過去にトレンド系のテクニカル分析を数々紹介していますが、今回紹介する指標についてもボラティリティの高い仮想通貨投資をやる上では、非常に参考になる指標の一つです。

関連記事:Zaifチャートで仮想通貨の値動きを見極めるボリンジャーバンドの使い方
関連記事:Zaifチャートで仮想通貨の値動きを見極める「移動平均線」の使い方
関連記事:Zaifチャートで仮想通貨相場を見極める「一目均衡表(ichimoku cloud)」の使い方

MACDとは、MACDラインとシグンルライン、ヒストグラムで構成される

今回紹介するのは、「MACD」というトレンド系テクニカル分析指標です。

MACD(マックディー)とは

Moving Average Convergence Divergenceの略で、日本語に訳すと「移動平均収束拡散手法」となります。

移動平均線を応用したテクニカルチャートで、MACDラインとシグナルラインの2つの線を用いて相場を分析する指標です。

Zaifチャートで表示させると以下のようになります。

MACDチャート

通常MACDは移動平均線のように赤と青の二つの線を使ってチャートを分析する指標となります。

ただZaifチャートをはじめ多くのチャートでは、さらに分析しやすいようにヒストグラムがついているのが一般的です。


MACDの構成要素

MACDに使われている構成要素を説明していきます。
    MACDライン(赤い線)
  • Zaifチャートでは移動平均線のように赤い線がMACDラインとなります。
  • MACDは短期の移動平均線(12日線)から長期の移動平均線(26日線)を引いた値となります。

    シグナルライン(青い線)
  • Zaifチャートでは移動平均線のように青い線がシグナルラインとなります。
  • シグナルラインは移動平均線(9日線)を使うのが一般的です。

    ヒストグラム(赤く連続した棒線)
  • 真ん中を中心に上下にやまのような形をしているグラフです。
  • MACDからシグナルをマイナスすることで算出される値となります。

MACDが表すサイン

MACDの特徴
  • MACDがシグナルラインを下から上に追い越したら売りのサイン
  • MACDがシグナルラインを上から下に突き抜けたら買いのサイン

MACDチャートサイン

移動平均線のように二つの線を使ってゴールデンクロス(買いのサイン)とデッドクロス(売りのサイン)を見極めることが重要です。


MACDではゼロラインが超重要

MACDチャートゼロライン
MACDラインとシグナルラインがゼロラインをまたぐとその後のトレンドが一変する可能性が高くなります。
MACDの特徴
  • ゼロラインを下から上に追い越したら高騰相場が続く可能性が高くなる
  • ゼロラインを上から下に突き抜けたら下落相場が続く可能性が高くなる