マネーロンダリングとは

マネーロンダリング(money laundering)は、日本語に直訳すると「資金洗浄」という意味になります。

マネーロンダリングとは、麻薬取引、脱税、強盗など犯罪や不正に得た資金を正当に流通している通貨と交換することで、あたかも正当に資金を得たように見せる行為です。


マネーロンダリングはそもそも仮想通貨の問題ではない

「仮想通貨はマネーロダリングの温床だ!」という記事がたくさん存在しますが、そもそもマネーロンダリングは仮想通貨に限って起こることではなく、通貨という概念が確立された当初からつきまとう問題で、仮想通貨が誕生したことによって始めた発生した問題ではありません。

現物があるドルやユーロなどの法定通貨の方が仮想通貨よりも資金洗浄しやすいという特徴を理解していない方が多いように思います。

マネーロンダリングしやすい通貨の特徴

私個人的に考えると「流通経路の透明性」と「偽造」が容易なほどマネーロンダリングのしやすいように思います。

流通経路の透明性で言えば、法定通貨は誰から誰に資金を移動させたかというのは現物である以上通貨の位置情報を管理しない限り把握することは不可能です。つまり、流通経路がすべて把握できるビットコインよりも法定通貨の方が圧倒的に出どころを隠しやすい(マネーロンダリグしやすい)と言えます。