仮想通貨ICOでLEVEL MAX!!

多くの人が楽しく仮想通貨投資を始められますように、仮想通貨関連の情報をお届けするブログです。

カテゴリ: アプリ紹介

人気Youtuberであるマックスむらい氏率いるAppbank株式会社が、ゲームやエンタメ系コンテンツを通して、仮想通貨を配布するプラットフォーム「@BLAST(アットブラスト)」を2018年6月から開始することを発表しました。

Appbankと仮想通貨がコラボレーション

1,700種類以上ある仮想通貨全体のうち2〜3割はゲームが関係している仮想通貨と言われつつも、2018年現在ではまだまだゲームと仮想通貨の親和性が低い状況です。

Appbankは、iphoneが発売された2年後からメディア(ブログ)事業、Youtube事業、オフラインイベント事業を展開し日本国内最大級のアプリ紹介メディアとなっています。

そのAppbankのネットワークを活かして、仮想通貨との親和性を高めていこうという目的が今回Appbankが新規事業を立ち上げるキッカケとなっています。


@BLAST(アットブラスト)とは

@BLAST(アットブラスト)とは、ゲームやエンターテイメント、イベントなど様々なコンテンツを通して、仮想通貨を配布するWEBサービスプラットフォームです。

会員登録は無料


@BLAST(アットブラスト)のロードマップ

    2018年6月
  • 仮想通貨賞金生大会スタート
  • @BLASTリリース
  • リリースキャンペーン実施:全登録ユーザに1,000円相当の仮想通貨をプレゼント予定

    2018年7月
  • ゲームイベント「@BLAST ✖️ poker poker」を開催
  • 「@BLAST ✖️ poker poker」は賞金1,000万円相当の仮想通貨を配布するPOKER大会

    2018年7月以降、将来として
  • @BLAST大型アップデート、新サービス発表
  • パートナー企業の拡大

POKER POKERとは?

POKER POKERとは、AppBank株式会社が手がける「1vs1専用のポーカーアプリ」です。アプリ内課金が一切なし、どなたでも無料でプレイすることができる予定。

2018年5月22日現在は事前登録受付中となっています。


GACKT氏が参加するスピンドルと提携

第一弾提携仮想通貨アライアンス・パートナーとしてGACKT氏が参加する「仮想通貨Spindle(スピンドル)」とAppbankが提携することとなりました。

提携後の初年度は計3.2億円相当のSPD(スピンドルトークン)を段階的に配布していく予定です。

資金の用意は、Appbank側が用意しているとのことで、2018年5月22日現在で計3.2億円の用意があるとのことで、配布時の換算レートで仮想通貨を配布していくとのことです。

関連記事:GACKT【大城 ガクト】氏が参加する仮想通貨プロジェクト「spindle(スピンドル)」

2018年5月現在で、複数の仮想通貨と協議中

Spindle(スピンドル)以外でも、複数の仮想通貨とアライアンスを検討中。

さらに、国内有力ゲームメーカーとパートナーシップも調整中とのこと。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

仮想通貨投資をしているみなさんは、「コイン相場」というアプリをご存知でしょうか。

仮想通貨アプリは他にも、クリプトフォリオやコインチェックアプリ、bitflyerウォレットなどいろいろありますが、私が思う現時点で最も使いやすく便利な仮想通貨アプリが「コイン相場」です。

スマホで値動きを見る場合は、コイン相場しか使っていません。それくらい簡単で便利な機能がついていますので、今回はその「コイン相場」の使い方をみなさんにお伝えしていければと思います。

少々長いかもしれませんが、お付き合いください。


コイン相場「ウォッチリスト」の使い方

コイン相場をインストールして、まず開くページが「ウォッチリスト」になります。

コイン相場ウォッチリスト1

ウォッチリストは画面下にあるタブの一番左側にあるボタンを押せば表示されます。

このウォッチリストの特徴は、自分で仮想通貨銘柄のリストをカスタマイズできるということです。


画面右上にある「➕」を押せば、取引所名と追加したい仮想通貨銘柄の一覧が表示されます。

画面上部にある検索部分に自身が追加したい仮想通貨銘柄を入力すると取引所と指定仮想通貨銘柄とそのペア取引銘柄が一覧で表示されます。

コイン相場ウォッチリスト2

ウォッチリストに追加したい銘柄が見つかれば右に表示されている「追加」を押せば好きな銘柄をいくつも追加することが可能です。追加を取り消す場合はもう一度同じところ(追加済み)を押せばウォッチリストから消えて、ボタンも追加済みから追加に戻ります。

