51%攻撃とは

ビットコインのようにPoWシステムを採用している仮想通貨において、ネットワーク全体の過半数を占める採掘速度を支配した場合に実行できる不正取引(二重払い)が51%攻撃と言われています。


51%攻撃のリスクはPoWによって守られている

51%攻撃のリスク
  • 取引の二重払い
  • 取引妨害

51%攻撃によってできることは「二重払い」と「妨害」です。

二重払いとは、悪意のあるアカウントが持っている1BTCを複数の相手に1BTCずつ支払うことができるというものです。保有している財産以上に通貨を渡すことができるため、全体の供給量がおかしなことになっていしまいます。

二重払いにはデメリットがあります。(正常に利用しようとしている私たちにとってはメリットです)それは、51%攻撃にかかわらずBTCを不正利用すると世界中で監視しているビットコインマイナーから拡散し、最終的には価値がゼロになってしまうということです。

つまり、仮想通貨で不正利用すると仮想通貨そのものの価値がなくなってしまうので、不正利用をする意味がなくなってしまいます。


51%攻撃で他人の通貨は盗めない

51%攻撃では実現不可能なこと
  • 過去の取引を改ざん
  • 他人の仮想通貨(ビットコイン)を盗む

勘違いされている方も多いかもしれませんが、ビットコインをはじめとしたブロックチェーンを使っている暗号通貨では、過去の取引を改ざんすることは絶対にできません。

また、51%攻撃では他人の仮想通貨を盗むことは到底できることではありません。

その理由は簡単です。通貨を送る(取引)際には、必ず公開鍵と秘密鍵の2つで署名をする必要があるからです。あなたが2つの鍵を盗まれない限り仮想通貨資産を他人が操作することはできません。