メディアに掲載されたニュースによると、13日にも「日本円」の出金を始める予定とのこと。


おそらく、日本円に関しては顧客資産として元から分散管理しており、特にセキュリティ対策を改善したなどの報告はあがってないので、金融庁からくだされた業務改善命令への報告とともにプラス情報として出金を開始する意向なのかもしれません。


再開日がちょうど、業務改善命令を2月13日までに提出するように求められていた日付と一致します。


何より残念だったのが、再開の見通しがコインチェクのプレスやSNSからではなく、メディア発信だったことですね。当事者として顧客への報告は最優先だと捉えるべきです。

コインチェックだけでなく、昨日海外の仮想通貨取引所バイナンスでも同様に状況がわかないままメンテナンス中ということだけだったので、情報開示方法については、各取引所において対策が必要不可欠だと感じています。