追加作業をやめたい場合は画面右上にある「キャンセル」を押せばウォッチリストに戻ります。


ビットコインはドル建てもチェックしよう

ビットフライヤーや、コインチェック、ザイフなど日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入している人は、ドル相場を意識することはないはずです。


しかし、世界を見渡せば、円で購入するよりも、ドルでビットコインを購入している割合のほうが圧倒的に高いのです。

それはcoinmarketcapのサイトを見れば、一目瞭然です。

BTC市場

日本一ビットコインの取引量があるbitFlyer(ビットフライヤー)でさえ、のわずか1.6%の割合でしかありません。

世界では、ドル(USD)もしくはUSDT(Tether)で取引されています。

つまり、ビットコインの流れを掴むのであれば、最も取引量の多いドル建てでチェックすることで相場の動きが見えてきます。


アルトコインはBTC建てでチェックしよう

ビットフライヤーや、コインチェック、ザイフなど日本の仮想通貨取引所でアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)を購入している人は、これもまたビットコイン同様に円建てでチェックしている人がほとんどかと思いますが、仮想通貨市場においてはビットコインが1つの基準(基軸通貨)となっています。

仮想通貨市場はビットコインの価格が上昇すると、それに続いてイーサリアムやリップルの価格が高騰するという現状がよく起こります。

もし、ビットコインや仮想通貨市場全体がが急上昇しているにもかかわらず、あなたがもっている仮想通貨(コイン)は微増しかしていない場合、円建てで見るとプラスにはなっていますが、BTC建てでみると大きくマイナスとなります。

今後、仮想通貨市場は飛躍的に相場が高騰していくと予測されています。そうなった時に、仮想通貨全体の相場に対して、持っている通貨がプラスになっているのか、マイナスなのかをチェックしておくことで、狼狽売り(慌てて売ること)やイナゴ買い(価格の上昇につられて買うこと)など、間違った判断を避けることができるはずです。


取引量が多い取引所を優先する

私のウォッチリストを参考にしてみると、現在はこんな感じになっています。

私のウォッチリスト
表示順 銘柄 取引ペア 取引所
BTCUSDTBinance
JPYZaif
BCHBTCHitBTC
ETHBTCBinance
USDTBitrrex
JPYZaif
XEMBTCBitrrex
JPYZaif

上記以外にも多数通貨を表示しているのですが、取り急ぎ私が気になっている通貨はBTC、BCH、ETH、XEMの4銘柄です。

基本的に取引量の多い取引ペアを上位表示させているので、BTC(ビットコイン)であれば、JPYよりもUSDTの方を上に表示させています。理由としては、取引ボリュームが多い取引所の価格の方が確からしいデータと認識しているからです。

そして、BTC/USDTの取引所は私はBinance(バイナンス)を選択していますが、バイナンス以外にも同様の取引を行っている取引所は多数あります。その中でバイナンスを選択している里湯としては、世界で最もBTC/USDTの多い取引所だからです。

その他の取引所においてもHitBTCやBitrrexなどを選択してますが、その選択理由は世界で最も取引量が多い取引所という理由になります。


取引所ごとにチェックすることも可能

画面左上の「ウォッチリスト」と書いてあるところをタップすれば、取引所の名前が一覧で表示されます。

コイン相場ウォッチリスト4

取引所を選択すると、ウォッチリストに設定していなくても、各取引所であつかっている銘柄の相場を一覧で表示することができます。

さらに、取引ペアもタブを選べばBTC,EUR,USD,JPYで表示することもできて、すごく便利です。

コイン相場ウォッチリスト3

コイン相場「アラート」の使い方

コイン相場アプリにはアラートという機能があります。

文字通り指定した相場が下がったり上がったりした時にアラームで知らせてくれる機能です。


ウォッチリストにある仮想通貨の中からアラートを設定したい通貨をタップすると、画面下に表示されるチャートの上部に鐘のマークとアラートの文字が表示されますので、そこをタップすると次のような画面が表示されます。

コイン相場アラート

アラートは「価格」と「変化率(5分間、1時間、24時間)」を指定することで設定は完了します。また上昇と下落で通知を変えることもできます。

3年以上、5年以上下がっていても持ち続けていると決めているような仮想通貨の長期保有者であれば、使わない方も多いかもしれませんが、もし使うとすれば、アラームは価格で設定することをおすすめします。

