ビットフライヤー(bitFlyer)は、2014年1月9日に設立された日本の仮想通貨取引所です。

成海璃子(なるみりこ)さん出演のCMでbitflyerの存在、もしくはビットコインを初めて知った人は多いのではないでしょうか?

ビットフライヤー(bitFlyer)は日本の圧倒的No.1!ビットコイン取引所

bitFlyer取引量

2018年4月時点で世界のビットコイン取引量ランキングを見ると、世界で6位に位置している事がわかります。

日本と世界の人口差を考えると、驚異的な結果と成っている事がわかります。


セキュリティも強い!金融庁に認可されている仮想通貨取引所

2017年4月に改正された資金決済法により、日本で仮想通貨交換業を運営する事業者は必ず金融庁の許可がなければ運営がでいない仕組みとなっています。

ビットフライヤーは、金融庁の許可を得て仮想通貨取引所を運営する企業の一つです。

bitFlyer登録業者
公式サイトより引用

ビットフライヤーは海外のセキュリティ調査専門組織のチェックを受けて、世界1位のセキュリティレベルである事が2018年1月に発表されました。

bitFlyerセキュリティスコア

ビットフライヤー社長は、日本ブロックチェーン協会(JBA)代表理事

ビットフライヤーの加納裕三社長は、日本ブロックチェーン協会(JBA)代表理事を務めています。

日本ブロックチェーン協会(JBA)とは、ブロックチェーン技術が今後安全な技術として日本経済を支える仕組みとなる事を目的として、2016年4月15日に設立された団体です。

メンバーには、マイクロソフト、エイベックス、GMO、SBIホールディングス、サイバーエージェント、VALUなどが加わっています。将来は快晴資金決済法が定める認定資金決済事業協会になることも目指しています。


加納裕三氏は、アメリカの大手証券会社出身ということもあり、ビットフライヤーの役員には元ゴールドマンサックス出身者が多く、その他優秀な経歴を持った人材が多数在籍しています。



bitFlyer公式HPはこちら




ビットフライヤーは他の仮想通貨取引所と何が違う?

ビットフライヤーのメイン商材は「ビットコインFX(証拠金取引)」です。

ビットコインFXとは、

ビットコインFXは、証拠金取引(信用取引)のひとつです。

数秒でも値動きが大きいため、短期トレードの方法として使われますが、主な特徴は2つあります。

  • 自己資金にレバレッジを設定することで、利益および負債を5〜15倍まで調整可能。
  • 相場が下落しても儲ける事ができる。

多機能すぎるビットコインFX専用チャート「Lightning FX」

lightningFX

Lightning FXはビットフライヤーが独自に開発したビットコインFX専用システムです。

ビットコインのチャート(値動き)はもちろんのこと、多様な指標(インジケータ)や板情報、チャット機能などが備わっており、それを一画面で同時に確認することが可能です。

自己資金残高も同時に表示されているので、確認したい情報がひとまとめになって便利すぎる機能を提供している事がビットフライヤーが日本一の取引所として選ばれる理由のひとつです。


ビットフライヤー経由でビットコインがもらえるサービス

ビットコインをもらう

楽天市場やYahoo!ショッピングなどのWEBサービスをビットフライヤー経由で利用すると、利用金額や条件に応じてビットコインがもらえるサービスがビットフライヤーにはあります。

「会員登録」「商品購入」「カード発行」「予約・申込」「無料でもらう」「買取・査定」というジャンルがあり、中には無料お試しサービスを利用するだけでビットコインをもらえたりするので、お小遣い稼ぎできちゃうことも。


ビットフライヤーのウォレットアプリ

ビットフライヤーのウォレットアプリは、ビットフライヤーで仮想通貨を売買するだけじゃなく、Pay機能を使ってお店でビットコインを支払ったり、友達と割り勘したりする事ができます。

以下の記事にもまとめているので、参考にご覧ください。

関連記事:割り勘でBitflyerウォレットとLINE Payはどっちが便利?


bitFlyer公式HPはこちら




ビットフライヤーへの登録方法

それでは、ここからはビットフライヤーで仮想通貨取引をするための登録手順を説明していきます。


ビットフライヤー登録前に準備するもの

まず登録する前に準備しないといけないものがあるので、チェックしていきましょう。

ビットフライヤー登録前に準備するもの
  • メールアドレス
  • 身分証明書(運転免許証など)
  • 銀行口座

この3つがあれば、登録は可能です。 身分証明書について運転免許証がなければ以下の書類でも代替可能です。
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 福祉手帳
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書

