株主優待銘柄の中でも特に注目されることの多い「イオン株」

イオンの株式を持つことによって受けられる優待特典はまさに神レベルです。さらには高配当株としても有名で連続増配し続けるイオン株が人気となった理由は一つではありません!いくつもあります!

普段の生活費を抑えたいと考えている主婦や一人暮らしの会社員の方であれば、かなり得する情報がもりだくさんです。

とにかく、魅力的なイオンの株式優待について徹底的に解説します。





イオンの株主優待がおすすめな理由1

毎日の食費を節約できる

スーパーマーケット

イオンの株主優待制度は、100株以上保有する株主に対して、生活費を劇的に節約できる3つの特典が用意されいます。

    特典1:毎日の買い物が3~7%キャッシュバック
    特典2:毎月20日、30日はさらに5%割引
    特典3:同系列店舗で優待料金になる

イオンから送られてくる「オーナーズカード」を提示するだけでこれらの特典を受けることができます。

特典1にあるキャッシュバックの割合(返金率)は株式保有量によって変動します。

保有量と返金率
株式保有量 返金率 最大返金額
(半年間)
100~499株3%3万円
500~999株4%4万円
1,000~2,999株5%5万円
3,000株~7%7万円

より多くのキャッシュバックを受けたいと考える方は3,000株を保有すると最大7%分の生活費を節約することが可能となります。


3~7%キャッシュバックはイオンが毎月20日と30日に実施している5%の割引特典「お客様感謝デー」と併用することもできます。

毎月20日と30日に備蓄できる食材をまとめ買いすることによって最大12%の食費を節約することができます。


キャッシュバックの注意点としては、買い物時その場で3%〜7%の割引を受けるということではないということです。オーナーズカードに蓄積された半年間の購入総額に応じて、一括で返金される仕組みとなっています。

また、イオンカード・WAONPOINTカード等の併用時における「お客さま感謝デー5%割引特典」は同時に受けられないので要注意です。


映画がいつでも1,000円で観れる

オーナーズカードは「イオンハート(ランチサービス)」「イオンシネマ(映画)」などで提示すれば、優待料金でサービスを受けることができます。


特におすすめなのがイオンシネマ。

曜日に関係なく、いつでも1,000円で映画を見ることができる上にポップコーンかドリンクが無料になる特典付きです。

毎回半額に近い料金で観れるのは本当にすごい特典です。

年間の節約額はいくらになる?

先ほど紹介したキャッシュバックが適応された場合の年間節約額がいくらになるかを計算してみましょう。

1世帯の消費支出

総務省の家計調査報告によれば、1世帯の食料品支出額(月間)は77,452円となっています。

1世帯当たりの人員は3.2人で計算されているため、1人当たりの食費は約2.4万円という計算です。


本来は食料品の中には外食も含まれており、イオンなどのスーパーでの支出額はもっと少なくなりますが、今回はすべてイオンスーパーでの買い物で食料品支出を賄ったという仮定で節約額を計算していきます。


年間の節約額は以下の通りです。

    年間節約額の計算式
    月間の食費 × 返金率 × 12ヶ月 = 年間の節約額

    返金率3%の場合:77,452円 × 3% × 12ヶ月 = 27,882円
    返金率4%の場合:77,452円 × 4% × 12ヶ月 = 37,176円
    返金率5%の場合:77,452円 × 5% × 12ヶ月 = 46,471円
    返金率7%の場合:77,452円 × 7% × 12ヶ月 = 65,059円

イオンの株式優待をたった1年間使うだけで2.7万円から6.5万円も節約することできます。

食料品は一生涯買い続けため20年、30年単位で計算すれば数百万円単位の節約が可能となり、簡単に海外旅行を楽しむことができる金額を創出できるようになります。


この他にもイオンの株主優待特典が存在します。

最終章に節約総額を算出しましたので、最後まで読んでいただけると幸いです。


イオンの株主優待がおすすめな理由2

長期保有でギフトカードがもらえる

イオンの株式は100株以上保有することで株式優待を受けられるだけでなく、1000株以上の株式を3年以上保有することによってイオンギフトカードを受け取れる特典があります。

株式の保有状況は毎年2月末の株式名簿に基づいて算出されており、保有株数ごとに以下のギフトカードが送られます。

イオンギフトカード特典
保有株式数 イオンカード金額
1,000~1,999株2,000円
2,000~2,999株4,000円
3,000~4,999株6,000円
5,000株~10,000円

長期保有優待制度は2015年からスタートし、2018年から毎年5月にイオンギフトカードが発送されいます。


イオンの株主優待がおすすめな理由3

高配当株としてもイオン株はおすすめ

イオンの株式は高配当株としても注目されています。

過去の配当実績を見れば、毎年増配を継続していることがわかります。そして、2020年の配当金においても過去最高を記録する予想です。

イオン株の配当金実績
時期 1株あたりの配当金
(年間)
年間配当金総額
(百万円)
2015年28円23,627
2016年28円23,565
2017年30円25,249
2018年30円25,250
2019年34円28,620
2020年
(予想)
36円-