その理由は、仮想通貨市場が黎明期ということもあり、変化率が激しく時に24時間の変化率が100%を超えることも珍しくないからです。

また大きく変化した後、再度価格が反転して、戻ることも珍しくありません。そんな相場に一喜一憂していると精神的なストレスが負担になります。

あなたが仮想通貨投資に十分な金額を投資しているならなおさらで、値動きは気になり始めるときりがありません。眺めるだけ、時間を消耗するだけですので、価格を気にしすぎることは気を付けましょう。


使い方としては、仮想通貨投資への余剰金が余っていて、このあたりの金額まで下がったら通貨投資しようと考えている場合、その金額でアラームをかけておくといいと思います。

例えば、ビットコインが現在90万円弱を推移していますが、70万円近くになったら再度買いまししようと思った場合、70万円でアラームを設定しておいて、アラームがなったら余剰資金を投資にまわすというような流れになります。

コイン相場アラート2

金額を指定してアラートをかけると、プッシュ通知の許可を求められます。見忘れてしまわないように、「はい」を選択しておいてください。

アラームはあくまでも、あなたが相場に注力しないようにするための機能です。これを逆に活用しすぎて、相場に張り付かないように気を付けましょう。


コイン相場「マーケット」の使い方

マーケットは、仮想通貨の上昇率と下降率が高い仮想通貨をピックアップしてくれる機能です。

価格変動率が高い銘柄をスクエア上に表示し、さらには上昇率と下落率のランキングも表示されています。ちょうどこの記事を作る時には、CTOという仮想通貨が上昇率1位で1,843%成長していました。約20倍と驚異的ですね。

コイン相場マーケット

また画面の右上にあるリストボタンを押すと、取引所を選択することもできます。指定した取引所に扱っている銘柄だけでランキングを作成してくれる機能となるので、ご自身が登録している取引所だけに絞って表示することで、すぐに購入できる通貨の値動きを見逃しにくくなるはずです。


上昇率ランキングと下降率ランキングは5銘柄しか表示されていませんが、右側にある全部というタブをおすと、上昇、下降している銘柄を全て見ることが可能です。


コイン相場「ニュース」の使い方

コイン相場ICO

ツイッターの雑多な情報に疲れた人には、コイン相場のニュースがおすすめです。

効率的にニュースを知ることができます。ただし、ニュースは一つの情報原では信憑性を判断するには十分ではないので、以下の記事を参考に複数の情報リソースを持っておいてください。

関連記事:仮想通貨情報収集に役立つおすすめサイトを紹介

http://gazoo.work/archives/8488861.html

コイン相場のニュースでは、通貨ごとにニュースを表示することができます。

ウォットリストでもこのページに遷移することができるのですが、見る頻度が多い人は画面右上の➕ボタンをタップしてあらかじめ設定しておきましょう。

また、コイン相場オリジナルのカテゴリが存在します。以下のコンテンツも面白いので是非設定してみてください。

オリジナルカテゴリ
  • ICO
  • コラム
  • ノウハウ
  • 取引所
  • まとめ
  • 「コイン相場」アプリ

コイン相場「ICO」の使い方

ICOにあるタブは「進行中」「公開前」「成立」というカテゴリにわかれていて、それぞれICOの進捗に応じて、案件が表示されています。

前提としてICO案件はプロダクトをリリースしている案件はほとんどなく「これからこんなことやってみたい」というような未来予想図が語られているものばかりです。

当然、その中から何十件も見て面白い案件があるかないかなのですが、かなり気の遠くなるような作業になることは心しておくべきだと思います。 また、ちょっといいな程度で投資するのは結構危険です。色々裏をとりつつ、判断しなければならないため何度はかなり高いです。

それでも、ICO案件を調べるツールとして、コイン相場はかなり優秀だと思っています。


ICOタブの中で、「イベント」というカテゴリがあります。これがかなり使えるので、こちらを紹介させてもらいます。

コイン相場イベント

当日から日付ごとに、「上場」「エアドロップ」「ICO」「ハードフォーク」などの予定が表示されている機能で、価格が上がる要因になるようなイベントを見逃すことなく、チェックできるツールになっています。

2018年4月19日の予定には、「DigiByteがLescovexに上場」というスケジュールが入っています。このように細かい通貨でも上昇の予定等が確認できる優れものです。

