仮想通貨ICOでLEVEL MAX!!

明日なくなってもいい飲食代くらいの資産でハイリスク・ハイリターンなICOに挑むブログです。他にも仮想通貨界隈で起こった出来事などを掲載していきます。

カテゴリ: 節約術

仮想通貨は「ブロックチェーン」「秘密暗号鍵」「P2Pネットワーク」という3つの技術革新によって、爆発的な成長を記録しています。

もし、そんな仮想通貨への投資を使って0円から3,000万円程度の大金を作り出せたら、面白いと思いませんでしょうか。

今回は、仮想通貨投資をするための方法論をご紹介します。


仮想通貨投資の可能性を考えよう

2017年仮想通貨は飛躍的な成長を遂げました。

取引所などの参考価格等により、多少ブレはありますが、ざっと表にまとめるとこんな感じになります。


2017年仮想通貨の成長率銘柄ランキング
順位 銘柄 シンボル 成長率
1位VargeXVG9,815倍
2位MonacoinMONA377倍
3位RippleXRP273倍
4位NEMXEM240倍
5位LiskLISK129倍
6位EthereumETH86倍
7位DashDASH84倍
8位LitecoinLTC49倍
9位MoneroXMR23倍
10位EthereumClassicETC18倍
11位AugerREP16倍
12位BitcoinBTC14倍

基軸通貨であるビットコインの成長率は、約14倍にもなります。株式市場や為替市場など他の投資と比べてもかなり好成績な銘柄であることは間違えありません。

ランキング上位ともなれば、300倍以上の倍率を記録する銘柄も存在します。


もし、この記事を見てくださっている方々が、2017年に戻って10万円分投資を行っていたと考えた場合、リップルに投資をすれば、2,730万円で売り抜けられた可能性がありました。

モナコインであれば3,770万円、ビットコインであれば、140万円もの大金を手にすることができたということになります。


投資は「余剰金」で行うことが、投資の鉄則

仮想通貨投資には元本保証という考え方がありません。

元本保証とは

投資のために準備した資金を、サービス提供者側が保証するということです。

最も有名な元本保証は銀行預金です。銀行が倒産した場合でも、1,000万円までは保証され預金者へ還元されます。

何度も言いますが、仮想通貨には上記の元本保証という考え方がありません。

つまり、仮想通貨投資に100万円用意し投資を行った場合、最悪の場合資金が全く増えないばかりか、100万円が0円になるという可能性が十分にありえます。

元本保証がないという事を理解した上で、仮想通貨投資の資金を考えることがまずは何より大切です。


投資は「余剰金」で行うことが鉄則です。


余剰金と言っても「お金なんて余らないよ」と思っている方も多いと思いますし、会計等に詳しい方でも「余剰金」なんて言葉は滅多に使わないはずです。

では、余剰金とは、どのようなお金なのでしょうか。

私なりに定義してみると、こんな感じになります。


個人資金の分類
資金の分類 詳細
全資金
普段の生活費食費
家賃
交際費、など
将来の備え旅行費の貯金
結婚資金の積み立て、など
余剰金投資

自分の資金(全資金)は、大きく3つに分けられます。


1つは、家賃や光熱費、食費、交際費、スマホ代などの生活費です。

生活費は、常になくてはならないお金ですし、これらを切り崩してしまうと生活のレベルを著しく低下させることにもなってしまい、健康面でも悪影響がでてしまうため、手を出してはならないお金と言えます。


もう一つは、将来の備えとして用意しているお金です。

子供が生まれれば、学費や部活での遠征費、塾などの養育費がたくさんかかってしまいます。お子さんがいない家庭でも、旅行を楽しんだり、コンサートに行くなど、辛い仕事をこなすためのモチベーションとして、将来必要なお金を貯めている人もいらっしゃると思います。

これらのお金を投資に回してしまうと、せっかく立てた目標が達成できない可能性が生まれるため、精神的な面から見ても正しいとは言えません。出来る限り手をつけづに、明確な目標を達成するために、残せるものは残しておきましょう。


