一目均衡表(ichimoku cloud)とは?

一目均衡表

一目均衡表の「一目(いちもく)」とは一目でチャートの動きを分析できるということから由来されているそうです。

つまり、一目均衡表は「移動平均線」や「ボリンジャーバンド」など他の指標をつかわなくともある程度の情報を読み取ることができる優秀な指標(インジケーター)ということになります。

実は、一目均衡表は日本で発明されたテクニカル分析です。

昭和初期、細田悟一氏の長年の研究によって発明され、株式市場や為替チャートでも広く使われている分析手法となります。

優秀な一目均衡表の見方をマスターして、より楽しい投資ライフを築いていきましょう。


一目均衡表の5本線

一目均衡表は以下の5本の線でできています。

一目均衡表の5本線
  • 転換線
  • 基準線
  • 遅行スパン
  • 先行スパン1
  • 先行スパン2

これからこの5本線を説明していきます。


転換線(conversion line)でわかること

一目均衡表転換線

「転換線」とは、9日間のローソク足の高値と安値の中間値を表した線となります。

移動平均線とほぼ同じ性質を持ちますが、一目均衡表ではこれを転換線と呼んでいます。

一目均衡表転換線設定

Zaifチャートで転換線の設定を変更する際は「conversion line(コンバージョン・ライン)」という項目を変更してください。

コンバージョンとは、転換という意味があります。


転換線の特長
  • 一目均衡表の中で最もチャート(ローソク)の近くにある線
  • 基準線よりも転換線が上にあれば、上昇トレンドで買い時のタイミング
  • 基準線よりも転換線が下にあれば、下降トレンドで売り時のタイミング

基準線(Base line)でわかること

一目均衡表基準線

転換線に対して「基準線」とは、過去26日間のローソク足の高値と安値の中間値を表した線となります。

一目均衡表基準線設定

Zaifチャートで基準線の設定を変更する際は「Base line(ベイス・ライン)」という項目を変更してください。

基準線も転換線や移動平均線と同様の性質を持ちます。

そして、一目均衡票では、転換線と基準線の相関で売り買いのタイミングを判断します。

基準線の特長
  • 基準線が上向きのときは上昇トレンド
  • 基準線が下向きのときは下降トレンド
  • 基準線が転換線を下から上に追い抜いたとき(デッドクロス)は売りのタイミング
  • 基準線が転換線を上から下に突き抜けたとき(ゴールデンクロス)は買いのタイミング

遅行スパン(Lagging Span)でわかること

一目均衡表遅延スパン
遅行(ちこう)スパンは、チャート(ローソク)の終値を26日間過去にずらした線です。
一目均衡表遅延スパン設定

Zaifチャートで遅行スパンの設定を変更する際は「Lagging Span(ラギング・スパン)」という項目を変更してください。

遅行スパンは、26日前の価格(遅行スパン)とチャートを比べて価格が上がっているのか、下がっているのかを判断します。

遅行スパンは、必ずしも最新の価格を基準するわけではありません。遅行スパンと過去のチャートがクロスしている部分を判断材料にする場合もあります。

遅行スパンの特長
  • 遅行スパンがローソク足を下から上に追い抜いたときは、買いのタイミング
  • 遅行スパンがローソク足を上から下に突き抜けたときは、売りのタイミング

つまり、現在の価格が過去の価格よりも高く取引されて居る場合は下落する(過去の価格に近づく)可能性が高く、反対に現在の価格が過去の価格よりも低い場合は高騰する(過去の価格に近づく)可能性が高いということになります。


2つの先行スパンがつくる「雲」に注目

一目均衡表雲

一目均衡表最後の「先行スパン」は線をみるのではなく、二つの先行スパンに囲まれた「雲(のような形)」から相場の状況を判断する指標となっています。

先行スパン

先行スパン1は、転換線と基準線の中間値を26日間未来にずらした線となります。

先行スパン2は、過去52日分のローソク足の高値と安値の平均値を26日未来にずらした線となります。

一目雲の特長
  • ローソク足が雲の上で推移しているときは、買い相場が優勢
  • ローソク足が雲の下で推移しているときは、売り相場が優勢
  • 雲が大きいほど、抵抗力が強く反発しやすい
  • 雲を抜けると、雲の抵抗が弱くなる

特に注視するべきは、ローソク足が雲の外側の線に近づく時です。

雲の中にいるときは、その中でローソクが動く傾向にありますが、雲を抜けた場合はそのままトレンドが続く可能性が高いので、そこを狙って取引するのが常套手段です。

また雲の外にいる場合は、雲の位置と大きさを参考にトレンドがどこまで続くのかを予測する必要があります。