急な価格高騰要因など、調べたい時にも活用できると思いますし、非常に便利なツールとなっています。


コイン相場「ポートフォリオ」の使い方

ポートフォリオは、全資産を入力することで、リアルタイムに相場に合わせた仮想通貨資産金額を表示してくれるサービスです。「変動履歴」をタップすれば、全資産総額の変動推移を確認することもできます。


私はクリプトフォリオにすべて入力してあり、再度入力するのが手間だったので、やめましたww

自動でエクスポートしてくれる機能があればいいのですが、気が向いたら設定して、レポートしたいと思います。


コイン相場ポートフォリオ

コイン相場「ウィジェット」の使い方

ウィジェットはコイン相場のアプリを開かなくても、ウォッチリストに追加した仮想通貨銘柄の値動きをチェックできるツールです。

設定手順は以下の通りです。

コイン相場ウィジェット設定手順(iphone)
    事前準備:コイン相場アプリをインストールし、ウォッチリストを設定しておく
    手順1:ホーム画面(アプリがたくさんある画面)にて、画面を一番左にスライドし、ウィジェットがでてる画面を表示させる
    手順2:ページ内で一番下までスクロールし、「編集」という丸いボタンをタップする
    手順3:リストの中から「コイン相場:ウォッチリスト」の左にある緑色の+ボタンをタップする
    手順4:リストが丈夫に追加されたら、画面右上の完了ボタンをタップすれば、ウィジェットの追加は完了です。

作業自体は1分もかかりません。(どちらかというとウォッチリストを作る方が手間ですw)

価格をすぐに見たい、アプリを探すのが面倒という方は是非おすすめなので、試してみてください。


コイン相場「ZaifのAPI連携」の使い方

ZaifのAPI連携とは、簡単に言うとコイン相場アプリを使って仮想通貨を注文しようということです。

APIの連携を行った場合のメリットと注意点について考察しました。

ZaifのAPI連携を使うメリット
  • Zaifにログインする手間が省ける
  • サーバーレスなので、運営(コイン相場)側の悪用ができない

APIを使って取引を行うと、通常はその取引に使ったデータがサーバー内に蓄積される構造になっており、運営側がサイバー攻撃に合うか、運営内部の従業員が顧客資産を盗んでしまうと、ユーザの資産は消失するという現象が起こってしまいます。

しかし、コイン相場はサーバー内にはデータがのこらない仕組みを採用しているため、運営側から不正に顧客資産に手を出すことができないようになっています。

ZaifのAPI連携の注意点
  • Touch IDやFace IDを盗まれて、トレードされる可能性がある
  • APIキー、シークレットキーの管理が手間

コイン相場を使った注文作業はTouch IDやFace IDがなければ、実行できない仕組みになっています。

裏を返せば、寝ている間に指紋認証させられたり、顔認証をさせられてしまえば、簡単にトレードができるということになります。


総じて、長期補修型の運用方法を取っている人であれば、あえて設定することはないというのが私の結論です。

どうしても設定しておきたい方は、公式サイトに手順が掲載されているので、ご参考までにご覧ください。

coinjinja公式サイト:「【API連携】Zaif/ザイフのAPI連携」

https://www.coinjinja.com/blog/posts/2018/1/api-zaif

コイン相場「AppleWatch」の使い方

コイン相場はAppleWatchにも対応しています。





これは結構便利かもしれないですね。時間ともに相場が確認できます!

ただし、確認しすぎて相場の虜にならないように注意ですw

タダで仮想通貨がもらえるエアドロップQとは

仮想通貨界隈で非常に定評のある仮想通貨アプリ「コイン相場」内で、2018年4月27日より仮想通貨を無料でもらえるクイズイベント「エアドロップQ」が開始されました。


エアドロップQとは、指定の仮想通貨プロジェクトに関するクイズを5問程度回答するだけ。ウォレット機能はコイン相場を運営する株式会社COINJINJAが現在開発中となっているため、ウォレットがリリースされ次第、トークンがあなたの手元に届く仕様となっています。

