12月1日時点の1XPあたりの価格は0.0008円でしたが、12月29日時点では、0.05円と約60倍もの成長を遂げている仮想通貨XP

値動きばかりでどんな仮想通貨なんだろう。。草コインなどといっていますが、年末のBTC下落相場でも、順調に高騰しているので、どんな通貨なのか調べてみる事にします。


XPはエクスピアリアンスポイントで日本語にすると「経験値」という意味になります。

ゲーム、学習、スポーツ、コニュニケーションでの経験を評価し、共有するという目的があるようです。


コミュニケーションではチャットが採用されていて、チャット内でウォレットの作成、送金ができる仕組みになっています。特に「rain(雨)」と呼ばれるイベントでは、XP保有者が多数のチャットユーザにXPを配る事ができるため、日本ユーザ間でかなりの盛り上がりを見せているようです。



コミュニティに参加するのは、メアドを登録して二回くらいコマンドを打つだけなので、5分もあれば参加可能です。

専用のボットがコマンドに対して現在の相場や保有雨通貨を日本円の価値に直して報告してくれたり単純なものですが、モナーコインをツイッターで利用するような感覚で利用する事ができます。

rainも現在の相場であれば1万円あれば20万XPで20万ユーザに1xp配る事ができます。


XPは日本の取引所で購入する事ができません。

XPを手にいれる手順として、大きく5つの作業が必要になります。


    手順1:日本の仮想通貨取引所でBTC(ETH,XEMでもOK)を購入する
    手順2:CoinExchange(海外の仮想通貨取引所)に登録する
    手順3:CoinExchangeのアドレスにBTCを送金する
    手順4:BTCでDOGEコインを購入する
    手順5:DOGEコインでXPを購入する

まだ仮想通貨自体もっていないという人は、Zaifに登録してビットコインを購入するところから始めてください。

手順4でDOGEコインを購入する理由は、BTCで購入するとXPとの価格差が激しすぎて、通常のレート以上の金額で購入してしまう可能性が高いからです。最近はXPの価格も上昇しているので、XP価格が上がってくればそのズレも解消されると思いますが、安いうちはDOGEコインを間に挟んで取引したほうが得なようです。


ゲームやeスポーツ関連の仮想通貨は他にもたくさんあるので、XPが他の仮想通貨と比べて優位にたてそうなポイントが見つかりません。

個人的にゲームは賞金制度や賭博のようなシステムが流行ると思っていて、ByteballやAugerなどがすでにあるのでゲーム領域に入り込むには世界的人気ゲームとコラボするとか、導入実績がでてきてからのような気がしています。


また、学習やコミュニケーションを評価するというのが、結果よりも過程を評価するような制度になっているんだと思います。今まで努力とか、大した事をせずダラダラ過ごしたい人にとってはこっちのシステムのほうがいい気がしますが、最終的には誰でも評価されインフレ状態になってしまう可能性がありますので、過程よりも実績を出した人を評価するシステムと、XPを支払う事でXP内でしか手に入らない何かがあるともっと良くなるはずです。