今回はイーサリアムを賢く購入する方法について、解説していきます。

まだ仮想通貨やイーサリアムについて、理解できていない場合は以下の記事がおすすめです。

関連記事:仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の仕組み、相場、取引所をわかりやすく解説
関連記事:イーサリアム(Ethereum)とは?スマートコントラクトやDAppsをわかりやすく解説

イーサリアムを購入できる仮想通貨取引所一覧

2018年現在では、仮想通貨取引所では、ビットコイン同様にイーサリアムも扱っていることがほとんどです。

ビットコインに続いて時価総額が2位となっており、スマートコントラクトなどのイーサリアムの技術はビットコインよりも期待されていると言われています。


そんな中、日本の仮想通貨取引所でイーサリアムを取り扱っている取引所を以下の表に並べてみました。

イーサリアムが購入できる日本の取引所(1)
取引所 取引通貨ペア
bitFlyerETH/JPY
Zaif
GMOコイン
DMMBitcoin
bitbankETH/BTC
BitTrade

上記の表にある取引所はすべて金融庁に認可されている取引所となります。
(2018年4月時点でコインチェックは金融庁の認可が降りていないので、表からは除外しています。)


表の右側に「取引通貨ペア」という項目を設けました。

取引通貨ペアは、イーサリアムをどの通貨で交換できるかということを意味します。「ETH/JPY」は日本円と交換可能で、「ETH/BTC」はビットコインと交換する事が可能ということになります。

つまり、日本円でイーサリアムを購入できるのは表の上部にある4社のみということになります。


イーサリアムを日本円で購入する事とビットコインで購入する事の違い

先ほどイーサリアムを購入する方法は2通りあり、1つは日本円で購入する方法。もう一つは、ビットコインで購入する方法があると説明しました。

もし、仮想通貨に関わる税制をまだご存じない方は、ビットコインでイーサリアムを購入するのは一旦ストップしてください。

というのも、日本円でイーサリアムを購入する場合は一切税金はかかりませんが、ビットコインでイーサリアムを購入する場合は利益額に応じて税金を納める必要がでてくるからです。


2018年4月時点での税制では、仮想通貨で物(商品)や他の仮想通貨を購入した時には利益額に応じて税金を納める必要があります。知らずに購入してしまうと後で税金が払えなくなる事も。。。非常に強いので、以下の記事を読んで税金について勉強しておきましょう。

関連記事:仮想通貨持ったら、税金について知っておくべきこと

ともかく、仮想通貨投資素人がイーサリアムを購入する時は、迷わず日本円で購入するようにしましょう。


イーサリアムは取引所ごとで価格が違う?

イーサリアムが購入できる日本の取引所(2)
取引所 買値 売値 スプレット
bitFlyer77,652円72,030円5,622円
Zaif71,795円71,525円270円
GMOコイン73,708円69,208円4,500円
DMMBitcoin76,168円69,792円6,376円
bitbank0.073118BTC0.072600BTC0.000518BTC
BitTrade0.074699BTC0.070860BTC0.003839BTC

先ほどご説明した「イーサリアムが購入できる日本の取引所」という表に売値と買値を追加しています。

これらを見ると、同じ仮想通貨(イーサリアム)にもかかわらず各取引所によって取引されている値段が異なります。


例えば、Zaifでは1ETH=71,795円で購入できるのに対して、ビットフライヤーではその6,000円高い77,652円で販売されています。

だからとって安いところで購入するのが一番お得かというとそうではありません。

仮想通貨を売買するためには幾つかの手数料も加味しなくてはいけないのです。


アービトラージ

投資にはアービトラージという方法で利益を出す方法があります。

アービトラージを例えるなら、Zaifで1ETH=71,795円で購入し、ビットフライヤーで1ETH=72,030で売却する事によって、その差益で儲ける方法の事を言います。

もちろん、アービトラージも手数料などを加味しなければならないので、以下のような方程式に当てはめてプラスになる場合のみ有用な取引方法です。


「売却額 ー 購入額 ー 手数料(入金、売買、送金にかかる手数料) ー 税金 = 利益がでる」

アービトラージの詳細は以下の記事にまとめているので、参考にご覧ください。

関連記事:仮想通貨価格が安定するアービトラージ(裁定取引)

