一般NISAと積立NISAどっちが得?

この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「一般NISAと積立NISAどっちが得?」
    「積立NISAに向いている人はどんな人?」
    「積立NISAにはデメリットはある?」

もくじ(コンテンツ)









NISAとは

NISA(ニーサ)とは2014年1月から日本でスタートした少額投資非課税制度のこと。

日本に住んでいる20歳以上の方を対象に、指定された金融機関で一人1口座のみNISA口座を開設することができます。


NISAは税金がかからない

NISAは非課税

NISA最大のメリットは投資で得た利益に税金がかからないことです。


一般的には株式や投資信託投資で得た利益に対して「20.315%」の税率で税金を支払う義務が発生します。

たとえば50万円の投資が150万円となった場合は、100万円の利益が発生しているので203,150円(約20万円)の税金を支払う義務が発生します。


NISAは決められた投資期間と投資額のルールを守れば、そこで得た利益に対して全額非課税となり、税金を一切支払う必要はありません。

これから投資をする方はNISAを使った方が絶対に得ですし、すでに投資をしている方でもNISAを使い切ってから他の投資をした方が支払うべき税金が少なくなり、身入りが多くなるはずです。


NISAについては、以下の記事でも詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてください。


「NISA」と「積立NISA」おすすめはどっち?

NISA比較表
項目 一般NISA 積立NISA
対象年齢20歳以上20歳以上
非課税投資期間5年間20年間
年間非課税投資枠120万円40万円
累積非課税投資額600万円800万円
投資対象商品投資信託、株式等条件を満たした投資信託のみ
投資方法制限なし継続的な買付のみ
金融機関の変更各年変更可能各年変更可能

NISAには「NISA(一般NISA)」「積立NISA」「ジュニアNISA」3つの種類が存在します。

(3つ目のジュニアNISAは子供や孫のための投資なので、今回は除外して説明します。)


NISAは一人1口座しか持つことができません。

つまりNISA(一般NISA)と積立NISAを併用するということができないため、どちらか一つを選択する必要があります。


自分にあったNISA口座を選ぶための参考材料を紹介していきます。


非課税期間の違い

非課税期間とは、投資売買が非課税となる限定的な期間のことです。


一般NISAの場合は非課税期間が5年間と決まっているため、6年目以降に金融資産を売却した場合は税金が発生する仕組みです。

非課税期間内に売り買いを完結させる必要があるという点においては、非課税期間は長ければ長いほど有利ということになります。


積立NISAは一般NISAの非課税期間と比べると4倍の20年間となっています。

少しでも長く投資をしたいという方は「積立NISA」がおすすめです。


年間非課税投資枠の違い

年間非課税投資枠とは、1年間に投資できる上限金額のことです。

年間非課税投資枠の上限を超えて投資することも可能ですが、上限を超えた分は課税対象となってしまいます。


一般NISAでは年間120万円までの投資が非課税対象ですが、積立NISAでは年間40万円までとなっています。


投資を開始するとなれば、ご自身の給料から支出するので、非課税投資枠を月換算にすると投資額のイメージがしやすいと思います。

一般NISAは毎月10万円、積立NISAでは毎月約3万円(33,333円)が非課税対象となります。


毎月3万円以上の支出に問題がないという方は一般NISAを検討してもいいかもしれません。

逆に、毎月3万円の支出は厳しいという方は、積立NISAで出費をおさえるべきです。


投資対象商品の違い

一般NISAと積立NISAでは投資できる金融商品が異なります。


積立NISAでは、原則として金融庁の許可が下りた投資信託のみが投資対象です。

投資信託とは、「投資専門家を信じて、投資を託す」金融商品です。

投資信託の仕組み

上記の図のように金融のスペシャリストが世の中にある株式や不動産などの金融商品から優良な銘柄だけを1つにまとめた金融商品が投資信託です。


一般NISAでは、積立NISAで投資できる投資信託はもちろんのことFXや外国株式などにも投資することが可能です。

金融商品選択肢が圧倒的に広がるため、金融商品に詳しい方や銘柄選びが得意な方は一般NISAの方が効果を発揮することができます。


総合的にNISAを比較してみると

「一般NISA」と「積立NISA」を比較
項目 一般NISA 積立NISA
リスク比較的高い中程度
リターン比較的高い中程度
銘柄選び難しい簡単
奪われる時間かなり大きい
(常にチャートとにらめっこ)
ほぼなし
(基本、ほったらかし)

総合的に2つのNISAの違いと捉えると、以下のようになります。

  • 一般NISA:勉強やチャートで時間を犠牲にするが、高いリスクを伴った「一攫千金」の投資スタイル
  • 積立NISA:基本、ほったらかし投資。投資信託を選んだ後は気長に待つ投資スタイル

積立NISAをおすすめする理由

投資経験がほとんどない方であれば、「積立NISA」がおすすめです。

その理由をこれから説明していきます。


積立NISAは少額投資に向いている

積立NISAは少額投資に向いています。


積立NISA対象となっている2019年現在のトップクラスの投資信託の利回り成績は4〜6%です。

仮に利回り2〜4%で20年間積立NISAを運用した場合の評価額(積立額+利益額)を想定すると以下のようになります。

積立NISA利益額想定
積立金額 利回り2% 利回り3% 利回り4%
100円29,480円32,830円36,677円
500円147,398円164,151円183,387円
千円294,797円328,302円366,775円
5千円1,473,984円1,641,510円1,833,873円
1万円2,947,968円3,283,020円3,667,746円
2万円5,895,937円6,566,040円7,335,493円
3万円8,843,905円9,849,060円11,003,239円

