もくじ(コンテンツ)








ビットコインキャッシュ(BitcoinCash, BCH)とは

ビットコインキャッシュ(通称BCH)とは、仮想通貨のビットコインから生まれた仮想通貨です。

ビットコインのシステム開発に携わっている世界中の人たちの中でスケーラビリテの問題をきっかけに意見が対立するようになり、ビットコインとビットコインキャッシュ2つのビットコインが誕生したと言われています。

スケーラビリティの問題とは、簡単に説明するとビットコインを利用する人が急激に増えた場合にビットコインの送金手数料が高騰し、送金速度も遅くなるという問題です。

詳しくは以下の記事も参考にして見てください。

関連記事:仮想通貨ビットコインのスケーラビリティ問題とは

ビットコインキャッシュ側の人々は、現状のビットコインよりも送金手数料を安くして世界中だれもが決済に利用しやすい仮想通貨を作ろうという意見をもっています。


Bitcoin保有者に無償で付与

ビットコインキャッシュは2017年8月1日に誕生しました。

各仮想通貨取引所が対応しビットコインを保有している人に対して1:1の割合でビットコインキャッシュを付与しています。

つまり2017年8月1日以前にビットコインを保有していれば、ビットコインキャッシュを無料でもらうことができたということになります。

>

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の違い

ビットコインとビットコインキャッシュは開発チームが分かれているため、異なる点もあります。

以下の比較表をみていただけるとわかりやすいです。

BTCとBCHの比較表
項目 BTC BCH
公開日2009年1月2017年8月
通貨単位BTCBCH
発行上限2,100万枚
アルゴリズムPoW
ブロック生成時間10分
ブロックサイズ1MB32MB
採掘難易度NDADAA

ブロックサイズの違い

ビットコインとビットコインキャッシュの大きな違いは、比較表を見ても分かる通り「ブロックサイズの違い」です。

ビットコインのブロックサイズが1MBなのに対して、ビットコインキャッシュは32MBのブロックサイズを持っています。

ブロックサイズが大きいことで、取引処理が早くなるというメリットが生まれます。

たとえば1万回分の取引処理を1MBに収められるとして、100万回分の取引処理をビットコインとビットコインキャッシュそれぞれで実行した場合にかかる時間を比較して見ましょう。

ビットコインは10分に1MB分の取引を処理することができるので、100万回の取引処理をするためには16時間40分かかる計算になります。

    10分間 × 100MB / 1MB = 1,000分(16時間40分)

対して、ブロックサイズが32MBのビットコインキャッシュは100万回の取引処理を40分で完了することが可能です。

    10分間 × 100MB / 32MB = 32分

上記の計算式では32分となりますが、ブロック生成は10分間隔で行われるため、32分で完了するはずの取引処理は次の10分である40分に完了するという仕組みになります。


送金手数料が安いビットコインキャッシュ

ビットコインに比べて、ビットコインキャッシュの方が取引処理が早いということをご理解いただけたと思います。 しかし、取引処理が早いというのは同時に取引にかかる送金手数料を下げる効果もあります。

ビットコインもビットコインキャッシュも送金手数料を高く設定して取引をすると、取引手数料を安くした取引よりも優先して取引を実行するという仕組みになっています。

つまり、急ぎで取引処理を完了させたい場合は手数料を高額にすればするほど早く取引が完了するということです。

ビットコインやビットコインキャッシュを使う人が増えれば増えるほど取引処理は遅くなるため、ある程度の利便性を確保するためには手数料を上げなければいけないこともでてきます。

ビットコインキャッシュではブロックサイズを大きくすることによって取引速度を早めることによって、手数料の高騰を抑えることができています。


Youtubeのホリエモンチャンネルでロジャー氏がアシスタントの寺田有希さんにビットコインキャッシュを送る動画が公開されています。



ビットコインキャッシュのデメリット

ビットコインキャッシュは送金も早くて手数料も安いというメリットがありますが、実はデメリットもあります。

直接利用者にとってのデメリットではないのですが、マイニングの採掘難易度が高いというデメリットです。

ビットコインキャッシュのマイニングシステムににはDAA(Difficulty Adjustment Algorithms)という10分間隔で採掘難易度が調整される仕組みが導入されています。

