仮想通貨CoinParkToken(CP)とは

仮想通貨CoinParkToken(CP)とは、仮想通貨取引所であるCoinParkの手数料収入(取引所マイニング)によって市場に流通する仮想通貨(トークン)です。

仮想通貨取引所CoinParkの手数料収益の90%をCoinParkToken保有者に配当するシステムにより、人気が爆発的に伸びています。(配当システムについては、本記事でも詳しく説明します。)

CoinPark配当率

配当型の取引所トークン

CoinParkToken(CP)のように、仮想通貨取引所の手数料収入をトークン保有者へ配当するトークンを「配当型トークン」と呼びます。

株券の配当のような仕組みで、仮想通貨取引所の取引手数料収益をトークン保有者に配ることがマイニングと似ているという意味で「取引マイニング」という言葉も一般化しつつあります。

取引マイニングは、2018年5月4日仮想通貨取引所FCoinからリリースされた「FCoin Token」から始まりました。

現在では、CoinExが発行する「CET(CoinExToken)」やbgj取引所が発行する「BCトークン」など、たくさんの取引所が配当型トークンを発行するにようになり、仮想通貨市場の中でドレンドになっています。

配当型トークンについては以下の記事でまとめていますので、良ければご覧ください。

関連記事:仮想通貨取引所が発行する「配当型トークン」の将来性を考察

CoinParkToken(CP)を発行する取引所「CoinPark」

CoinPark

CoinParkToken(CP)を発行する「CoinPark」とは、シンガポールで2018年6月19日に設立された仮想通貨取引所です。

CoinParkは、新しい仮想通貨取引所でありながら、大手のベンチャーキャピタル(投資企業)や仮想通貨取引所BIBOXとパートナーシップ契約を持っている取引所のため、将来性があると期待されています。

BIBOXは2018年7月22日時点で取引量世界ランク9位、1日の取引量は130億円を超えています。

CoinParkの詳細、およびCoinParkの登録方法は以下の記事をご参考にしてください。

関連記事:仮想通貨取引所CoinPark(コインパーク)とは?登録方法を解説

仮想通貨CoinParkToken(CP)の基本情報

項目 詳細
公開日2018年7月4日
通貨単位CP
発行枚数100億枚
トークン規格ERC20
Twitterhttps://twitter.com/CoinPark2018

CoinParkTokenは2018年7月4日から公開開始

CoinParkTokenは、2018年7月4日19:00(GMT + 8)から公開開始しました。

リリース時より、取引所の予想を超える注文が発生し、運営側がだいぶ混乱している状態でした。

2018年7月10日10:30頃に悪意のある攻撃が発覚。

取引を停止しますが、2018年7月21日に取引を再開させます。

外部リンク:CoinParkがCP取引ペアをオープンし、CoinPark APP 1.0を発表
外部リンク:取引停止命令

仮想通貨CoinParkToken(CP)の配当

CoinParkTokenの配当条件
  • 配当の対象はCP保有者のみ
  • CP総発行量の60%が参加
  • 配当は毎日実施される
  • 取引所収益の90%が配当される
  • CP保有量に応じて配当がもらえる

CoinParkToken(CP)総発行量の60%が参加

CoinParkToken(CP)の総発行量(100億枚)の内訳は以下のようになっています。

CP分配率

引用元:CoinParkToken公式サイト

左の円グラフを見ていただくとわかるように、CoinParkToken(CP)の総発行量(100億枚)の60%が取引マイニング(配当)に当てられるCPとなり、残りの40%はプレ発行として運営側(もしくは運営関係者)が保有することになります。

運営側を含めた分配率は以下のようになります。

配分先 分配率
取引マイニング(配当)60%
CP基金(Pre-issued)22%
チーム保有12%
プライベート保有6%

運営側に分配されるトークン(全体の40%)はロックアップされ、市場には一旦流通しません。

ロックアップについて知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事:仮想通貨リップル社のロックアップとは

仮にロックが解除され流通したとしても、ロック解除されたCPは配当の対象にならないということを公式サイトで明記されています。


取引所収益の90%が配当される

取引所の手数料収益を100%還元するのは、取引開始から2週間のみとなります。

それ以降は、10%を運営側の開発費に当てられます。

つまり、配当は取引所の手数料収益の90%が使われるという理解が正しいです。

CoinPark配当率

CP保有量に応じて配当がもらえる

公式サイトに書かれている配当の計算式

    CP配当率 = (手数料収益 × 100% / CP総流通量) × 1,000,000
    配当収入 = CP保有量 / CP総流通量 × 手数料収益 × 100%

上記の式から理解できることは「CP保有量に応じて配当がもらえる」ということです。

チーム運営側の保有分は加味されないので、純粋に市場に流通しているCPを保有すればするほど、取引所収益が配当される仕組みになります。

ただし、以下の理由により、この計算式は正確ではなく今後修正されるかもしれません。

  • 計算式に「100%」が使われている(100%の掛け算意味ない)
  • CP配当率が%(パーセンテージ、割合)で表せない
  • CP配当率に1,000,000を掛け算する意味が明記されていない

仮想通貨CoinParkToken(CP)の将来性

ベンチャーキャピタルからも出資を受けているので、経営基盤はしっかりとしていると推測されますが、同時にベンチャーキャピタルが保有するCoinParkToken(CP)が一般市場に放流された場合のリスクもあります。

しかし、2018年7月10日に起きたサーバトラブルに関して、解決するまでに10日間程度かかったことを見ると、まだまだ仮想通貨取引所としての課題が山積みの中発行されたトークンであることが伺えます。

CoinParkとBIBOXが提携しているので、将来的にCoinParkToken(CP)がBIBOXに上場する可能性もあるかもしれません。


仮想通貨CoinParkToken(CP)の口コミ、評判




仮想通貨CoinParkToken(CP)の買い方

2018年7月10日サーバのトラブル発生後、取引は一旦中止されましたが、7月21日より正常に稼動している様子です。

CoinParkToken(CP)の購入方法
    手順1Zaifに登録する
    手順2:ZaifでETHを購入する
    手順3:CoinParkに登録する
    手順4:Zaifで購入したETHをCoinParkに送金する
    手順5:CoinParkでETHを使ってCPを購入する