ペーパーウォレットとは

ペーパーウォレットとは、アドレスと秘密鍵の2つをQRコードで紙に印刷した仮想通貨ウォレットのことです。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは、ネット上でアドレスを取得したら、印刷して折りたたんで保管しておきます。

仮想通貨を送信もしくは入金したいときだけQRコードを読み取ってネットに接続しながら利用します。


ペーパーウォレットのメリット

ペーパーウォレットを用意するための費用がほとんどかかりません。

ハードウォレットであれば、本体代1万5,000円はするかと思いますが、ペーパーウォレットを用意するための費用は印刷代くらいです。

印刷代くらいしかかからないので、複数作成して保存しておくことも簡単にできてしまいます。

加えて、ペーパーウォレットはオフライン上で管理するため、ハッキングやコンピュータウィルスによる感染を受けることがありません。

ペーパーウォレットのメリット
  • 費用がかからない
  • 分散管理しやすい
  • オフラインでハッキングを受けない

ペーパーウォレットのデメリット

ペーパーウォレットは、現在の技術では仮想通貨の種類ごとにウォレットを用意する必要があります。

つまり、BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH(イーサリアム)の仮想通貨をペーパーウォレットに保存する場合、3枚のウォレットを用意する必要があります。

ハードウォレットであれば1台で管理できることですが、ペーパーウォレットは仮想通貨の種類が増える分だけ枚数を増やさなければいけないため、保管するのにかさばってしまいます。。

ペーパーウォレットを利用するには専用のアプリでアドレスと秘密鍵を読み取る必要があります。

読み取る際は、その仮想通貨に対応したアプリを利用しましょう。

違う仮想通貨同士のアドレスを使ってしまうと、誤送信や資産喪失につながります。。

また、ペーパーウォレットは秘密鍵を端末に読み込まないと作動しないため、基本的には1度使ったら、あまった分は別のアドレスに保管するのが一般的です。

秘密鍵を第三者が読み取ることになるので、そのままのアドレスを使うのは危険です。(自分のパソコンで利用する場合もキャッシュにデータが残るので、キャッシュクリアはもちろんですが、基本的に2回以上利用することはおすすめできません。)

つまり、ペーパーウォレットは1回ごとに使い捨てて利用するということになります。

ペーパーウォレットのデメリット
  • 管理が煩雑になる
  • 送信ミスが起こりやすい
  • 使い捨てが面倒

秘密鍵(数十桁の文字列)をそのまま紙に書き写しておくことも可能ですが、QRコードでなければ横込めないアプリがほとんどのため、送金をするときには秘密鍵を手入力することになり、さらに手間がかかってしまいます。


ペーパーウォレットの作り方

ペーパーウォレットは仮想通貨によって利用するアプリ、サイトが異ります。

ペーパーウォレットを利用する際は公式のブログやお知らせなどから、検索することをおすすめします。


リップル(XRP)のペーパーウォレット

以下のサイトでは、リップル(XRP)のペーパーウォレットを作ることができます。

bithomp:bithomp.com

作業は簡単です。

「PRINT(印刷)」ボタンの横にある「GENERATE NEW(新しいものを生成する)」というボタンをクリックすると、押すたびに新しいアドレスと秘密鍵を生成してくれます。

新しいアドレスと秘密鍵を作成後、印刷ボタンを押して、紙に2つのQRコードを出力します。

紙が出力されたら折りたたんで、ウォレットを完成させましょう。

この時点では、ウォレットは完成していますが、中身が空の状態です。

ペーパーウォレットに資産を入れるには、自己資産があるウォレット(取引所やハードウォレットなど)からペーパーウォレットに送金する必要があります。

ペーパーウォレットに送金するときは、スマホアプリでQPコードを読み取るか、アドレスをそのまま入力すれば送金は完了します。

送金の時にペーパーウォレット側の秘密鍵は使いません。逆に、送金時に秘密鍵を求められるサービスがあればそればそのサービスは利用しないほうがいいでしょう。

ペーパーウォレットへの送金が完了したら、エクスプローラーで残高を確認してみましょう。

bithomp:XRPエクスプローラー

資産が格納されていれば、あとは秘密鍵が盗まれないように大切に保管しておいてください。

ペーパーウォレットは紙なので、水や火の近くは極力避けましょう。

ペーパーウォレット作成手順
  • 手順1:「GENERATE NEW」を押して、新しいアドレスを作成
  • 手順2:「PRINT」を押して、アドレスと秘密鍵を印刷する
  • 手順3:印刷されたペーパーウォレットを折りたたむ
  • 手順4:取引所や別のウォレットからペーパーウォレットに送金する
  • 手順5:ペーパーウォレットの残高を確認する
  • 手順6:残高確認後、大切に保管する

ペーパーウォレットの使い方

ペーパーウォレットは資産を長期保存するのに向いています。

ペーパーウォレットで決済するのには不便な面がたくさんあるため、基本的には持ち運んだりせずに、大切に保管しておきましょう。


ペーパーウォレットの残高確認

仮想通貨ウォレットの残高を確認する場合、アプリや専用サイトにパスワードや秘密鍵を使ってアクセスしますが、ペーパーウォレットでこの方法を使うと、パソコンやスマホに秘密鍵の情報が残ってしまうので、基本的にはやりません。

ペーパーウォレットの残高を確認するにはエクスプローラーを使うのがオススメです。

秘密鍵を入力することなく、ネットさえつながればどの端末からでも確認することができます。

仮想通貨ごとにエクスプローラーも使い分ける必要があるため、お気に入りのサイトはブックマークしておきましょう。

blockchain.com:BTCエクスプローラー
etherscan:ETHエクスプローラー
bithomp:XRPエクスプローラー

ペーパーウォレットのインポート

ペーパーウォレットから別のウォレットへ資産を移動させるには、ウォレットにある資産をインポート(移動)する必要があります。

リップルであれば、GATEHUBというサイトがインポートサービスを提供しています。

GATEHUB:gatehub Wallet

ビットコインであれば、コールドストレージ機能のあるElectrumでもインポートが可能です。


GATEHUBはオンライン上にウォレットを作成するサービスとなり、インポートしたアドレスと秘密鍵を使って、別のウォレットに送金する事が可能です。

しかし、1度インポートしたペーパーウォレットについては、再度元にアドレスに送金する事はできず、新しいペーパーウォレットを作成する必要があります。

セキュリティの観点からも同じペーパーアドレスを使い回すのは危険だということも言えます。