最後に、上記2つに属さないお金が私が定義する「余剰金」となります。

私はよく余剰金の事を、明日なくなってもいいお金と言ったりもします。

友達にご飯をおごったり、ちょっとリッチな買い物をしたりしても後悔しないお金なんかも、私にとっては余剰金だったりします。

普段の生活に影響しないし、お金はあったら越したことはないけど、使っても全く後悔しないお金が「余剰金」です。


もし、余剰金が10万円あって、2017年に仮想通貨投資を始めていたら、今頃あなたは、大金を手にしていたでしょうね。

ただ、過去の事を言ってもしょうがないので、未来を信じるしかないと思うし、余剰金の使い道はあくまでもあなた次第です。

将来の投資に回してみるという方法も、あなたの未来を明るくする方法の1つとしてあるという事を覚えておいてください。

投資は自己責任なので、あくまでそれは、方法論でしかないという意味です。


0円から余剰金を捻出

私が定義した「余剰金」すらないよという方に向けて、投資を諦めるのはまだ早いです!

余剰金を捻出する方法を紹介します。


その捻出方法は、ずばり「節約」です。


継続してお金を貯めるって結構ハードルが高いと言われていますが、その分結構リターンも大きいんですよね。

だって、100円の缶コーヒーを毎日3本飲んでいる人がいたとして、1日2本(1本抑える)を1年間継続したら、いくら貯まると思いますか。


答えは簡単ですよね。36,500円です。


しかも、この3万円は本来コーヒー代だったので、それ以外の用途がない、つまり余剰金ですよね。

投資に回して資産を増やそうが、パーっとリッチなご飯を食べに行こうがその人の自由です。

他にも節約できるポイントを探すといっぱいあります。


1年間節約したらこんなに貯まる
商品 節約価格 実施期間 合計金額
ペットボトル飲料158円/回365日(1年間)57,670円
缶ビール(金麦350ml)195円/回71,175円
たばこ(メビウス)440円/回160,600円
新聞代(朝日新聞)4,037円/月12ヶ月(1年間)48,444円
スマホ代6,000円/月72,000円

タバコは年間で16万円にもなるんですね! たまりすぎかもしれませんww


結構簡単なのが、新聞代。

新聞をやめて、スマートフォンアプリのスマートニュース(スマニュー)とかグノシーに変えちゃえばいいと思います。

スマニューであれば、記事がパーソナライズされるので、自分の好みの記事も見やすくなるし、何より新聞よりも早く情報を届けてくれます。

これだけで、年間約5万円も節約できます。


携帯は大手キャリアから格安SIMにするだけで、ガツンとやすくなるはずですし、他にも普段よく買うものとか見直してみれば、いろんな節約ができますし、それを1年も継続してれば、かなりの額がたまってしまいます。


今日からちょっとずつ節約を始めて、貯金がたまったら仮想通貨取引所で少しずつ仮想通貨を購入してみませんか。

取引所の選び方などは、以下の記事でまとめてますので、参考までにご覧ください。


仮想通貨取引所選び、比較のポイント

http://gazoo.work/archives/8374043.html
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

今回は携帯電話の節約術「格安SIM」についてお話ししたいと思います。

もうすでに、格安SIMを使っている人は多いと思いますが、まだドコモ、au、ソフトバンクなどの大手通信キャリアで高い通信料を払い続けている人がいたら、コストパフォーマンスがいい格安SIMに乗り換えるべきだと思います。


そして、私がおすすめするのが顧客満足度の高い格安SIM「mineo(マイネオ)」です。

mineoは、2018年5月8日まで100万回線突破キャンペーン実施しており、キャンペーン期間中に申し込みをすると、「月額410円」から使えるというお得なキャンペーンを実施しています。


「mineo」の登録はこちら




mIneoのおすすめポイント

mineoをおすすめできるポイントは、こんなにたくさんあります。

mIneoのおすすめポイント
  • 大手キャリアと比べてとにかく安い
  • 解約手数料がかからない
  • 実際の通信速度が早い
  • 家族割、複数回線割で1台につき月額割引適応
  • 余ったデータを家族でパケットシェアが可能
  • データを人にあげたりもらったりできる
  • フリータンクで月1GB無料でもらえる
  • 既存顧客へのキャンペーンが豊富
  • 未成年から成人になったときに名義変更ができる
  • 信頼性や顧客満足度が高い格安SIM

