そろそろ確定申告の時期が迫ってきていますが、準備は大丈夫でしょうか。仮想通貨をやる上で、避けては通れない道です。

しっかりと内容を理解し、めんどくさい作業は早めにサクッと終わらせていきましょう。


本記事では、以下のような流れで進めていきます。


Step1:確定申告はいつ、どこに提出するのか
Step2:確定申告書を書く前に事前に用意する書類があります
Step3:税務署、国税庁ホームページで確定申告書の用紙を入手しよう
Step4:確定申告書の書き方
Step5:e-taxを利用する
Step6:国税を納付する

どうぞ、よろしくお願いします。

確定申告はいつ、どこに提出するのか

確定申告書の提出先は、提出時の住所地を管轄する税務署に提出する必要があります。

以下のサイトから現在住まわれているご住所を入力すると、管轄の税務署を調べることができます。
https://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeikyoku/chizu/chizu.htm


確定申告書の提出方法は、税務署に直接持参する方法、郵送する方法とe-taxで申請する3通りです。

郵送の場合は消印の日付が提出日として扱われますので、早めに準備していく必要があります。さらに切手を貼った返信用封筒を同封することで確定申告書の控えを返送してもらうことができます。(同封していなければ、直接取りに行く必要があります。)


提出期限は2月16日から3月15日までとなっています。ただし、提出期限の開始日と終了日はど地に祝日などの関係により前後することもあるので、期限に不安がある場合は、税務署に確認をしておく必要があります。


確定申告書を書く前に事前に用意する書類があります

各個人の状況に応じて、以下の書類が必要になります。心当たりのあるものはすべて用意していきましょう。

  • 給与所得や公的年金等の源泉徴収票(原本)
  • 私的年金等を受けている場合には支払金額などが分かるもの
  • 医療費の領収書
  • 社会保険料(国民年金保険料)控除証明書
  • 生命保険料の控除証明書
  • 地震保険料((旧)長期損害保険料)の控除証明書
  • 寄附金の受領証
  • 必要経費の領収書
  • 決算書
  • などなど...

    税務署、国税庁ホームページで確定申告書の用紙を入手しよう

    最寄りの税務署または国税庁ホームページで確定申告書の用紙を入手する必要があります。確定申告書の用紙は、インターネットからでも入手可能で、コンビニなどのプリント機能を使えば、プリンタがなくても印刷して提出することができます。

    必要に応じて、国税庁ホームページからPDFファイルをダウンロードしましょう。
    https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/02.htm


    ここで気をつけなけれないけないのが、確定申告書の種類です。


    確定申告書には「確定申告書A」「確定申告書B」の2種類があります。

    主に会社から「給与」をもらっている方や、年金受給者が使用するのが確定申告書Aになります。

    そして、組織や企業に属していない(給料をもらっていない)個人事業主や分離課税対象の所得がある方は確定申告書Bを利用します。

    分離課税とは

    株式等の譲渡により所得が生じた場合のように、他の所得とは分離して税額を計算し、確定申告によって納税する課税方式です。

    確定申告書の書き方

    確定申告書の記入例や書き方の説明が、国政税調のホームページに記載されていますので、こちらを参考に記入を進めていきましょう。

    確定申告書記入例
    引用元:https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2013/b/03/3_01.htm

    確定申告書の記載例

      確定申告書Aの記入例:https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2013/a/03/3_01.htm
      確定申告書Bの記入例:https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2013/b/03/3_01.htm
      その他の税制控除を受ける場合:https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2013/index.htm

    申告書に必要事項を記入し税額を計算します。この際、控えの用紙にも同じ内容を記入して下さい。

    控用は「受領印」を押して返送してもらえますので、何かあった場合の確認や次年度以降の申告の参考にもなります。また、明細書や計算書などの書類も忘れずに添付しましょう。

    e-taxを利用する

    e-tax

    PC操作に慣れている方は、e-taxはを利用したほうが簡単に書類作成ができます。

    以下のサイトからe-taxにアクセス可能です。
    http://www.e-tax.nta.go.jp/


    正直、確定申告書の記入方法を理解できていれば、e-taxで簡単に申告書の制作が可能です。

    ただし、書類作成だけでなく、申告書の提出もe-taxを利用する場合、提出後の控えはもらえないかわりに送付書のようなものを受け取ります。こちらを大切に保管することを忘れないでください。

    国税を納付する

    申告した税額等に基づき、納付の期限(納期限)までに納付しましょう。この際、申告書の提出後に税務署から納付書の送付や納税通知等のお知らせはないので、注意してください。


    平成29年分の確定申告の法定納期限は、平成30年3月15日(木)です。

    詳細はこちらのページを確認してください。
    https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/nozei-shomei/annai/24200042/noufu_kigen.htm


    納付方法はネットバンキング、クレジットカード、コンビニ、口座振替と色々な方法があります。
    https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/nofu-shomei/nofu/01.htm