金融庁が立ち入り検査を開始した翌日の2月3日、コインチェックが出金見通しについて発表がありました。

日本円出金の再開の見通しについて

2018年1月30日付のリリースでご案内をしております通り、当社では現在、日本円出金に伴う技術的な安全性等について、確認・検証中であり、再開に向けた準備を進めております。外部専門家の協力も得つつ行っている確認・検証を踏まえ、皆様には日本円出金の再開時期をお知らせいたします。 

なお、お客様がアカウントに保有している日本円につきましては、金融機関の顧客専用口座に保全されております。また、お客様がアカウントに保有している仮想通貨(BTC/ETH/ETC/LSK/FCT/XMR/REP/XRP/ZEC/LTC/DASH/BCH)につきましても、ホットウォレットから退避し、コールドウォレット等に保管しております。  

今しばらくご迷惑をおかけいたしますが、何卒、よろしくお願い申し上げます。  

 

引用元: http://corporate.coincheck.com/2018/02/03/37.html

まず、リスクの不正送金を疑っていた人は、一安心したのではないでしょうか。顧客の仮想通貨についてはコールドウォレットに保管しており、その中にはLSKも記載されています。

LISKの不正送金疑惑は完全に早とちりでしたね。


また日本円についても顧客資産は分散管理されているとのことなので、これも安心材料の一つです。はやり状況報告がないと人間はマイナスな方ばかりに考えがちなのでしょうか、凍結されている仮想通貨および日本円がかえってこないというような不安が世の中で大きくなっていたことは事実です。


次なるコインチェックの課題は、間違いなくセキュリティ対策をいつまでにどこまで進めるかというスケジュールです。人材確保はもちろんの事、セキュリティ対策にかかる費用や技術的な解決策も必要です。

これが決まらない限りは、顧客の資産をどのように返済していくかというところまでたどり着かないでしょう。

確定申告で収めなければいけない納税額が払えない方々もいらっしゃるようなので、おそくとも3連休前の来週中に出金可能な状態まで到達できれば幸いですが、かなり予断を許さない状況です。