日本の大手仮想通貨取引所コインチェックが攻撃されrた事によって、セキュリティ対策の必要性が世の中に広まっていったと思っています。

以前、仮想通貨Wavesの記事の中でも説明はしていたのですが、改めてネットワーク上の仮想通貨取引所「DEX」について解説したいと思います。

DEXとは

Decentralized EXchangeの略称で、仮想通貨のネットワーク上に存在する取引所の事を意味します。、日本語でいうと「分散型暗号通貨取引所」という事になります。

テックビューロ社やコインチェック社、ビットフライヤー社などが運営する仮想通貨取引所との違いは、DEXには管理者がいない(非中央集権型)仮想通貨取引所ということです。不特定多数のネットワークユーザが取引所を動かしているという仕組みになります。

DEXの特徴1:取引所による価格操作を受けない

ビットコインを購入する際に、各仮想通貨取引所の販売価格を見ると同じ価格を示していないことがわかります。 各取引所は手数料などを加えて販売金額を変えることができるため、同じ種類の仮想通貨でも取引所によって価格が変化するという現象がおこります。

しかし、DEXはネットワーク上に存在する非中央集権型の取引所なので価格調整が実行されませんし、人間のコスト分の手数料を取る必要もありません。今の銀行窓口がネットバンクになる事でコスト削減できるように、仮想通貨取引所もネットワーク上に取引所のシステムを構えてしまえば、トレードにかかるコストが限りなくゼロに近くなり、よりスムーズに価値の交換をする事ができる世の中になるわけです。

DEXの特徴2:通貨を失うリスクがない

DEXは通貨を交換する機能を果たしていますが、交換する通貨(資産)を保管する機能はありません。仮にDEX(仮想通貨取引所)が消滅したとしても、引所には資産が保管されていないので、ユーザの資産が失われる事はありません。DEXを使って交換された通貨(資産)は、ネットワーク上のお財布(ウォレット)に保管されます。つまり、取引所が破綻しても資産は安全であるということです。

DEXも、資産も、すべてブロックチェーンのネットワーク上に存在しますので、データを改ざんされない、ハッキングやサイバー攻撃に対して、強い耐性があるというブロックチェーンの特徴を活かす事ができます。