仮想通貨は値動きが激しく、株や為替よりも大きく価格が動くため価値が2倍、3倍になったということもめずらしくありません。逆に、2分の1、3分の1になってしまうことも。。。


重要なテクニカル分析のひとつである「移動平均線」を使って、チャートを見ている人もたくさんいると思いますが、移動平均線を使ってもなかなかうまく予想ができないと感じている人にとっては、そろそろ新たなテクニカル分析のテクニックを身につける頃合いかもしれません。


移動平均線とともに、重要なテクニカル分析である「ボリンジャーバンド」という指標は聞いた事がありますでしょうか。

移動平均線をさらに進化させ、上昇トレンドの始まりや下落トレンドの終わりを予測するのに有効な指標かつ、ドレンドの上がりすぎ、下落しすぎのサインを見極める事ができる指標となっています。

移動平均線と組み合わせて使う事により、あなたの投資テクニックを数倍レベルアップさせる事ができる指標ともなります。


この記事では、ボリンジャーバンドの使い方をわかりやすく説明していきます。

Zaifチャートを使うだけなので、特に費用もかからず、誰でも簡単にできるので、是非参考にしてみてください。


ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンド(Bollinger band)の歴史は古く、1980年頃にジョン・ボリンジャー氏によって公表されたテクニカル分析方法の1つとなります。

ボリンジャーバンドは以下のチャートにあるように、値動き(トレンド)に沿って、帯のように表示されているのが、ボリンジャーバンドです。

ボリンジャーバンド

移動平均線と同様に、「集計期間」と「価格変動幅」によって算出される指標のため、チャートをなぞるように表示されているのが特徴です。

ボリンジャーバンドの計算式(標準偏差の求め方)は、以下のような方法で求める事ができるのですが、難しい話になるので今回は割愛します。

ボリンジャーバンド計算式

σ=√(期間×期間内の終値の2乗の合計-期間内の終値の合計の2乗) ÷ (期間 ×(期間-1))

今回は、計算式よりもボリンジャーバンドを活用して今後の投資に活かせる方法を学んでいただきたいと思っています。

ボリンジャーバンドは、その形によって今後とるべきアクションが異なるため、基本的な形とその対策をこれから説明していきます。


ボリンジャーバンドの基本的な形は3つ

ボリンジャーバンドの基本的な形は3つしかありません。

その3つとは、こちらです。

ボリンジャーバンドの基本形
  • スクイーズ:バンドの幅が狭くなる
  • エクスパンション:バンドの幅が広くなる
  • バンドウォーク:バンドの端に沿ってローソクが推移する

この3つの形を覚えることで、今後の判断が変わってくるので、一つずつ説明していきます。


ボリンジャーバンドの基本的な形「スクイーズ」

ボリンジャーバンドを全体的に見ると、幅が大きくなったり小さくなったりを繰り返していることがわかります。

スクイーズは、ボリンジャーバンドが小さくなっている時です。

スクイーズ

スクイーズ(squeeze)は英語で「搾(しぼ)る」「押しつぶす」という意味がある単語です。


ボリンジャーバンドがスクイーズの形になったら、一旦投資はストップです。


スクイーズの特徴としては、値動きが狭く細かい上下を繰り返し、スクイーズの後に大きな値動きが発生する予兆であるということです。

つまり、スクイーズの間に投資を開始すると、細かいプラスマイナスを繰り返す可能性が高く、すぐに利益を確保することができません。

投資初心者にこのような状態が続くと、精神的なストレス負荷がかかってしまい、時間も心も削られますのでスクイーズの間に投資を開始することはお勧めできません。


さらに、スクイーズの後は大きな値動きが発生する可能性が高い傾向にあります。

もし、自分が投資していてプラス(利益が出る方)に動いてくれればいいのですが、マイナス(損失の出る方)に動いてしまことも十分考えられ、その場合は大きな負債を抱えてしまうことになります。

投資は、大きな値動きは発生した直後でも遅くはありません。その動きを見てから投資する方法も一つです。

ボリンジャーバンドの基本的な形「エクスパンション」

エクスパンションはスクイーズとは反対に、下図のようにボリンジャーバンドが大きく膨らんだ状態を指します。

エクスパンション

エクスパンション(expansion)は英語で拡張という意味のある単語です。

エクスパンションは膨らみに応じて大きな値動きが起こる可能性がた高くなります。逆に幅が大きくならなければすぐにスクイーズの状態に戻る可能性が高いということです。


察しの早い方であれば、ボリンジャーバンドの特性をすでにご理解いただけているかもしれません。

スクイーズ ▶︎▶︎ エクスパンション ▶︎▶︎ スクイーズ ▶︎▶︎ エクスパンション ▶︎▶︎ スクイーズ ▶︎▶︎ エクスパンション ▶︎▶︎ スクイーズ ▶︎▶︎ エクスパンション ▶︎▶︎ ・・・・・・

