松居一代氏がブログで発表したミンドルは要注意

離婚騒動で話題となったことはまだ新しい松居一代氏のブログにて、「ミンドル」という聞きなればい仮想通貨に投資したと2018年6月6日に公開されました。

matsui

ミンドルのZaif上場は嘘

mindol

ホワイトペーパーには「トークンが配布された時点(2018年6月1日から順次配布予定)で、国内Zaif取引所やXCPが上場している海外の取引所で自由に売買できます。」と謳われていますが、Zaif側の発表をみると全く事実が合わないことがすぐにわかります。



日本で資金調達をする場合は金融庁への届け出が必須

仮想通貨に限らず、日本で資金調達をする場合は金融庁への届け出が必須となります。投資セミナーや出資を検討する場合にはその会社が必ず金融庁に届け出を出している企業なのかを調べることが必要です。

仮想通貨においては、COMSAやALISがICOした時はまだ金融庁の対応も遅く整備されていませんでしたが、最近になって日本で行われるICOは金融庁からの行政処分対象かつ、違法としてあつかわれる可能性が高いことを認識しておきましょう。

2018年6月においても仮想通貨初心者のICO参加はまだまだリスクが高いので、はじめはビットコインやイーサリアムなどメジャーコインから調べてみることをおすすめします。