このイベントがむちゃくちゃ人気で、今まで3回のエアドロップクイズを実施しているのですが、トークンの配布がほんの数時間で終了してしまうほどです。

しかも、注目されている仮想通貨も多く普通に勉強できてかなり楽しいです。


エアドロップとは

エアドロップとは、簡単に説明すると無償で仮想通貨を配るイベントのことを意味します。

仮想通貨を運営するプロジェクトは、ブロジェクトの認知度をあげたり、広く使ってもらうことで自身のブランディングにつなげようとする狙いがあります。

詳細は以下の記事にも掲載しているので、参考にご覧ください。

関連記事:仮想通貨の無料配布(エアドロップ)

無料で仮想通貨をもらう方法

無料で仮想通貨をもらう方法は簡単です。

まずは、事前準備として以下の作業を済ませておいてください。

事前準備
    手順1:コイン同馬アプリをダウンロードする
    手順2:ユーザ登録で携帯電話番号を入力
    手順3:携帯番号入力後、SMSで送られるコード内容を確認する
    手順4:SMSに届いたコードをアプリ内SMS認証画面で入力する
    手順5:ニックネームを入力する

エアドロップQで配られるトークンには限りがあるので、事前準備しておかないとエアドロップを受けることができない可能性もあります。しっかりと事前準備を済ませておけばもらえる可能性も高くなるので、次のイベントが開始されるまでに準備を済ませておきましょう。


実際にイベントが開始されたら、あとはクイズに答えるだけです。

クイズは何回間違っても、クイズに答えられなくなることはありません。わからない場合はGoogle検索等で調べましょう。

仮想通貨ブロジェクト側もネットでユーザに調べてもらうことを目的としているので、恥ずかしがる必要はありません。すぐに検索をかけましょう。

逆に調べずに自力でやっていると、エアドロップQは全問正解するまで報酬がもらえない仕組みなので、時間ぎれでせっかく参加したにもかかわらず肝心のトークンがもらえない可能性も高まります。

エアドロップQにはシェアボーナスがある

エアドロップQには「シェアボーナス」という機能があり、エアドロップQを紹介された側ががクイズに正解すると、紹介した側に10%分のトークンが付与されるという仕組みがあります。

IMG_0836

10人正解すれば、2倍の量をもらうことができるので、本当におすすです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

今回はテレグラムの「ステッカー」と「グループ」について解説する記事です。

そもそも、テレグラムってどんなアプリ?サービスなの?という疑問をお持ちの方は、過去にまとめた記事がありますので、こちらをご参考にしてみてください。

関連記事:テレグラム(Telegram)の日本語化、使い方を解説、仮想通貨ICO必須アプリ

テレグラムのステッカーとは

テレグラムには”ステッカー(Sticker)”という機能で、チャット(メッセージのやり取り)をしている間にイラストを貼り付けることが可能です。

LINEのスタンプサービスをご存知であれば、その機能とほぼ同じ機能がテレグラムにも採用されています。

ただし、LINEのスタンプと大きく違う点があります。


違いの1つは、すべてのステッカーが無料で使えるという点です。ステッカーをGETするたびに課金する必要はありません。

LINEの無課金ユーザは、テレグラムの方がたくさんスタンプで遊べて便利です。早速テレレグラムに誘っちゃいましょうw


2つ目の違いは、オリジナルステッカー(LINEでいうオリジナレスタンプ)を作成し、公開するために、運営側の審査がないということです。

つまり、誰でも簡単に無料でオリジナルステッカーを友人や家族と共有することができます。

だれでも公開できるため、当然自分の好みに合わないステッカーも混在していますが、アプリ内ではトレンドのスタッカーを優先的に追加できるようになっているので、面白いステッカーに出会いやすいはずです。

テレグラムのステッカー追加方法

テレグラムの追加方法は簡単で、1分もあれば簡単に追加することができます。

手順は以下の通りです。

ステッカー追加手順

    手順1:アプリをインストール後、画面右下にある「設定(Setting)」のボタンをタップ
    手順2:設定画面に移動したら、上から三番目の「Stickers」をタップ
    手順3:Stickersの画面に移動したら、「Trending Stickers」をタップ
    手順4:様々なステッカーをタップして確認し、気に入ったステッカーの箇所で「Add Stickers」をタップすれば追加完了

ステッカーの作り方

作り方の手順は以下の通りです。

オリジナルステッカーの作り方

    手順1:ステッカーBotを開いて、ステッカーパックを作成
    手順2:ステッカー名を入力
    手順3:画像ファイルを送信
    手順4:絵文字を入力
    手順5:ステッカーIDを入力し、完了