というように、スクイーズとエクスパンションを繰り返すという特徴があるのが、ボリンジャーバンドです。

そして、スクーズの長さによっても次に来るエクスパンションの大きさが左右されることもあります。

スクイーズの期間が長ければ長いほど、次に来るエクスパンションが大きくなるとも言われています。


ボリンジャーバンドの基本的な形「バンドウォーク」

バンドウォーク

バンドウォークは、ボリンジャーバンドの縁もしくはバンドの外にローソクが飛び出している状態を意味します。


バンドウォークは、「下落しすぎ」「高騰しすぎ」のサインです。

バンドウォークの後は相場が反発し、下落傾向から急に急上昇したりする可能性が高くなります。(もちろんその逆も然りです。)


そのため、ボリンジャーバンドは底値を予測するのに使われたりします。急激な価格の変化に対応するための指標となります。


ボリンジャーバンドから読み取れる情報まとめ

ボリンジャーバンドの使い方
  • スクイーズ(バンドが小さくなった状態)の時は、とりあえず様子を見ることに集中。無理に投資を開始しない。
  • エクスパンション(バンドが大きくなる状態)の始まりを見極めて、投資開始のサインを見逃さないこと。バンドの幅に注目し、トレンドの強さをチェックしながら、利確するポイントも同時に見極める。
  • バンドウォーク(バンドからローソクが飛び出てる状態)になったら、急な相場の反転に注意。底値を見極めて、投資開始のポイントを探そう。

ボリンジャーバンドはあくまで指標のひとつ

投資において、値動きを予測する方法は大きく分けて2つあります。

その2つとは「ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析」です。

ファンダメンタル分析とは

ファンダメンタル分析とは、企業やプロジェクトの財務諸表や経営手法、競争優位性、市場動向などから今後の値動きを分析する手法です。

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは、過去の値動き(チャート)からドレンドやパターンを読み取り、今後の値動きを分析する方法です。

テクニカル分析はさらに細かく分ける事ができ、体系的な表にすると以下のようになります。

投資指標一覧
分類1 分類2 指標
テクニカルトレンド系移動平均線、ボリンジャーバンドなど
オシレーター系MACD、RSI、ストキャスティクスなど

指標のことをインジケーターとも言いますが、様々な指標(インジケーター)を使いこなすことで、テクニカル分析はより精度が増します。

ボリンジャーバンドも駆使して、より楽しい投資ライフを実現しましょう。


Zaifチャートでボリンジャーバンドを使う方法

それでは、Zaifチャートにボリンジャーバンドを表示させる方法をご説明いたします。
ボリンジャーバンドの設定手順(Zaifチャート)
    手順1:まずは、Zaifのページにアクセスします。

Zaif取引所公式ホームページはこちら




    手順2:画面上のタブにある取引というボタンを押せば、チャートが開きます。

スマートフォンであれば、画面右上のメニュータブを開くと取引と言う文字も表示されますので、そちらをタップしてください。


    手順3:インジケーター(グラフのようなマークが描いてある)ボタンをクリックすると検索画面が出てきます。
    手順4:虫眼鏡の横に「ボリンジャーバンド」とカタカナで入力すると、検索候補が下に表示されます。
インジケーター
    手順5:ボリンジャーバンドをクリックするとチャートにボリンジャーバンドが追加されます。

手順3と4を繰り返すことで、複数のボリンジャーバンドを表示させることができます。


ボリンジャーバンドは、シグマの値と期間で確率が決まる

さきほど、ボリンジャーバンドを複数表示させる方法を説明しました。


なぜ、複数出す必要があるのかと思っている方もいらっしゃると思います。

複数出す理由は、ボリンジャーバンドの大きさによって、予測される確率が変わるからです。

ボリンジャーバンドは幅が大きければ大きいほど、バンド内をはみ出す確率が低くなり、小さいとその枠をローソクが超えやすくなります。

これからバンドの大きさとその確率について説明していきます。


ボリンジャーバンドには、σ(シグマ)という標準偏差値が存在します。

あまり難しい話をしてもしょうがないので、簡単に説明すると、ボリンジャーバンドの大きさを表す数値と覚えておいてください。

σ(シグマ)の値が±1、±2、±3と大きくなれば、ボリンジャーバンドの幅も大きくなります。

そして、この中でよく使われるのは±2です。


Zaifチャーとに当てはめると、「muit」という値で調整可能です。

インジケーター2

lengthは集計期間の長さとなるので、9日、20日、25日から設定するのが主流です。

±1、±2、±3の大きさでどの程度確率に差がでるかというと、一般的には以下のように言われています。

標準偏差と確率
標準偏差値 確率
±1σ(シグマ)内に値動きが収まる確率68.3%
±2σ(シグマ)内に値動きが収まる確率95.5%
±3σ(シグマ)内に値動きが収まる確率97.7%

標準偏差が±1から±2にあがるだけで確率がかなり上がるのがわかりますでしょうか。設定は±2を使う事をおすすめします。

短期トレード、長期投資など、それぞれの状況に合わせながら、使い分ける事で効果を発揮しますので、ご自身の投資方法に応じた使い道を探ってみてください。


以上でボリンジャーバンドの説明が終了です。

わかりにくいところはなかったでしょうか、まずは試しに使ってみるのが一番おすすめです。

使っていくうちにご自身の力となるはずです。

また、チャートを見るのになれてこれば、実際に投資を始めてみるものいいと思います。


Zaifで気になるコインに投資をしてみましょう。


Zaif取引所公式ホームページはこちら