コールドウォレットとは

コールドウォレットとは、インターネットと完全に切り離されたウォレットのことを意味します。

一般的には秘密鍵を紙に書き写した「ペーパーウォレット」や専用デバイスで秘密鍵を管理する「ハードォレット」のことを指します。

オフライン環境であっても、スマートフォンやPCに秘密鍵を置いたものをコールドウォレットと呼ぶことはありません。

仮想通貨資産をコールドウォレットに移動させておけば、ハッキングや不正アクセスによって仮想通貨が盗まれることがなくなるというのが最大のメリットです。

デメリットは、資産を取り出すのに時間がかかり仮想通貨決済や日常の支払いに利用することはできないということ。

ペーパーウォレットは紙なので、水や火に弱く劣化が進むと資産を取り出せなくなることがあります。


ホットウォレットとの違い

ビットコインやリップルなどの仮想通貨を所持するには、必ずウォレット(お財布)を作って保管する必要があります。

そして、仮想通貨を保管するウォレットには大きく2種類にわかれます。

  • コールドウォレット
  • ホットウォレット

上記二つのウォレットの違いは、インターネットに接続された状態にあるか否か。

先ほど説明したコールドウォレットはインターネットと完全に切り離された状態のウォレット意味しますが、ホットウォレットはコールドウォレットとは真反対にインターネットに常時接続されているウォレットを意味します。

インターネットへの接続状態の違いによって、ウォレットの特性(メリット)が変化します。


ホットウォレットのメリット
  • スマホアプリやWEBブラウザで利用可能
  • 支払いや割り勘などの送金、受け金が簡単

コールドウォレットは逆に、ホットウォレットはハッキングやコンピュータウィルスに弱く資産を盗まれるリスクが高いということが最大のデメリットです。

ホットウォレットとコールドウォレットを使い分けるには、大きな資産はコールドウォレットに保管し、必要最低限に利用する少額をホットウォレットで利用するのが健全な利用方法ということになります。


コールドストレージとの違い

コールドストレージとは、メインストレージ(ホットウォレット)に比べて応答時間や転送速度、可用性を下げることでセキュリティ性能と低価格を実現するストレージサービスです。

ホットウォレットとコールドウォレットの中間をとったウォレットと捉えるのが的確です。

ホットウォレットより利便性は下がりますがセキュリティ性能が高く、コールドウォレットよりもセキュリティ性能が低いが利便性は高いという特徴があります。


コールドストレージはホットウォレットとセットで提供されることが多く、特に「Electrum(エレクトラム)」というディスクトップウォレットが有名です。

Electrumのコールドストレージ機能は、普段使うオンラインウォレットの秘密鍵をオフライン上で保管し、送金したい時は普段から一切オンラインに繋がっていないもう一つのPCで取引作業を行うことです。

Electrumは、ホットウォレットに比べて格段にセキュリティが高い上に、送金も早いです。

さらに日本語にも対応していることが日本人におすすめできる理由です。

インストール手順はBitcoin日本語情報サイトを参考にするのがおすすめです。

Bitcoin日本語情報サイト:Electrumの使い方

コールドウォレットのおすすめ

いくつかおすすめのコールドウォレットについて紹介していきます。


ハードウォレット

コールドウォレットといえば、まずはハードウォレットと言われるくらいセキュリティ性能が高いウォレットの一つです。

ハードウォレット自体に仮想通貨資産が入っているわけではないので、ハードウォレットが破壊、水没、焼失、盗難されたとしても仮想通貨資産を取り戻すことができるリカバリー機能がついているというのが高評価の理由です。

ただし、間違った購入方法を利用してしまうと、初めから仮想通貨資産を盗まれることもあるので、以下の記事で事前に知識をつけておいてください。

関連記事:おすすめ仮想通貨ハードウォレットの種類と使い方

ハードォレットにはいくつか種類があり、どれを使うかは個人の好みで選ぶべきです。

私がおすすめするのは「Ledger Nano S」です。

正規代理店やサポートページなどWEB上で参考となるページが多く、日本でも大きく普及しています。

購入方法からアップデートの方法まで、複数のページを見ながら安全に資産を管理できることが購入の決め手となりました。

関連記事:LEDGER NANO Sの購入とアップデート

他にもTrezorというハードウォレットは対応している仮想通貨が豊富なため、複数持ちをしているユーザも多いようです。



ペーパーウォレット

XRPペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは、ウォレットアドレスと秘密鍵のQRコードを紙に印刷した仮想通貨ウォレットのことです。

紙でそのまま保存し、ネット環境に触れることがないことからコールドウォレットとして広く認識されています。

中でも、bithmpが提供するリップル(XRP)のぺーぱーウォレットが有名。

WEB上でワンタップでアドレスを生成したら、あとは印刷するだけで完成するので非常に簡単に何度もコールドウォレットを作ることが可能です。

詳しいペーパーウォレットの作り方は以下の記事を参考にしてください。

関連記事:ペーパーウォレットの作り方、使い方