覚えていただいたいのは、とにかく安い!文句なしに安い!という事です。

毎月必ずかかるものですから、できるだけ安くしたいですよね。mineoはそんな事が叶えられるサービスです。


mIneoの料金表

mineoの料金は電波網(auもしくは、docomo)、通信タイプ、基本データ容量の3つで決まります。

電波網では、auの電話回線を使うAプラン(auプラン)とdocomoの電話回線を使うDプラン(docomoプラン)の2種類から選択が可能です。


通信タイプは、電話番号が付与されないデータ通信のみの「シングルプラン」と、音声通話とデータ通信両方ができる「デュアルプラン」が存在します。

電話は一切しないし、電話番号がなくても困らない人は、データ通信のみの「シングルプラン」を選択すると、月額基本料金が700円まで抑える事が可能です。


mineoの料金表
プラン 基本データ容量 シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
Aプラン
(auプラン)
500MB700円1,310円
1GB(※)800円1,410円
3GB900円1,510円
6GB1,580円2,190円
10GB2,520円3,130円
20GB3,980円4,590円
30GB5,900円6,510円
Dプラン
(docomoプラン)
500MB700円1,400円
1GB(※)800円1,500円
3GB900円1,600円
6GB1,580円2,280円
10GB2,520円3,220円
20GB3,980円4,680円
30GB5,900円6,600円

※1GBのブランは初回のみ1GB追加で、基本データ容量が2GBとなります。

料金表で見ると、Dプランのほうが若干割高になっています。

実際に選択される際は、大手キャリアの電波範囲がご自身の活動エリアを含んでいるかどうかを確認しておくべきです。

以下のサイトでauのサービスマップを確認する事ができます。

auサービスエリアの確認

https://www.au.com/mobile/area/

docomoサービスエリアの確認

https://www.nttdocomo.co.jp/support/area/

基本料金以外にかかる費用

基本料金以外に、初回の手数料として必須でかかる費用2つあります。

  • 契約事務手数料:3,000円
  • SIMカード発行料:auプランの場合406円、docomoプランの場合394円かかります。

他社サービスをみると、通常1年以内に解約する場合解約手数料が8,000円程度かかりますが、mineoでは、解約手数料はかかりません。(データSIMの解約手数料がかからないサービスが多いですが、音声+データSIMの解約手数料をとらないサービスは稀少性が高いです。)

しかし、mineoから他社へMNPする(携帯電話番号をそのまま引き継ぐ)場合、契約1年未満であれば11,500円、契約1年超過だとMNP転出手数料が2,000円かかります。


つまり、mineoからMNPせずに解約する場合は、解約手数料がかからないという事になります。


使用量に応じてかかる費用

mineoの使用量に応じてかかる費用
大項目 小項目 料金
SMS月額基本料無料
受信
受信(国外)
送信3〜30円/通
送信(国外)100円/通(免税)
音声通話国内通話料20円/30秒
国内通話料
(mineoでんわ)
10円(税込)/30秒

mineoでんわというオリジナルサービスがあり、通常の通話料金よりもお得に通話する事が可能です。また、10分かけ放題というオプションサービスを申し込むと、月額850円で国内通話がかけ放題になります。(10分を超える通話は、30秒毎に10円がかかります。)

また、上記に記載してあるもの以外でも、三者通話サービスや迷惑電話撃退サービスなど月額料金を払って使えるオプションサービスなどの利用に応じて、料金がかかります。(使わなければかかりません。)


プラン変更やタイプ変更などSIM変更を伴う場合、変更事務手数料が2,000円がかかります。

基本データ容量の変更には、変更費用はかかりません。


複数回線割と家族割

mineoでは複数回線契約した場合、回線ごとに月額基本料から50円割り引くサービスを実施しています。

複数回線割引適用条件
  • 同一eoIDの回線が適用対象
  • 割引回線は最大5回線まで
  • お申し込みは不要(自動適用)
  • 利用開始日の属する翌月から適用
  • 同一回線での家族割引との併用不可
  • プラン変更およびタイプ変更に伴うサービス停止期間も、割り引きは適用される
  • 解約日の属する月まで割り引きとなる。割引額が当月の月額基本料金を上回った場合、当月の月額基本料金を上回る割り引きは実施されない
  • 解約に伴い、単独回線となった場合は、割り引きが自動的に適用除外となる