需要に対してのハッシュレートのレスポンスが早く、思うようにマイニングの成果が出づらいというデメリットが発生します。


ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)のハードフォーク

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインのハードフォークによって生まれた仮想通貨です。

その他にもビットコインゴールドやビットコインダイヤモンドなどハードフォークによって数々の仮想通貨が生まれたことにより、ハードフォークは仮想通貨が分裂することと間違って理解している人も多いかもしれません。

ハードフォークは大規模なシステムアップデードを意味します。

必ずしも別の仮想通貨を生み出すことではありません。

ビットコインキャッシュは2018年8月以来いくつかのハードフォークを繰り返すことで現在の仕様までたどり着きました。


2017年8月1日のハードフォーク内容

2017年8月1日に行われたハードフォークで初めて世の中にビットコインキャッシュが誕生しました。

ビットコインキャッシュはブロックサイズが1MBから8MBへと変更され、今までよりも大規模な取引を処理することができるようになりました。


2018年5月15日のハードフォーク内容

2018年5月15日(正確にはMedian Time Past1526400000時点)のハードフォークでは、以下のアップグレードが行われました。

アップデート内容
  • デフォルトのブロックサイズ制限を増加
  • 取引注文のコンセンサスルールを削除
  • 改良された難易度調整アルゴリズム
  • 一部の非アクティブ化されたオペコードを再アクティブ化
  • プロトコル拡張ポイントの追加


2018年5月にはビットコインキャッシュのブロックサイズが8MBから32MBへ変更し、ビットコインと比べると32倍のブロックサイズとなりました。


2018年11月15日のハードフォーク内容

2018年11月15日(正確にはMedian Time Past1542300000時点 )にアップグレードされる内容は以下の3点です。

アップデート内容
    項目1:オラクルとクロスチェーンの利用を可能にする(外部ブロックチェーンからのメッセージ検証を可能にするスクリプト言語の改善)
    項目2:スケーリング用の基盤となる取引注文を導入
    項目3:その他いくつかの小さな技術的修正と改良

BicoinABCから発表されている内容の原文は以下のURLから確認することができます。

BitcoinABC:Announcing Bitcoin ABC 0.18.0

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)の将来性

ビットコインキャッシュの最優先事項は取引にかかるコストを限りなくゼロに近づけ、世界中の多くの人々に利用されることです。

2017年に起きた仮想通貨の爆発的な需要によって、送金に関する問題が明らかとなった際にビットコインキャッシュは迅速に対応し続けています。

実際にプロダクトをリリースしているということは、通貨の信頼性をあげる上では最も有効な方法です。

2017年8月から1年3ヶ月の間に「即時承認」と「スケーリング」を目標にしながら三回ものハードフォークを実施したことはかなり優秀です。

その結果、ビットコインよりもビットコインを支持する人が増えています。



上記のYoutubeチャンネルではビットコインの神様(ビットコイン・ジーザス)と呼ばれるRoger Ver氏がこう語っています。

「ビットコインは高い手数料がかかってしまう。そして、ライデンネットワークの構造は大規模に接続されたハブの周りに合体するため、取引承認の影響を受けやすく、あまり役に立たない。」


ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)の使い方

ビットコインキャッシュを決済方法として導入している日本企業が実は結構あります。

大阪市浪速区にあるosarucoffeeでは本格的なコーヒーをBCH決済で楽しむことができます。

芸人のたむけんさんでおなじみの焼肉店でもBCHで決済することができますし、仮想通貨決済できるお店はどんどん広がっています。

関連記事:仮想通貨NEM(ネム)で決済できるお店一覧

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)のチャート

BCHチャート

ビットコインキャッシュは過去二回(2017年8月と2018年5月)のハードフォークで大きく相場を変動させる要素となっています。

2018年11月のハードフォークでも相場に期待感が集まり、10月30日毎から価格が上がり始めています。

しかし、過去二回の値動きを参考にするとその後下がる傾向にあるため、短期トレードで儲けようと考えている人にとっては注意しなければいけない相場となります。