しかし、気をつけなければいけないポイントがあります。


ステッカー作成の注意点
    公開枚数に制限はなく、1枚から公開可能

LINEスタンプのように20枚、30枚とまとまった単位でアップロードする必要はありません。枚数に制限はなく、1枚からステッカーを作ることが可能となります


    ステッカーは非公開にはできない

ステッカーは公開されているものしか使うことができないため、限られたグループないだけで使ったり、自分だけが使うということはできません。


    著作権に違反する可能性もある

テレグラム側の審査がなく、誰でもどんなものでも公開可能なため、場合によっては著作権に違反している画像を公開してしまう可能性もあります。

公開する前には必ずGoogle画像検索で似たように画像がないか、違反していないのかなどを確認する必要があります


テレグラムの人気グループ

テレグラムは仮想通貨プロジェクトのマーケティング手法として広く用いられているため、テレグラムの仮想通貨関連の人気はプロジェクトのブランド力に比例していることがあります。

つまり、今後あなたが注目する仮想通貨ブロジェクトがあれば、まずはそららのテレグラムグループにJOINすることをおすすめします。


その上で、私がおすすめするグループは仮想通貨NEMのテレグラムグループです。

NEMは日本語コミュニティと英語のコミュニティが分かれています。

NEM日本語コミュニティ

https://t.me/nemjapan

NEM英語コミュニティ

https://t.me/nemred
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

Telegram(テレグラム)とは

Telegram1

テレグラムは、LINEやFacebook messengerなどと同様に無料で使えるメッセージアプリです。

ドバイを拠点に2013年8月にiOSのサポートから開始し、その後Android、windowsなどに続きます。クラウドベースなので、PCとスマホなど様々なデバイスと同期することが可能です。

悲しいことにテレグラムは、まだ日本語には対応していません。現在対応している言語は、英語、スペイン語、ドイツ語、オランダ語、イタリア語、アラビア語、ポルトガル語、韓国語です。(記事の後のほうで、日本語化の方法を解説します!)


特徴としては、最大10万人のグループを作ることができます。これが仮想通貨のICOに用いられる理由のひとつです。

Tokenmarketの調査によるとブロックチェーンベースのプロジェクトの84%がアクティブなテレグラムグループをもっています。

Telegram4

プロジェクト側はテレグラムの高いセキュリティの元、たくさんの潜在的顧客を獲得することができます。


テレグラムは非営利団体なので、アプリケーション内に広告はありません。

運営資金は多額の寄付で成り立っています。従業員の給料以外の利益を確保するために有料オプションを導入することもありますが、利益拡大はテレグラムの最終目標ではありません。

テレグラムの最終目標は、「プライベートな会話の保護」「個人情報の保護」です。これらはテレグラムに関わる職員も例外なく含まれます。悪質な第3者からの攻撃に警戒しているということです。


Telegramのセキュリティ

データの暗号化、MTproto、2段階認証を用いることで、テレグラムはWhatsAppやLINEのような大衆市場向けのメッセンジャーよりも安全だと謳っています。

仮にテレグラムのハッキングが可能なことを証明した場合、30万ドル(3,000万円相当)を賞金として与えるプログラムがあります!!プログラムに自信のある方はチャレンジする価値ありですね。


テレグラム、Iphoneでの使い方

ここではテレグラムのインストールと登録の手順を解説してきます。


    手順2:「Telegram for iPhone / iPad」をタップします。
    手順3:App StoreのTelegramのページにジャンプするので、「入手」をタップします。
    手順4:テレグラムを起動したら、「START MESSEAGING」をタップします。
    手順5:Please allow〜の文章が表示されたら「OK」をタップします。

文章の内容は「please allow telegram to receive calls and SMS so that we can fill in your phone number, send you a code, and enter it for you」(テレグラムで電話とSMSを受信を許可するために、電話番号を記入してコードを入力してください。)というものです。


    手順6:国名に「Japan」、SMSが使える電話番号を入力後、右上のチェックボタンをタップします。

電話番号の入力は、日本の国コードである81から入力します。

090-xxxx-xxxxという電話番号であれば、最初の0を抜いて、8190から入力を始めてください。

080-xxxx-xxxxという電話番号であれば、最初の0を抜いて、8180から入力するようになります。


    手順7:FirstnameとCancel registrationを入力し、右上のチェックボタンをタップします。

Lastnameは任意なので、入力しなくてもOKです。

Cancel registrationは登録をキャンセルする時のコードで、日本語でも入力可能です。


    手順8:No Chats yet...が表示されれば登録完了


テレグラムを日本語化する手順

インストールと登録が完了したならば、即使える状態になりますが、どうしてもナビゲーションを日本語に変更したいという人は非公式ではありますが、日本語化のバッチをインストールして設定画面等を日本語に変更しちゃいましょう。


ただし!!


