仮想通貨用語としてよく出てくる「アトミックスワップ」についてこの記事で解説していきます。アトミックスワップという技術を知ることによって、今注目している仮想通貨ブロジェウトの将来性を見極めることにも役立つはずです。特にイーサリアムKybernetworkなどイーサリアム関連のDappsに興味がある方は必須の知識となりますので、ぜひご覧ください。





アトミックスワップとは

アトミックスワップとは、第三者(取引所)を仲介することなく、別々の仮想通貨同士を交換する技術です。


アトミックスワップの仕組み

アトミックスワップ

上図のようにアトミックスワップでは互いのマルチシグウォレットに必要な仮想通貨の数量が確認されないと相手にコインが送金されない仕組みとなっています。片方だけが送金したとしても相手が自分の分を送金しなければ、仮想通貨を受け取ることができないため、不正に相手の仮想通貨だけを奪ったりすることはできません。


アトミックスワップのデメリット

取引速度が遅い

アトミックスワップでは相手の送金を待つ時間を考えなければいけません。アトミックスワップを採用しているような分散型仮想通貨取引所(DEX)では取引量が少ない傾向にあり、取引をマッチングさせるための時間を要してしまいます。手数料が安く安全に取引できるアトミックスワップですが、唯一の弱点は取引速度が遅いということなので「早急に他の仮想通貨がほしい」「値上がりのタイミングを狙って他の仮想通貨に投資したい」というようなニーズを叶えるのは難しくなります。


全ての仮想通貨に対応していない

全ての仮想通貨にアトミックスワップが対応しているわけではなく、限られた仮想通貨だけが取引できる技術です。アトミックスワップで特に有名なのはモナコインライトコイン


アトミックスワップのメリット

不正な取引ができない

アトミックスワップを使わない仮想通貨の交換(取引)を考えると、大きく2つに分かれます。1つは交換所を通さずに直接第三者と仮想通貨を交換する「直接取引」ことです。交換所を通さないことで自分が仮想通貨を送ったにも関わらず相手が送金をしてこない、もしくは約束した数量に相違があるというようなトラブルが発生するかもしれません。書面で約束を取り交わしたとしても、実際に送金するかどうかを決めるのは送金相手のため、直接取引は安全に取引できる保証はありません。

しかし、アトミックスワップでは相手の入金を確認しなければ、送金が実行されない上に一定期間で取引が成立しなければ返金される仕組みもあるため、一方的に不利な取引となることはありません。


取引手数料が安い

アトミックスワップを使わない方法のもうひとつは交換所を通して取引をすることです。仲介役となる取引業者やエスクロー業者を通すことによって安全に取引ができるものの仲介マージン(取引手数料)が発生してしまうため、大きな取引をするほどに取られる額が大きくなってしまうというデメリットがあります。

アトミックスワップでは第三者を通さないため、交換所への運営手数料などが加味されない分安く取引を実行することができます。