マイニングプールとは

マイニングプールとは、マイニングという作業を大規模に行う集団、組織、施設のことを意味します。


日本の企業でいうと、GMOインターネットがマイニング事業に乗り出し、2018年現在ですでに黒字化していると各メディア社が報道をしています。

しかし、世界にはGMOインターネットよりも大規模かつ効率的にマイニング事業を行う組織である他のマイニングプールが存在しますので、そららも含めてマイニングプールの全容を確認していきましょう。


マイニングとは

マイニングプールの概要をしるために、そもそも「マイニング」とは何でしょうか。


マイニングとは

ネットワーク内でAというアカウントからBというアカウントに仮想通貨を送金する時、その処理を検証・取引承認し、報酬を得ること。

仮想通貨を代表するビッットコインのマイニングでいえば、大量の計算処理を行うことで取引承認をする権利が与えられ、報酬がもらえる仕組みになっています。

つまり、仮想通貨ブロジェクトごとに求められる義務を提供することで、ネットワーク側からその権利と報酬を受け取ることをマイニングと呼んでいます。


ビットコイン以外でも、イーサリアムやXPと言われる仮想通貨でマイニングをすることができます。

しかし、基本的にマイニングというと、仮想通貨市場で最も価値の高いビットコインのマイニングを意味する(利用する)ことがほとんどです。


マイニングプールの仕組み

マイニング自体はここのノード(コンピュータ端末)で行うことができるので、やろうと思えば個人でもビットコインのマイニングに参加することが可能です。

これを見てくださっている方々も、マイニングに必要なPCと計算用のコンピュータチップ、電源があれば今日からでもマイニングに参加できます。

世界中の誰でもネットワークに参加できるという考えが仮想通貨を代表するビットコインの考え方の一つとも言えます。


しかしながら、ビットコインのマイニングをする人たちが増えても減っても、それらの増減にかかわらず、ビットコイのネットワークからビットコインマイナー(ビットコインのマイニングをする人たち)に与えられる報酬の総量は変わりません。

つまり、ビットコインマイナーが増えれば増えるほど、マイニングは報酬の奪い合いになるということです。


では、どのようにしてマイニング競争に勝ち、より多くの報酬を得ることができるようにするかということになりますが、ビットコインの場合はその方法についても明確です。


ビットコインは計算能力が早ければ早いほど、報酬を得やすシステムになっているので、個人や企業が持っているコンピュータマシンを全部1つのところに集めて、コンピュータをすべて連結させて、大きな計算処理能力のあるマシンを作ってしまえば、他の個人や企業が太刀打ちできない規模のマイニングを行うことが可能となります。

マイニングは個人でやるよりも集団で大きな計算力を作って実行する方が、圧倒的に効率がいいということです。これが、マイニングプールが作られる大きな理由です。


そして、大規模な計算処理を行うコンピュータマシンがあると、電気代も比例してかかることになります。

そのため電気代の安い地域は、ランニングコストを抑えられるので、長く高い計算力を保持できることになります。

「高性能マシンが集まり」「電気代が安い」という条件が揃うのが、中国になります。


ビットコインマイニングプールのハッシュレート分布

ビットコインマイニングプールのシェア率を見るには、ハッシュレート分布がおすすめです。


ハッシュレートとは

ハッシュレートとは、マイニングマシンの計算力を測定する単位を言いします。

たとえば、1秒間に1,000ハッシュの計算であれば「KHs/s」と表記し、100万ハッシュであればMHs、10億ハッシュであれば、GHsと表記します。

ハッシュレートは、日本語に訳すと「採掘速度」となります。


では、早速ビットコインのハッシュレートを見てみましょう

ハッシュレート分布

上記の表は、blockchain.infoで確認することができます。


BTC.com(シェア率:22.6%)

BTC.comはBitmainが運営するマイニングプールです。

Bitmainの本拠地は中国の北京にあり、BTC.comだけでなく世界シェア4位のAntPoolも運営しています。


Bitmainだけでなく、他のシェア率の高いマイニングプールのほとんどが中国となっているのですが、それには理由があります。

さきほどマイニングプールの仕組みでも記述したとおり、中国にはコンピュータチップを作るメーカー(企業)が集結しています。

中国は世界最高のスーパーコンピュータ技術でもアメリカや日本よりも群を抜いています。もちろんマイニングマシン専用のコンピューターチップを設計するのも得意ということになります。

さらに中国は石炭などの資源により、電気代を安く提供できる環境があるため、より永続的に少ないコストでマイニングを実施することが可能となり、これだけのシェアが獲得できるという仕組みとなっています。


マイニングプールへの参加

さきほどのハッシュレート分布をご覧いただいたように、マイニング競争はもうすでに決着がついているかもしれません。

もしここからこの構造が覆ることがあれば、効率のよい量子コンピュータが普及することです。スーパーコンピュータをも超える計算処理を出せるマシンがあれば、覆る可能性はありますが、大きな組織でも量子コンピュータを開発できるかはわかりません。

個人でマイニングに参加して利益を得ることを考えられるのであれば、かなり無謀な賭けとなります。


去年よりGMOがマイニング事業を始動していますが、2018年8月から開始し、2年間で500万ドル+管理手数料(電気代、土地代、設備メンテナンス費)が参加費となっています。

かなり参入の壁は高そうです。


クラウドマイニング

どうしても参加したいという人は、クラウドマイニングという参加方法があります。

クラウドマイニングとは、マイニング事業を行っている企業に対して、投資をすることでマイニングで得た利益を還元してもらうというものです。


要は、投資です。


クラウドマイニングは、マイニング事業を利用した、企業投資になります。

マイニングと比較した場合の利点は、以下のようなものがあります。

  • 初期投資や日々の電気代を気にしなくてもいい

  • マイニングに関するスキルがいらない

  • 個人でやるよりもマイニングできる可能性が高い


  • ついでに、デメリットとしては、こんな感じです。

  • マイニングできる量がそもそも少ない上に、投資家すべてに報酬を分け合うとのさらに少なくなるので、リターンは微量となる可能性が高い。

  • これから参入者が多くなることと、ビットコインの採掘難易度が上がるため、続ければ続けるほど赤字、もしくは儲からない可能性がある。

  • クラウドマイニング事業を行っている会社が倒産するリスクがある


  • 個人的にはマイニングはかなり厳しいかなと思っています。

    マイニングよりも、仮想通貨を持っている方がいい気がしました。