仮想通貨関連のフィッシングサイトによる犯罪の影響からICOや仮想通貨関連の広告を2018年6月より禁止することをGoogle社が発表しました。

発表内容は以下の通りです。

金融サービス: 制限付き金融商品に関する新しいポリシー(2018 年 6 月)

金融サービスに関するポリシーが 2018 年 6 月に更新され、差金決済取引、ローリング スポット FX、金融スプレッド ベッティングの宣伝が制限されるほか、次についての広告は配信できなくなります。

  • バイナリー オプションとその類似商品

  • 暗号通貨および関連コンテンツ(イニシャル コイン オファリング、暗号通貨為替、暗号通貨ウォレット、暗号通貨売買に関するアドバイスを含むがこれに限定されない)


  • 次についての情報集約サイトやアフィリエイトの広告は配信できなくなります。

  • 差金決済取引

  • ローリング スポット FX

  • 金融スプレッド ベッティング

  • バイナリー オプションとその類似商品

  • 暗号通貨とその関連コンテンツ。


  • 差金決済取引、ローリング スポット FX、金融スプレッド ベッティングを提供する広告主様が AdWords で宣伝するには、Google の承認が必要となります。この承認は、一部の国でのみ取得可能です。

    Google からの承認を得るには、広告主様は次のことを行う必要があります。

  • ターゲットとする国で関連する金融サービス当局からの認可を取得する

  • 広告とランディング ページがすべての AdWords ポリシーに準拠するようにする

  • 関連する法的要件(複雑な投機的金融商品に関連するものを含む)を遵守する


  • 広告主様は、2018 年 3 月から公開される申請フォームを使って、Google に承認を申請していただけます。

    このポリシーは、これらの金融商品を宣伝するすべてのアカウントに世界の全地域で適用されます。詳しくは、制限付き金融商品の承認についてをご覧ください。


    引用元:https://support.google.com/adwordspolicy/answer/7648803?hl=ja&ref_topic=29265

    FaceBookがICOの広告配信を停止したのが、2018年1月となるので、その5ヶ月遅れでGoogle広告が実施されることとなり、多少展開が遅かったのではないかとも思ってます。

    また、仮想通貨の中でもICO関連の広告規制がかなり厳しくなるとの見解ですが、フィッシングサイトはICO以外でも取引所やオンラインウォレットでの被害も多いはずなので、この辺りもかなり影響を受けると予測できます。

    Binanceを始めとする仮想通貨取引所は現在まさに広告展開を強めています。特に最近よく表示されるのが「DMMBitcoin」




    ローラを見ない日はないくらい、どのブログでも広告が表示されています。

    それくらいDMMBitcoinは新規顧客集客に力を入れているのですが、それも6月までで終わりです。


    それからはGoogle広告を使わずに新規獲得を行っていく必要があるので、バウンティープログラムやアフィリエイト、メディアとのタイアップや紹介してもらいやすいツールやユーザビリティの向上が必要不可欠になってくるでしょう。

    また、コインチェックやBinanceなどのアフィリエイトをしているブロガーはより条件が良くて使いやすい取引所のアフィリエイトに集中するので、6月以降はアフィリエイト合戦になることはほぼ間違えありません。

    Google広告の発表と同時に今からアフィリエイト記事を仕込んでいるブロガーは多いはずです。


    さらに、4月以降は新たな社会人も生まれるし、仮想通貨のプレイヤーも増えそうな時期なので、楽しみが増えてより面白くなりそうです。