イーサリアム購入にかかる仮想通貨取引所の手数料比較

4社のイーサリアム購入にかかる手数料およびスプレット比較を以下の表にまとめました。

イーサリアム購入にかかる手数料比較
取引所 送金手数料 出金手数料 スプレット
bitFlyer0.005 ETH540円/756円(3万円以上)5,622円
Zaif0.01ETH〜350円/756円(50万円以上)270円
GMOコイン無料4,500円
DMMBitcoin0.001ETH無料6,376円

上記4社とも入金手数料と売買手数料に関しては、無料でしたのであえて表からは省いて、送金手数料、出金手数料、スプレットの3つの項目で比較していきます。


もっとも注目するべきは「スプレット」になります。


ユーザは仮想通貨を買ってから売るというところまでが取引と考えた場合、売値と買値の間に生じた価格差はユーザが負担しなくてはなりません。

スプレットとは、売値と買値の差のこととなるので、実際にはユーザが負担するべき費用として取引所を比較する必要がります。


上記の表を見るともっともスプレットが小さいZaifと2番目にスプレット幅が小さいGMOコインとの差は、4,230円もの差が開いている事がわかります。

右の手数料とは比べ物にならないくらい高い費用がスプレットによって発生している事を考えると、ユーザがもっとも安くイーサリアムを手にいれる事ができるのはZaifという事になります。


Zaif公式HPはこちら




イーサリアムの相場、最低購入単価はいくら?

2017年のイーサリアム相場は、1ETH=880円(2017年1月1日)から1ETH=80,800円(2017年12月30日)を記録し、91倍もの成長を遂げました。その後、2018年1月15日には1ETH=15万円と史上最高記録を更新しました。


仮想通貨に対してあまり知識がなく、相場ニュースだけを耳にしている方々からするとイーサリアムを購入するのに10万円、15万円といったまとまったお金が必要となると思われる方も多くいらっしゃるとおもいます。

しかし、実際にはそんなに大きな金額を用意しなくてもイーサリアムは購入することができます!

イーサリアムに限らずほとんどの仮想通貨は最低購入単価がものすごく低く設定されているので、安心してください。


日本で最もビットコインの取引量があるビットフライヤーとZaifでイーサリアムの購入金額を見ていきましょう。

イーサリアムの最低購入単価
項目 bitFlyer Zaif
最低購入単価0.00000001 ETH
(小数点第8位まで)
0.0001ETH
(小数点第4位まで)
最低購入単価
(1ETH=10万円の場合)
0.001円10円

上記の表にあるように、Zaifでは1ETHの相場が10万円の場合、10円単位でイーサリアムを購入する事ができます。たった10円でもイーサリアムを購入する事ができるのですが、なんとビットフライヤーではその1000分の1の単位で購入する事が可能です。

つまり、100円でも千円でも1万円でも好きな単位でイーサリアムを購入する事ができます。

もし、10万円とかまとまった金額がないと購入できないというような認識をされていた方であれば、今後は認識を正しておきましょう。


イーサリアム購入は海外取引所もおすすめ?

最後に海外の取引所について書いていきます。


中国のバイナンスやOKExなど、海外の取引所がかなり人気で登録を勧める気がたくさん目立ちますが、海外取引所の1番の魅力は、日本の取引所では扱っていない銘柄が豊富な事です。

海外の取引所は手数料が安いなど謳っている記事もありますが、Zaifの方が安かったりするので手数料の魅力はありません。

つまり、イーサリアムを購入する目的であれば、海外取引所に登録する必要はありません。


海外取引所のデメリットもあります。

1つは、英語や中国語でコミュニケーションが取れないと問い合わせができないということです。

誤送信やシステム不具合など不運に当たってしまった時に、対応する事がほどんどできません。(資産が減っても泣き寝入りするしかなくなります。)


また、海外取引所は日本の取引所と比べて、本人確認審査が通りにくい傾向にあります。数ヶ月待たされたという事も珍しくありません。

本人確認が通らなければ取引量も制限されるので、日本の取引所と比べると非常にクオリティが低く感じられます。


どうしても欲しい仮想通貨が海外の取引所にしかないという理由以外で無理に海外取引所を使うのは控えておくべきです。