仮想通貨取引所JEXとは?どんな取引所?

JEX

中国の大手仮想通貨取引所OKExの元メンバーが2018年1月に創設した仮想通貨取引所となります。中国の香港を拠点に活動をしていますが先物取引などOKExと似たようなところも多いのがJEXの特徴となっています。


仮想通貨取引所JEXの基本情報

JEXの基本情報
項目 詳細
運営企業JEX
設立2018年1月
運営拠点香港
対応言語日本語、英語、中国語、他2ヶ国語
取引方法現物、オプション(先物)
スマホアプリリリース済
2段階認証対応済
本人確認(KCY)身分証必要
テレグラム(日本語)https://t.me/JEX_JP

オプション取引

仮想通貨取引所JEXが提供する「オプション取引」とは、先物取引と同じサービスとなります。先物取引については以下の記事を参考にいただけると理解が早いです。

関連記事:仮想通貨用語「ビットコイン先物取引」とは?

オプション取引のメリット
  • 下落相場でも利益を発生させることができる
  • レベレッジの力を利用することができる

オプション取引には先物取引と同様のメリットがあります。大きなメリットの一つは下落相場でも利益を発生させるということができるということです。2018年1月から6月まで続く仮想通貨市場の大きな下落相場を見れば、下落を予測する方が高騰相場を予測するよりもはるかにわかりやすかったと思われます。このような場面でも利益を発生続けられるというメリットがオプション取引の特徴のひとつです。


仮想通貨取引所JEXはHTやBNBの取り扱いがある

仮想通貨取引所JEXの現物取引は2018年6月時点でBTC、ETH、LTC、EOS、DASH、JEXの6銘柄のみとなっていますが、オプション取引には他の取引所と比べて珍しいBNB(バイナンストークン)やHT(Huobi Token)、TRXを取り扱っています。

評価価格が高すぎると思っておる銘柄が上昇すれば、下落相場でも儲けることができるため、これからたくさんの銘柄が追加されると面白くなってきそうです。


JEXトークンの信憑性の低いが、気になる情報も流れている

確定情報ではないのですが、気になることで「JEXトークン」が最近流行っている取引所の配当型トークンになる可能性があると言う情報が流れています。(投資はあくまで自己責任となりますのでご注意ください。)




仮想通貨取引所JEXの登録方法と本人確認手続き

登録手順1:仮想通貨取引所JEXの公式サイトにアクセスします。

登録手順2:画面右上部にある言語設定を日本語にする

登録手順3:画面右上部にある新規登録をクリックする<

登録手順4:メールアドレスで登録するを選択

登録手順5:メールアドレス、認証コード、パスワードを入力する

登録手順6:利用規約を確認する

登録手順7:新規登録ボタンをクリック

本人確認手続き1:メニューから本人確認を選択

本人確認手続き2:国名、氏名、提出書類の種類、認証番号、生年月日を入力

本人確認手続き3:身分証の発行日と期限を入力

本人確認手続き4:身分証の表と裏の画像をアップロード

本人確認手続き5:セルフィ(自分の顔写真)とパスポートと登録日のメモを写した一枚の写真をアップロード

本人確認手続き6:最後に提出ボタンを押せば作業は完了となります。

 
注意点
  • 本人確認作業が完了していないとJEXでは取引を開始することができません
  • 電話番号よりもメールアドレスで登録するのがベター
  • 氏名は身分証の表記と揃える
  • 身分証はパスポート、運転免許証、住民基本台帳カード(顔写真あり)、在留カードから選択

JEXトークンの購入方法

JEXトークンは当然のごとく仮想通貨取引所JEXでしか取り扱っていませんので、以下の購入方法がおすすめです。

JEXトークンの購入方法
    手順1Zaifに登録する
    手順2:ZaifでBTCを購入する
    手順3:JEXに登録する
    手順4:Zaifで購入したBTCをJEXに送金する
    手順5:JEXでBTCを使ってJEXトークンを購入する