英語でトライしてみようかな、これから英語覚えて頑張ってみたいなという方は無理に日本語化をする必要はありません。仮想通貨市場やテレグラムの人気グループはほとんど英語で会話が成り立っているため、英語の理解は必須です。日本語化は強制ではないので、お気をつけくださいませ。


    事前準備:テレグラムをインストールしておく
    手順2:IOS用、Android用それぞれアップデートファイルが表示されるので機種に合わせた方をタップします。
    手順3:ダウンロード終了後「Apply localization file」をタップ
    全行程終了:以上で、完了です!

ボタンに記入されている英語や設定コマンドの英語が全て日本語に変わっているはずです。


ちなみに、私はPCでやってもうまくいかなかったので、タブレットもしくはスマートフォンでやることをおすすめします。

(PCでも対応してるのかもしれませんし、スマホ用なのかもしれません。時間があれば今度調べてみたいと思います。)


テレグラム内のメッセージを翻訳する

これはできませんww


海外で使っている人が多くて、公用語は英語なので、ほとんど英語ですね。

当然ですが、フランス語やポルトガル語も英語に変換されるわけではありません。


私が調べた限りでは、Googleの翻訳機能みたいなものが付いているわけではないので、メッセージを日本語化するのは現状では不可能だと思います。


ただ、今後はそんなアップデートがあってもいいなと思ってます。

世界にはいろんな言葉があって、みんな英語で統一するというのもおかしな話だと思っているので。


上記以外の記事でも、テレグラムのステッカー(LINEでいうスタンプ)が無料で作れる方法をまとめている記事を用意しています。よければご参考にご覧ください。

関連記事:テレグラム(Telegram)のステッカー追加とグループの使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

BCH(ビットコインキャッシュ)専用ウォレットアプリ「Yenom(エノム)」が2018年3月にリリース予定となります。

Yenom

ビットフライヤーウォレットや他のBCHを取り扱う仮想通貨取引所アプリでも送受信できますけど、と言われればそれまでかもしれませんww


しかし、実際の使い勝手だったりはリリースしてみないとわかりません!というのもエノムが他のアプリと比べて「とにかくわかりやすい、使いやすい」を追求しているとのことだそうです。

なので、リリースが楽しみですね。

事前登録は以下のURLからできるようなので、ご興味ある方は是非閲覧してみてください。

【エノム事前登録ページ】: https://beta.yenom.tec

IOS版、Android版ともに対応しているようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

忘年会や新年会のシーズンが終わりましたが、飲み会やイベントの参加費用ってどうやって回収してますでしょうか。未だに現金で回収しているところも多いはずです。

現金回収って結構面倒なんですよね、人が多いと誰からもらったとか管理しておかないと忘れてしまう事もあるので、結構手間がかかります。

最近では割り勘専用アプリ「Paymo」などのサービスがリリースされているので、こういったものを使っている人もいるのではないかと思いますが、その中でも特に利用者が多いのが仮想通貨とLINEPayかなと思ったので、今回はこの2つを比較していきたいと思います。

Bitflyerウォレットで割り勘

Bitflyerウォレットの場合はアプリ内メニューある「 pay」という機能を使います。

bitFlyerウォレット

「Pay」ボタンを押すと、上記のような画面に移行します。

送金と請求ボタンを押すと、それぞれの機能を実行するようになっているのですが、その下には過去の送金履歴が表示されています。(PCで送った履歴もモバイルにすべて反映されている仕組みとなっています。

幹事役として参加者から代金を回収する手順(Bitflyer編)

    手順1:「請求」のボタンを押すと以下の選択肢が表示されます。
bitFlyerウォレット2
    手順2:今回はQRコードを見せて請求を選択をタップします。
    手順3:次に、請求したい金額を入力
bitFlyerウォレット3

価格表示の右側にある上下双方向の矢印をおすと、BTCと円で好きな方を選ぶ事ができます!!

