Stellar(ステラ)の基本情報

Stellarの基本情報
項目 詳細
公開日2014年7月31日
通貨名Stellar
通貨単位XLM(ルーメン)
発行上限なし(1,000億XLMから1%/年づつ上昇)
システムStellar Consensus Protocol

Stellar(ステラ)とは、仮想通貨Rippleの複製

Stellar(ステラ)は、Ripple(リップル)の決済プロトコル開発メンバーだったJed McCakeb(ジェド・マケーレブ)氏を中心にRippleのソースコードを流用した後、改良を加えて開発されることになりました。システムもブロックチェーンではなく、コンセンサスアルゴリズムを採用し、Rippleの複製として扱われることが多くあります。

Rippleについては以下の記事で詳しくまとめていますので、参考までにご覧ください。

関連記事:仮想通貨リップルの将来は銀行と組めるかどうか

StellarとRippleの違いは発行上限にある

StellarとRippleの発行上限はどちらも1,000億枚となっていますが、Rippleが追加発行がない(発行上限が1,000億XRP)のに対して、Stellarは初期発行1,000億XLMから毎年全体の1%ずつ追加発行されていくという仕様になっています。


Stellarは送金速度が速い

公式サイトにも記載があるようにStellarの魅力は送金速のの速さです。Rippleと同様のシステムを使うことによって一件のトランザクションを処理するために必要な時間は2〜5秒となっています。(ちなみにリップルは3.36秒)

関連記事:仮想通貨用語「トランザクション」の意味

タイの証券取引委員会がXLMによるICOを許可

タイの証券取引委員会は2018年6月8日に以下の仮想通貨トークン以外でICO(仮想通貨による資金調達)をすることを禁止しました。

タイで許可されているICOトークン
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ステラ(XLM)

Stellar(ステラ)のチャート、相場

stellarチャート

ビットコインやリップルと同様に市場に左右された相場になっています。2018年6月11日時点での相場は1XLMあたり27円(0.25ドル)でした。現在の価格は以下の通りです。


Stellar(ステラ)の特徴まとめ

Stellar(ステラ)の特徴
  • Rippleとシステムがよく似ている
  • 送金が速い
  • 通貨の発行上限がなくトークンの総量は増え続ける
  • タイの証券取引委員会がXLMによるICOを許可

Stellar(ステラ)の将来性

Rippleと同様に世界中の銀行との連携が必要になるため、Stellarを広めるには国際的な政治力が問われてきます。発行上限がないというのはインフレリスクがあがるため、本来はデジタル通貨のメリットを活かして小数点以下の数字を増やすことで対応できるはずのこともあるはずです。