仮想通貨ZIP(Zipper)とは?

Zipper

仮想通貨ZIP(Zipper)とは、同じウォレットアドレスに複数の仮想通貨を保管できるようにする技術です。


ビットコインやイーサリアムなど、一般の暗号通貨は同じアドレスで管理することができず、基本はそれぞれ専用のアドレスにのみ暗号通貨を保管しなくてはいけません。

もし、異なる仮想通貨を別の種類のウォレットアドレスに送ってしまった場合、その仮想通貨資産は消滅してしまいます。

繰り返しになりますが、リップルのアドレスにビットコインキャッシュを保管することはできませんし、NEMのアドレスにNEOのトークンを保管することはできません。


しかし、仮想通貨ZIP(Zipper)はこの問題を解決します。

単一のアドレスで複数の仮想通貨を管理することで、それまでの煩雑な管理方法から解放されるというソリューションを起こそうとしています。

それがZIPが掲げる「Cross-Chain Message & Tranzaction Switching Network」です。


仮想通貨ZIP(Zipper)の基本情報

項目 詳細
公開日2018年1月18日
通貨単位ZIP
発行枚数1,000億枚
公式サイトhttp://zipper.io/
ホワイトペーパーhttp://zipper.io/zipper_en.pdf

仮想通貨ZIP(Zipper)の仕組み

ーーの特徴まとめ
  • アドレス統一型仮想通貨ウォレット「Zipper One」
  • マルチタイプブロックチェーン「Z0」

アドレス統一型仮想通貨ウォレット「Zipper One」

ZipperWallet

ZipperOneは、「ジッパー・クロスチェーン・プロトコル」の技術によって様々な仮想通貨を一つのウォレットで保管できる革新的なウォレットです。

既にZipperOneのウォレットアプリ(テスト版)がiOSとAndroid向けにリリースされていますが、言語が中国語のため、日本人にとってはかなり使いにくいようです。

ZipperWallet2

今後Zipperの開発により、ZipperOneは異なるブロックチェーンをまたいだ取引やスマートコントラクト、第三者支払いなどの機能とインターフェースを提供していきます。

以下はZipperOneのプロモーション動画です。参考までにご覧ください。


マルチタイプブロックチェーン「Z0」

Z0

Z0とは、複数の暗号通貨やブロックチェーンをつなげる技術です。

ブロックチェーンには様々なタイプが存在し、大きくは以下の3つに分かれます。

    パブリックチェーン:ビットコインのように世界共通で使われるブロックチェーン
    プライベートチェーン:企業内など限られた空間内で使われるブロックチェーン
    コンソーシアムチェーン:複数の企業同士で使われるブロックチェーン

Zipperが提案するマルチタイプブロックチェーンとは、上記のようなあらゆるブロックチェーンを展開し、それぞれのネットワークをつなげることができるブロックチェーンのことを意味します。

今後は独立したブロックチェーンの中でDAppsを構築したり、ブロックチェーンとの相互取引が可能なる未来を創造していく予定です。


マルチタイプブロックチェーン「Z0」の開発スケジュールは以下の通りです。


Z0の開発スケジュール

    2018年第2四半期
  • 複数の資産を実現する機能

    2018年第3四半期
  • 契約関数とコンセンサスアルゴリズムを実現する

    2018年第4四半期
  • 非対称チェーンアルゴリズムを実現し、社内での使用をサポート

    2019年第1四半期
  • メインチェーンとオンラインで同期

仮想通貨ZIP(Zipper)のコミュニティメンバー

Zipperteam

元Huobiの最高技術責任者も在籍

ZIPのコミュニティメンバーには、元Huobiの最高技術責任者(CTO)のZhang Jian氏も在籍しているようです。

Zhang Jian

詳細はこちらからご確認ください。


仮想通貨ZIP(Zipper)の将来性

ここからは、ZIP(Zipper)が期待できそうなニュースや将来性について紹介していきます。


BinanceやHuobiへまだ上場していない

ZIPは2018年7月現在で、2つの大手取引所にしか上場していません。

2018年1月31日に1つ目の取引所、OKExにいきなり上場を開始します。

続いて、約4ヶ月後の2018年5月27日にFCoinへの上場されました。

プロジェクトの進捗としては非常に順調です。

元HuobiのCTOがコミュニティメンバーに参加していることから、今後はHuobiやBinanceへの上場も期待されています。

上場後はさらに大きな価格変動が起こると予測されます。


FCoinへの上場したZIP

2018年5月27日、FCoinは「ZIP / ETH」の取引を開始しました。

FCoin公式サイトからのお知らせ:Regarding Launching of ZIP on Our Platform

FCoinは流行りの配当型取引所トークンを発行する仮想通貨取引所です。

発行を開始した2018年7月には瞬間的に取引量が世界1位のなるなど、ものすごい取引が行なわれている取引所の一つです。

関連記事:収益の80%をユーザに還元する仮想通貨取引所FCoinとは

まだまだ上場銘柄が少ない取引所のため、上場銘柄の取引はかなり活発に行われており、注目を集めています。


仮想通貨取引所IDCMへ上場

2018年7月20日、ZIP(Zipper)は仮想通貨取引所「IDCM」へ上場することが決定しました。

ETHとUSDTとのペア取引が可能となります。


仮想通貨ZIP(Zipper)の口コミ、評判





仮想通貨ZIP(Zipper)の購入方法

仮想通貨ZIP(Zipper)はOKExに上場しているので、日本の仮想通貨でBTCを用意した後でOKExで取引する方法で購入が可能です。

ZIP(Zipper)の購入方法
    手順1Zaifに登録する
    手順2:ZaifでBTC(もしくはETH)を購入する
    手順3:OKExに登録する
    手順4:Zaifで購入したBTCをOKExに送金する
    手順5:OKExでBTCを使ってZIPを購入する