毎月1万円(年利2%)の投資でも約300万円の資産形成が実現可能です。

さらに毎月3万円(年利4%)の投資ともなれば、20年後には1,100万円以上の資産を形成できる可能性があります。

1,100万円の内訳は積立総額が720万円で利益額は380万円となり、お金がお金を稼いでくれる仕組みです。


毎月に換算すれば小さな積立金額ですが20年間(240ヶ月)続けることによって、とても大きな資産を形成できる可能性があるのは、嬉しいことです。

当然リスクを伴っていますが、20年間銀行預金で年利0.001%でお金を保管するよりは有効な資産運用方法だと考えます。


投資信託の種類は150種類以上

積立NISA対象の投資信託は、取扱件数が最も多いSBI証券で150種類もの取扱があります。


その中でも人気なのが「ひふみプラス」という商品です。

ひふみ投信という投資信託企業が運営する金融商品ですが、過去3年間のトータルリターンは「6.07%」と超高利回り商品となっています。

仮に3万円(利回り6.07%)の積立投資で20年間運用できた場合は、評価額約1,552万円(積立額800万円+利益額752万円)となります。


ただし、利回りが高い商品はその分損失するリスクも高くなります。

投資信託の中には、国債や不動産投資関連の投資信託などリスクの低い金融商品も多数存在します。

一人一人にあった投資信託がかならず見つかるはずです。


積立NISAのデメリット

積立NISAには少額投資に向いているなどのメリットがある一方でデメリットも存在します。

デメリットを把握することで、効率的な積立NISAの使い方を覚えていきましょう。


積立NISAは短期的な利益回収がしづらい

積立NISAの投資対象となる金融商品(投資信託)は、株式やFXなどの投資と比べると短期的に利益を稼ぐことはできません。


最低でも5年、10年のスパンで利益が出るか出ないかを見極めていく必要があります。

短期的に利用する予定のあるお金を積立NISAに回してしまうと、損失が出ている状態で解約する可能性も高くなります。


積立NISAは「少額投資」「長期運用」が基本の金融消費だと把握すべきです。

どうしても短期的に利益を回収したい、大きな金額を運用したいという方は一般NISAがおすすめです。


積立NISAでは株主優待が受けられない

株主優待を発行する企業の株が投資信託の保有銘柄に加えられていたとしても、株主優待の受取手は投資信託になってしまうため、積立NISA口座所有者が株主優待を受け取ることはできません。


ただし、投資信託が分配金を発行する場合は分配金を受け取ることができます。

積立NISAの場合、分配金は非課税なので税金を払う必要はありません。投資以外の目的に全額使うことも可能です。


積立NISAは特定の株式銘柄に投資することができない

Uber(ウーバー)やAirbnb(エア・ビー・エヌ・ビー)などの将来有望な企業に投資できる場合、積立NISAを使って投資することはできません。

積立NISAで投資できるのは投資信託のみとなるので、特定の株式銘柄だけを購入することができないからです。


どうしても特定の銘柄だけを購入したい場合は一般NISA口座への変更手続きをするか、NISA以外の口座を使って購入する必要があります。

ただし、特定銘柄への投資は積立NISAよりもハイリスク・ハリリターンであるということを忘れてはいけません。


積立NISAに向いている人

私から言えることは、積立NISAはかなり日本人向けの投資方法だということです。


日本人は投資を嫌煙しかがちで、どうせ私には向いていないと考えている人も多いと思いますが、

以下のような状況に該当する方は、ぜひ「積立NISA」を始めてみてほしいです。


積立NISAに向いている人
  • 忙しい会社員は積立NISAに向いている
  • 育児中の主婦は積立NISAに向いている
  • 無駄遣いが多い方は積立NISAに向いている

忙しい会社員は積立NISAに向いている

積立NISAというのは、基本ほったらかしながら投資する方法です。

毎日チャートを確認したり、テクニカル指標などを分析する必要はありません。(むしろ、しない方がいいです。)


投資には興味があるけど、勉強する時間がなくて始められないという方にはモッテコイの投資方法なのです。

毎日仕事で忙しい会社員や子育てや家事などの激務に追われている主婦でも、一旦始めさえすれば後はほったらかして5年、10年放置でOKです。

負担のない金額を投資することによって、5年後、10年後には大きな資産を作れる可能性が広がります。


人生においてマイホームや結婚式など大きなお金を必要とする機会があるはずですが、その時の足しになるかもしれません。


始める時期が早ければ早いほど、有利なので興味のある方は今から進めてみてください。

当ブログでもおすすめの証券会社を紹介していますので、まずは証券会社の無料口座登録と資料請求から初めて見るのが良いです。

関連記事:積立NISA、おすすめの証券口座【2019年版】

無駄遣いが多い方も積立NISAは向いている

無駄遣いが多く、なかなか貯金が貯まらないという方も積立NISAが向いています。

ファッションや趣味など好きなことがあれば、どうしてもたくさんお金を使ってしまい、後から考えると出費を抑えておけばよかったと後悔する人はすぐに積立NISA投資を始めるべきです。


積立NISAへの投資は給料から自動天引きがおすすめです。

先に必要な資金を投資してしまうことで、残りの金額でやりくりする思考が生まれるからです。


毎月千円でも構いません。

負担のない金額から始めることで、将来の資産形成を加速させることができます。

先ほど紹介したように千円でも20年後には30万円程度の資産を形成できる可能性は高いです。

ぜひ、以下のページを参考に「積立NISA」にチャレンジしてみてください。

関連記事:積立NISA、おすすめの証券口座【2019年版】