広い話題までリーチしている。ゆえに、ガセネタや信用性に欠ける事もあるが、それでも情報量が多いためユーザにとっては非常に重宝できるサイト。

仮想通貨の情報収集で必要なチャートサイト「CoinMarketCap」

    おすすめ度:★★★★☆( 4 / 5 )

URL:https://coinmarketcap.com/

主要仮想通貨のチャートを一覧で確認できます。

コインチェックで扱っていない仮想通貨なんかが多数出てくる為、急成長している通貨を発見するのにも便利だし、市場規模に小さい仮想通貨で今後大きく成長するような仮想通貨を発見したい人におすすめのサイトと言えます。

仮想通貨の情報収集で必要なチャートサイト「CryptoCompare」

    おすすめ度:★★☆☆☆( 2 / 5 )

URL:https://www.cryptocompare.com/

世界中のビットコインの取引量や法定通貨別のデータを確認する事ができます。

ビットコインや主要通貨の状況を把握し、短期トレードのファンダメンタル分析なんかに使うのもアリ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