家族で契約した場合は、各回線の月額基本料金から50円割り引くサービスがあります。

家族は、住所が同一でも、離れていても、姓が異なる家族でも割引が可能なので、家族なら誰でも勧めやすいですね。

家族割引適用条件
  • 割引回線は主回線を含め、最大5回線
  • 主回線者から3親等以内の方が家族割引適用範囲
  • 家族割引適用には、お住まいの住所、または姓が異なる場合は、ご家族であることを証明する書類(運転免許証など)のアップロードがマイページの申し込み時に必要となる
  • お申し込みを承諾した月の翌月から適用
  • 同一回線での複数回線割引との併用は不可
  • プラン変更およびタイプ変更に伴うサービス停止期間も、割り引きは適用される
  • 解約日の属する月まで割り引きとなる。ただし、割引額が当月の月額基本料金を上回った場合は、当月の月額基本料金を上回る割り引きは実施されない
  • 主回線を解約すると、家族割引も解約となります。(残りの回線で引き続き家族割引をご利用いただくためには、改めてお申し込みが必要)

パケットシェア

自分の余ったパケット(データ容量)を誰とでも分け合えるサービスです。友達と余ったパケットを分け合えるので、無駄なくパケットを使うことができます。

パケットギフト適用条件
  • ギフトとして使用できるパケット(データ容量)は、10MB単位です。
  • 一度にギフトとして贈れるパケット(データ容量)は9,990MBまでです。
  • ギフトとして贈られたパケット(データ容量)の有効期限は贈られた月の翌月末までです。
  • パケットギフトのご利用には、マイページからのお申し込みが必要です。
  • 同一のeoIDでご契約いただいている回線間では、パケットギフトをご利用いただけません。
  • 繰り越したパケット(データ容量)をパケットシェアすることもできます。

mineoでは、余ったデータをフリータンクと呼ばれる箱で共有する事が可能です。

フリータンクにデータを入れると、他のmineoユーザへフリータンクからデータを受け取る事ができるようになります。

フリータンクに投げ入れるデータ量について制限はありません。しかし、フリータンクからもらえるデータの上限は毎月1GBまでと制限されています。

データ残量が1GB超ある場合かつ、データをあげる量よりももらう量が多い場合はデータを受け取れません。


毎月21日から月末日1日前の間にフリータンクからデータ受け取る手続きをすると翌月データが追加される仕組みです。

通常、mineoでパケットジャージをする場合、150円毎に100MB追加する事が可能ですが、フリータンクであれば無料で1GB追加できるので、データを使い過ぎてしまった場合は迷わずフリータンクを使うのがおすすめです。


携帯機種にもよりますが、余ったデータをテザリングで使うことも可能です。


1年以上契約するともらえる長期利用特典

mineoでは、入会後もお得な特典を受ける事ができるため、使えば使うほど特典を受けるチャンスが広がります。


エントリーコード

エントリーコードは、契約事務手数料3,000円(税抜)が無料になるチケットです。このエントリーコードが毎年もらう事ができます。

つまり、電波エリア変更やプラン変更をする際の契約手数料が無料となり、別途SIMカード発行料(Aプランなら406円、もしくはDプランなら394円)を払えば、3,000円分お得に変更ができてしまうという事になります。

また、家族や友達にminaoを紹介する際にエントリーコードを使えば、契約事務手数料を無料にすることもできます。


Amazonギフト券

mineo端末購入時にAmazonギフト券がもらえる特典があります。さらに、契約期間と端末価格によって、ギフト券金額が増額されます。

対象は、2017年9月以降購入分が対象となります。


王国コイン

王国コインとは、mineoコミュニティサイト「マイネ王」内で使えるコインです。

王国コインの使い道として、パケット特典がもらえたり、人気商品と交換したり、リアルイベントに参加できたりする特典があります。

王国コインは契約期間に応じて、枚数が付与されます。コインに有効期限はありません。


また、2018年4月16日から2018年5月8日まで、100万回線突破記念として、既存顧客からの応募者全員に1GBをもれなくプレゼントするという企画を実施しています、さらに抽選で月額基本料を割り引く企画もあり、既存顧客に対して手厚いサービスを展開しているのがmineoです。