bitFlyerウォレット4
    手順4:金額入力後、再度確認画面で確認ボタンをおすとQRコードが生成

生成したQRコードを参加者が読み取りしてもらえば請求が完了します。

bitFlyerウォレット5
    おまけ:ORコードかアドレスをタップすればコピーする事も可能

アドレスをメールやアプリを使って送信する事ができるので、LINEやSMSで共有する事もできて便利です。

LINE Payで割り勘

月間アクティブユーザが7,000万人いると言われているLINEですが、LINE Payの登録者数は3,800万人を超えているとのことで、利用ユーッザのおおよそ半数以上が登録している人気アプリです。

では、割り勘の手順を紹介していきます。

幹事役として参加者から代金を回収する手順(LINE編)

    手順1:LINE Payで「割り勘」のボタンをおして、参加者をLINEアドレスから選択
    手順2:合計金額を入力して次へを押すと、一人当たりの金額が自動計算される
    手順3:金額を確認し、割り勘ボタンを押すとLINEでシェアされる
LINEPay

結論、Bitflyerウォレットが使いやすい

利用者数において、LINE Payは3,800万人ですが、Bitflyerウォレットはコインチェックやザイフのアプリでも対応可能ですし、仮想通貨利用者であれば使えるので、利用できる人は世界中で2億人を超えるといわれています。もってないと、登録してないと話にならないってコトです!!

実際、私の周りでもLINEpayを使っている人よりも、仮想通貨を持っている人の方が圧倒的に多いです。


LINEの場合は、LINEアプリを利用している事も必要ですが、LINEで割り勘をするためには相手のLINEアドレスを知らなくてはいけませんし、海外ユーザ同士で利用する事もできません。使い勝手が悪いなという印象です。


おそらくLINEも今後仮想通貨事業に参戦すると発表されたので、今後の展開が楽しみではありますが、現段階ではBitflyerウォレットに軍配があがります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

コインチェックからNEMが不正送金をされた事実を受けて、NEMの保管方法を模索した人はたくさんいると思います。すくなくても不正送金された26万件のアカウントを持っている方々は今回の件を受けて十分に調べているはずです。

その中で「Nano Wallet」というソフトウェアにたどり着いた人もいたのではないでしょうか。NEMのコアユーザであればNano Walletは必須です。Nano Walletを把握できていないのであれば、すぐに勉強しましょう。


ただし、今回紹介したいのはNano Walletではなく、NEMのハーベスト状況をメールで知らせてくれる「NEM Harvesters」をご紹介したいと思います。

nem-harvesters

NEM Harvestersは、NEMのアドレスを登録すると、NEMのハーベストを24時間開始し、ハーベスト報酬があるとメールでお知らせをしてくれる機能があります。また、ハーベスト委任先のリモートノードの変化を察知し、ハーベストの停止をメールで知らせてくれる機能もあるんです!!

これめちゃくちゃ便利です。セキュリティを高めるためにPCにNano Walletを設定したユーザにとって、ハーベスティングの進捗確認はかなり手間だったと思いますが、この機能を使えば、いち早くバーベスティング報酬の通知を受け取り、万が一ハーベスティングが切れたとしても、それもお知らせしてくれるという優れものです。

まだβ版ではありますが、ご興味のある方は利用規約を確認の上、登録を進めてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

仮想通貨には英語を読める力が必要です。

実は、英語力を身につけるために重要な事は2つしかありません。


それは、「文法」「語彙」です。

この2つをマスターすれば、英語は君のものです。文法力と語彙力を身につけるために最適なアプリがあるので、今回はアプリを紹介します。

英文法をマスターするなら「Duolingo」

英語を無料で学ぼう。毎日5分、楽しくレッスン。


Duolingoは、this is a pen程度のレベルから学ぶ事ができます。アプリでタップするなど、結構簡単な操作で楽しく覚える事ができるし、隙間時間にできるくらいセクションが細かく分かれているので、移動中やちょっとした休憩中にサクッとできてしまいます。おすすめなので、一度インストールして使ってみてください。

語彙力を身につけるなら「POLYGLOTS」

続かない英語学習は終わりにしよう。英語学習、英語リーディングアプリ POLYGLOTS(ポリグロッツ)


TOEICによく出る単語リストなど、レベルに合わせて単語を覚える事ができます。スペルだけでなく、発音も再生できるので、結構たのしいです。また、アプリには音楽の歌詞を日本語訳したり、ニュースを使って学習する事もできるので、結構高機能でめちゃくちゃ楽しいです。よかったら今日から使ってみてくだい!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