過去5年間の実績を見れば、一株あたり150円の配当実績があります。

仮にイオン株を1,000株3年間保有していれば5年間の配当金は15万円(年間平均3万円)となり、さらにキャッシュバックやギフトカードも受け取ることができるので、最高の節約術につながります。

配当金については株価の変動を受けることがないため、増配を続ける企業の株であれば持っているだけで不労所得が手に入る計画となります。


イオンの株価推移は上々

イオン株価

2006年から2009年までの株価はリーマンショックなどの影響により株価は3分の1以下に下落しましたが、それ以降は海外展開、決算発表では9期連続最高収益を更新し、2倍以上の株価に成長しています。


平均利回り16%増の超優良銘柄

現在から丁度5年前(2014年9月)にイオン株を1,000株(約100万円)保有していれば、現時点での値上がり率が80%のためプラス80万円の資産増となります。


1年あたりの平均利回りに換算するとプラス16%と超優良銘柄。

積立NISAの平均利回りが3%〜5%と言われるため、どれだけ優良かということがわかります。


イオンの株主優待がおすすめな理由【まとめ】

イオンの株式を取得することによって得られるメリットはたくさんあます。それをまとめると以下の通りです。

イオン株を持つことのメリット
  • 毎日の買い物が3~7%分お得になる
  • キャッシュバックはお客様感謝デーの割引と併用可能
  • イオンシネマで映画がいつでも1,000円で観れる
  • 映画館のポップコーンかドリンクが無料になる
  • イオン株の長期保有でギフトカードがもらえる
  • イオンの配当金が毎年増配している
  • イオンの株価は長期的に値上がりしている

イオンの株はジュニアNISAがおすすめ

では、最後に今まで紹介した株主優待で受けられる特典を合算した場合に年間どれくらいお得になるかを計算してみましょう。


ただし、計算する前に1つ条件を加えます。

それはジュニアNISA口座でイオン株式を取得するということです。


ジュニアNISAとは、積立NISAやNISAと同様に少額投資非課税制度の1つです。積立NISAではイオン株を購入することはできませんが、ジュニアNISAの場合は国内の個別株が購入可能であることに加えて、最大20年間の配当金が非課税になるという合わせ技が可能です。


ジュニアNISAでは、イオン株を年間80万円分までしか購入することができません。

今回のシュミレーションにおいては1年間で500株ずつ購入し2年かけて1,000株取得後、3年間保有し続けた(トータル5年間保有)ときの節約額を計算していきます。


ちなみにジュニアNISAについてもっと詳しく知りたいという方は以下の記事がおすすめです。


年間19万円も節約できる

2019年8月から過去5年間イオン株を保有した場合の平均節約額は以下の通りです。

特典1〜5の合計額を計算
    特典1:お買い物キャッシュバック総額 = 223,060円(年間4.4万円)
  • 1年目:77,452円 × 4% × 12ヶ月 = 37,176円
  • 2年〜5年目:77,452円 × 5% × 12ヶ月 = 46,471円

    特典2:映画館割引総額 = 17,250円(年間3,450円)
  • 1回の割引額:1,150円
  • 1年間で3回映画を観れば、3,450円お得になる。

    特典3:ギフトカード = 4,000円(年間800円)
  • 3年以上の長期保有が条件なので、もらえるのは4年目以降
  • 1,000株を5年保有した場合は4年目と5年目に2,000円ずつもらえる
    特典4:配当金 = 136,000円(年間27,200円)
  • 2015年配当金 = 500株 × 28円 = 14,000円
  • 2016年配当金 = 1,000株 × 28円 = 28,000円
  • 2017年配当金 = 1,000株 × 30円 = 30,000円
  • 2018年配当金 = 1,000株 × 30円 = 30,000円
  • 2019年配当金 = 1,000株 × 34円 = 34,000円

    特典5:値上がり益 = 571,000円(年間114,200円)
  • 2014年買付金額:500株 × 1,400円 = 700,000円
  • 2015年買付金額:500株 × 1,250円 = 625,000円
  • 2019年株式資産:1,000株 × 1,896円 = 1,896,000円
  • 資産増減:1,896,000円 - 1,325,000円 = 571,000円

    特典1〜5の合計額:951,310円(年間平均19万円)

上記計算の通り、イオン株を2014年から2019年の5年間保有した場合は約95万円分の利益を得たことになります。1年間に換算すれば19万円となり驚異的な節約術であることがわかります。

格安SIMに変更するよりも節約額が大きいので、正直これほどのインパクトがでるとは驚きです。


これから株式投資で節約したいと考えるなら、手数料が安く取扱い銘柄豊富なネット証券「SBI証券」がおすすめです。


\NISA口座ならSBI証券がおすすめ/

SBI証券[旧イー・トレード証券]