「楽天コイン」の構想

2018年2月27日、バルセロナで開かれたモバイルワールドコングレスにて、楽天株式会社の三木谷氏は「楽天コイン」の構想を語りました。

発表された楽天コインの構想
  • 「Vibar(バイバー)」とのシナジー効果を出して事業拡大を目指す予定
  • 楽天のコンセプトは「小売業者とバイヤーとのネットワークを再構築すること」
  • amazonとは決定的に違うと強調

楽天が仮想通貨交換号に参入

楽天は、2018年8月31日に連結子会社である楽天カードを通じて、仮想通貨交換業社「みんなのビットコイン株式会社」の全株式を買収したことを発表しました。

楽天の公式サイトにもプレスリリースとして発表されています。

プレスリリース:みんなのビットコイン株式会社の株式取得に関するお知らせ

みんなのビットコインは資金決済法が改正される前から仮想通貨交換業を運営しており、仮想通貨交換業の登録申請はしていますが、コインチェックと同様にみなし業者としての扱いとなっています。

証券、カードなど金融ノウハウがある楽天グループに入ることで、事業強化、体制の安定化が期待されます。


Viberが楽天コイン発行を発表

2018年7月3日、Viverの最高責任者(CEO)であるDjamel Agaoua氏は、2019年に「楽天コイン」をロシアで発行することを発表しました。


Vibar(バイバー)とは

viber

Vibarとは、2010年よりイスラエルで開発されたLINEのように無料通話とメッセージアプリサービスを提供する会社です。

2014年に楽天に9億ドルで買収された後、登録ユーザー数は2018年3月時点で10億人を突破し、東ヨーロッパの国々では国内シェア1位を獲得しています。なお、ロシアでも国内シェア2位を誇っています。

viber1
viber2

楽天コインの将来性

楽天は楽天市場(ECモール)に始まり、楽天証券、楽天銀行、ラクマなど幅広いWEBサービスを展開しており、ポイント利用者数はリクルートが展開するポンタについで業界2位の位置を獲得し、球団経営や楽天カフェやデリバリー事業なども展開、すでに楽天がつくる経済圏が出来上がっているように見えます。

その中、楽天は2016年にBitnetを買収しブロックチェーンアプリケーションの開発を支援しています。

楽天経済と仮想通貨は非常に相性が良く、楽天コインが相当な価値を生み、これから様々な問題を解決する糸口になる可能性は十分に考えられます。


楽天コインの口コミ、評判