ビットフライヤーへの登録手順

    手順1:ビットフライヤー公式サイトへアクセス
    手順2:メールアドレスを入力
    手順3:登録確認メールを開き、URLをクリック
    手順4:メールに記載してあるキーワードを入力
    手順5:利用約款やプライバシーポリシーを読んで同意
    手順6:本人情報の登録画面から氏名、生年月日、住所等を入力
    手順7:本人確認資料(運転免許証など)をアップロード
    手順8:銀行口座情報を登録
    手順9:アカウントクラスがウォレットクラスからトレードクラスになるまで待つ
    手順10:登録した銀行口座から指定口座に送金
    手順11:着金確認次第、ビットコイン取引所からビットコインを購入

登録開始からビットコイン購入完了までは上記11の手順を踏めば購入までたどり着く事ができます。

特に気をつけなければいけないことを、今から説明します。


手順2でメールアドレスを入力する際に、「Facebook」「Yahoo!ID」「Google+」を使ってアカウント作成するボタンがありますができる限り、メールアドレスでアカウント作成することをお勧めします。

「Facebook」「Yahoo!ID」「Google+」を使うと、パスワードを使い回すことになるので、セキュリティ的には危険えす。

万が一、あなたのYahoo!IDがYahoo!やFacebook側の落ち度で情報流出した場合、ビットフライヤーに置いてある全資産を不正に盗まれるリスクが高くなるからです。


手順8で銀行口座を登録する際は住信SBIネット銀行で登録すると便利です。

ネット振込ができない銀行口座を使ってしまうと、コンビニ入金同様に毎回入金の旅に足を運ばなくてはいけなくなるからです。


最後にアカウントクラスが変更されるにはタイムラグがあります。焦らず待ちましょう。あまりにも遅い場合はビットフライヤーへ問い合わせしてみてください。


登録以外に必ずやるべきこと

登録以外に必ずやってほしいことがあります。

それは、「2段階認証」と「パスワード変更」です。


この2つを実施することで、あなたの資産を守れる確率が格段に上がります。

逆にこの2つを実行しないということは、自己資産を盗まれる可能性が高いままということを覚えておいてください。


2段階認証を設定する

2段階認証は設定する前に「Google Authenticator」をインストールしておきましょう。

インストール後、以下の手順で設定をすることが可能です。

    手順1:ビットフライヤーへログイン
    手順2:メニューバーにある設定ボタンをクリック
    手順3:セキュリティ設定をクリック
    手順4:ニ段階認証設定を変更するをクリック
    手順5:認証アプリを使うをクリックし、次へをクリック
    手順6:「Google Authenticator」を起動し、表示されているQRコードを読み込む
    手順7:「Google Authenticator」に表示されている6桁の数字を入力
    手順8:2段階認証を設定するをクリック

手順5で変更内容選択ページ内にある「いつ使用するか」という箇所についてですが、基本はすべてにチェックを入れましょう。どうしても煩わしい場合はチェックをはずしても構いません。


パスワードを変更する

パスワードはWEBサービスごとに全く異なるパスワードを使うべきです。全く同じなのは論外ですが、規則性があったり誕生日や生年月日ではすぐに特定されてしまうので、不連続で規則性がないパスワードに変更しておきましょう。

パスワード生成なら以下のサイトを活用するのがおすすめです。
http://www.luft.co.jp/cgi/randam.php


ビットフライヤーのログインに関わる注意点

ログイン時のトラブルや問い合わせが多発しているようです。事前に知識をつけて、トラブルを回避しましょう。


ビットフライヤーでログインできない

何度もパスワードを入力しログインに失敗すると、不正行為と認識されてしまいます。

もしパスワードを紛失および、忘れてしまった場合は「パスワード再設定」を実施しましょう。


万が一、アカウントが凍結されてしまった場合は、凍結解除フォームにメールアドレスを入力し、手続きを進めてください。

登録番号を使って本人確認後、解除作業を進めてくれます。


ログイン時に配信されるメールを止める方法

ビットフライヤーを使い始めると、初めからログイン時に毎回メールが配信される設定になっています。

これは、不正ログインを察知するためなので、基本的には解除しないことをおすすめします。

しかし、短期トレードなどで頻繁にログインを繰り返すため、煩わしい。設定を解除したいという方は以下の方法で配信メールを解除することが可能です。

ログイン通知メール設定解除方法
    手順1:ビットフライヤーへログイン
    手順2:メニューバーにある設定ボタンをクリック
    手順3:セキュリティ設定をクリック
    手順4:「ログイン通知メールを送る」のチェックをはずす



いかがでしたでしょうか。

この記事を読んで、ビットフライヤーで仮想通貨をはじめてみたいと思った方は以下のボタンから登録作業を始めてみてください。


bitFlyer公式HPはこちら