名義変更

名義変更ができるMVNO(他社から無線通信インフラを借り受けて音声やデータ通信サービスを提供する事業者)は、mineo、OCNモバイルONE、イオンモバイルくらいです。ただし、mineo以外は20歳以上での名義変更しか受け付けていません。

mineoであれば、本人名義のクレジットカードがあれば、18歳以上から契約できます。逆に、17歳以下の場合は親名義でしか契約できないため、18歳もしくは、成人、社会人など子供の成長に合わせて、親名義から子供名義に変更する事が可能です。


mineoへ変更するときの注意点

私が実際に変更した際に気をつけたことは以下の項目になります。

mineoへ変更するときの注意点
  • エリアによって大手通信会社よりも通信速度が遅くなる場合がある
  • 携帯端末によっては使えない機種もあり、対応端末を調べるのが面倒
  • 端末が対応していない場合、新しく買い替える必要がある
  • 契約日の違いで既存の会社(大手通信会社)から1ヶ月分多く請求が来る可能性がある

電波エリアを調べる

格安SIMに変更する際に最も気を付けなければいけないポイントが電波エリアです。

せっかく変更したのに、エリア外であれば、インターネットを見ることもできません。必ず大手通信会社のページで電波エリアを確認し、ご自身の活動エリアを把握しておきましょう。

私はエリア内であることを確認し、実際に使っていますが大手通信会社よりも遅いと感じたことは1度もありません。

ただし低消費モードという機能があり、この機能をONにしてしまうと通信速度は遅くなりますので、遅いなと思ったら設定をかえてみるといいと思います。

auサービスエリアの確認

https://www.au.com/mobile/area/

docomoサービスエリアの確認

https://www.nttdocomo.co.jp/support/area/

対応端末を調べる

私は普段から携帯はiphoneを使っているので、mineoの対応機種であることはわかっていましたが、Android端末をお使いの場合は以下のサイトで対応しているかどうかを事前に調べる必要があります。

動作確認端末一覧(auプラン)

http://mineo.jp/device/devicelist/au/

Dプランを希望される場合は、リンクしたページ内にあるDプラン用の動作確認端末一覧のボタンをクリックし、確認してみてください。

万が一、お持ちの機種が対応していない場合は、mineoが対応する端末に買い替える必要があります。

もし、変更手続きが面倒、難しい事がわからないという人のために、mineoは店舗で対応することも可能です。

以下のサイトからご住所を入れて検索し、最寄りの実店舗を探してみてください。

全国のmineoの店舗を検索

http://mineo.jp/shop/search/

既存契約会社との契約更新タイミング

ほとんどの大手通信会社は、解約時に発生する月額基本料を日割りで計算することはありません。1日でも月をまたいでしまった場合は、その月の基本料金は満額請求されるはずです。

つまり、月末のタイミングに合わせて、解約をすることをおすすめします。

mineoの審査期間等にもより、人によってかかる時間はまちまちですが、2週間も見ていれば十分だと思います。

ちなみに、私の場合は申し込みの翌日には審査が通り、5日後には手元にSIMカードが届いて変更手続きを完了する事ができました。

もっと早くmineoにしておけばと後悔

私の場合、mineoに変更する前は、毎月1万円以上スマホ代がかかっていました。自動引き落としなので、特に気になることもなくずっと続けていましたが、mineoに買えてみて感じたのは、今までかなりの金額を無駄にしてきてしまったということです。

毎月8,000円は費用を抑える事ができていたので、年間で9万6,000円と10万円近い金額を損失していたことになります。

また大手通信会社を辞める時に発生するのが解約手数料。私の場合、機種代も7万円程度残っていたため、解約時に支払った金額は解約手数料を合わせて9万円を一括で払うことになりました。

その時思ったのは、大手通信会社は新規顧客に対しては手厚いサービスを展開していますが、既存顧客に対しては、ほどんとメリットがない(企業として既存顧客には力を入れていない)と感じました。

おなじ通信サービスを提供している会社でも、こうもやり方が違うのかと、大手通信会社を選んでいた自分が悔しくも感じています。

もし、これから携帯電話契約する際は、格安SIMにするべきですし、仮に電波エリア内にもかからずまだ大手通信会社で契約をしている方は、これを気に契約を見なしてみてください。


「mineo」の登録はこちら




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