Wallet(ウォレット)とは

ウォレットとは、仮想通貨を保管する場所です。

ビットコインはウォレットの中に保管されているので、日本円でいう銀行口座のようなものと捉えていただければ間違えありません。


ウォレットの種類

ウォレットにはいくつか種類があり、大きくわけると以下の通りになります。

ウォレットの種類
ウォレット種別 説明
取引所取引所を開設と同時に作られるウォレット
ソフトウェアPCやスマホにインストールするウォレット
ウェブ(WEB)MEWのようにWEB上にウォレットを開設し、秘密鍵は別に個人で管理するウォレット
ハードLedger nanoやTrezorなど専用端末ウォレット
ペーパー紙媒体にウォレットアドレスと秘密鍵を印刷するウォレット

取引所のウォレットリスクは結構高め

上記でご紹介したウォレットの中で、最も資産の流出リスクが高いウォレットは「取引所」のウォレットです。


仮想通貨は秘密鍵(プライベートキー)というパスワードがないと資産を動かすことができませんが、取引所では、ログインIDとパスワードだけで資産を動かせるため、ほかのウォレットよりも容易に資産を盗むことが可能です。

2018年1月26日に起きたコインチェック社のNEM不正送金事件にあったように、取引所はハッカーに常に狙われ続けておりハッキングリスクも高く、取引所運営が何かしらの容認で経営不振になったとしても仮想通貨の引き出しが保障されているわけではありません。

もちろん、2段階認証やログインIDやパスワードをオフラインで保管しておく対策当然必要ですが、取引所へ大きな資産を保管するのは現時点ではあまりおすすめできないことです。


おすすめはハードウォレット

仮想通貨資産を保管するのに、もっともおすすめできるのは「ハードウォレット」です。

ハードウォレットは、資産を移動させるとき以外常にオフラインに保管されているので、ハッキングやウィルス感染のリスクが低いのです。

かつ、端末本体が故障、粉砕、盗難にあったとしても、別の端末でリカバリーをかけることができるので、間違ってトイレに落としてしまった場合でも復元可能です。

関連記事:ハードウォレットを失くしてしまったら、仮想通貨は戻ってこない?
関連記事:LEDGER NANO Sを公式サイトで購入する手順
関連記事:仮想通貨のハードウォレットは中古品は絶対NG、公式サイトから購入する事

おすすめしといても結局は自己責任

最後にいろいろおすすめしておいてですが、取引所のウォレットはリスクは高いですが利便性も高い特徴があり、ハードウォレットもウィルスに感染したPCに接続してしまえば資産流出のリスクがあることから、結局のところどのウォレットに保管してもリスクはゼロにはなりません。


盗難以外にも、自分の操作や管理ミスで資産を取り出せなくなったりすることもあるので、その辺をしっかり勉強しておく必要があるのです。

仮想通貨で儲けるならそれなりの対価(知識)が必要ということになります。