ビットコインキャッシュを購入するならZaif一択

Googleで「ビットコインキャッシュ 取引所」と検索すると、各社Google検索に上位表示するAdwords広告で集客を図っており、たくさんのビットコインキャッシュを取り扱う取引所が並んでいます。

BCH検索結果

2018年4月時点、日本でビットコインキャッシュを取り扱っている仮想通貨取引所はこちらです。

  • ビットフライヤー(bitFlyer)
  • ビットバンク(bitbank)
  • ザイフ(Zaif)
  • コインエクスチェンジ(QUOINEX)
  • GMOコイン
  • DMMBitcoin
  • ビットポイント(BITPoint)
  • ビットボックス(BTCBOX)
  • ビットトレード(BitTrade)

コインチェック(Coinckek)やみんなのビットコインなど、仮想通貨交換業者の登録が完了していない企業については、今回はリストから省いています。


結論から言いますと、私がビットコインキャッシュを購入するなら取引所はZaif(ザイフ)一択です。


Zaif取引所公式ホームページはこちら




Zaifを選ぶ理由は以下の2つ理由です。

Zaifを選択する理由
  • 板取引で購入できる
  • 手数料が安い

ビットコインキャッシュを取り扱っている取引所で、ビットコインキャッシュの板取引を採用している取引所は「Zaif(ザイフ)」と「Bitbank(ビットバンク)」のみです。

海外の取引所では板取引が当たり前となっていますが、日本の仮想通貨取引所では、板取引よりも、販売所と言われる売り方が主流となっています。

板取引と販売所では、何が違うのか、どうして板取引の方がおすすめなのかを、これから説明していきます。


板取引とは

仮想通貨には、株式市場と同様に板情報というものが存在します。

以下の画像のように、売値と買値の値段と数量が並んでいるものを意味します。

BCH板情報

上図は、Zaif取引所内にあるビットコインキャッシュの板情報となります。

売値と買値は注文を出しているユーザに決定する権利があります。今回のタイミングであれは、1224,480円〜123,270円の価格帯で売値がだされているので、同額の買い注文を出して、合致する相手がいれば直ちに取引が成立する仕組みとなっています。

板情報に記入されている金額とかけ離れた金額で注文を出すことも可能ですが、相手が不利となる金額では、注文を出す人があわられず取引が成立しない可能性が高くなります。


販売所はユーザにとって、めちゃくちゃ不利な仕組み

板取引に対して販売所というのは、価格を決めるのはユーザではなく「取引所」が決めて取引を行うことを言います。

以下はビットフライヤー取引所内にあるビットコインキャッシュの販売所の画面です。

BCH販売所

先ほどZaifの板情報とほぼ同時刻に撮影したのですが、価格に大きな違いがあるのがお分かりいただけるでしょうか。

購入価格がZaif(売値)では、1224,480円〜123,270円だったのに対して、ビットフライヤーの販売所では131,016円となっています。Zaifの最高値と比較しても、7,746円の差が生まれています。


ビットフライヤーに限らず、どこの仮想通貨取引所でも販売所を運営する場合では、板情報よりもユーザにとって不利な値段設定となっています。

なぜ、このようにユーザにとって不利な値段設定にしなければならないかというと、それは取引所が急激な価格変動のリスクを回避するためというのがもっともな理由の一つです。


わかりやすく説明するために、極端な例をあげます。

たとえば、突然ビットコインキャッシュの価格が急騰し、ビットフライヤーの販売所の価格が相場との連動に追いつかず、相場と価格差が100万円分も出てしまった場合、情報収集が早い投資家が販売所で大量のビットコインキャッシュを購入し、取引所(板取引)で売ってしまうと、販売所を提供しているビットフライヤーは大きな損失を被ることになります。

このようなリスクを回避するために、あえてユーザにとって不利な価格帯まで広げている理由があります。


つまり、販売所はユーザにとって不利なことは間違えありません。しかし、取引所もそれなりのリスクをとって儲けているという事にもなります。


Zaifは手数料も安い

板取引ができるZaifとbitbankの手数料を比べてみると以下のようになります。

Zaifとbitbankの手数料を比較
項目 Zaif bitbank
入金手数料振込手数料のみユーザ負担
送金手数料0.001BCH
売買手数料無料
出金手数料350円/756円(50万円以上)540円/756円(3万円以上)

手数料に関しては、両者ともほとんど変わりがありません。唯一、出金手数料においては50万円未満の現金(日本円)を出金するときにかかる費用がZaifの方が安いという事です。



Zaif取引所公式ホームページはこちら




他にもザイフがおすすめな理由はこちらに記載してます。

関連記事:仮想通貨取引所選び、比較のポイント

ビットコインキャッシュがおすすめな理由

ビットコインキャッシュは、ビットコインのハードフォークによって派生したコイン(仮想通貨)です。

主な特徴としては、データをまとめるブロックのサイズが8MB(ビットコインの8倍)という事です。ブロックサイズが大きい事でより多くの取引を処理する事ができるのと、手数料が安くなる(正確には高くならない)というメリットが生まれます。


ビットコインとビットコインキャッシュは、それぞれ違うアプローチ方法で送金遅延の解消や手軽さ、送金コストの安さを目指しています。

2018年において、仮想通貨市場ではビットコインよりもビットコインキャッシュが世の中を変えると思っている人が多いようです。


その代表格が、ビットコイン神様と言われ、Bitcoin.comを運営するRoger Ver氏です。

詳しくは、以下の記事もにまとめていますので、参考にしてみてください。

関連記事:2018年5月にハードフォークするビットコインキャッシュ(BitcoinCash)の動向を考察

ビットコインキャッシュを利用できるお店

ビットコインキャッシュで決済ができる店舗が続々と増えてきています。有名なところでいうと、「炭火焼肉たむら」



また、東京の学芸大学駅近くにある「BARゴールデン」もビットコインキャッシュで決済ができるお店の一つです。



他にもまだまだビットコインキャッシュで決済できるお店はたくさんありますし、今後広がっていく事でしょう。

こういったバーや飲食店へ友達を誘って行ってみてください。そこで、仮想通貨決済を試してみるものクールでかっこよくなれると思います。


事前にビットコインキャッシュを購入すなら、冒頭でご説明した通りZaifがおすすめです。

新しい決済を試してみてください。


Zaif取引所公式ホームページはこちら