カタパルトとは、仮想通貨取引所を運営するテックビューロ社とNEM開発チームが共同開発したプライベートブロックチェーン「mijin」のアップデートプロジェクトとなります。

既に存在する「mijin」から「mijin v.2」へとアップデート(進化)するプロジェクトを「カタパルト」と呼んでいます。


mijinとは、誰でもブロックチェーンを使えるようにするための商品


動画にある通り、mijinは個人や企業などが簡単にブロックチェーンシステムを作る事ができる商品です。

mijinのシステムは、ビットコインのように世界中に広げて利用する(パブリックブロックチェーン)事もできれば、利用サイズに合わせて企業の中だけで使う(プライベートブロックチェーン)事もできるため、非常に汎用性が高いブロックチェーン技術となっています。


カタパルトとは、どんなプロジェクト内容なのか

カタパルトが実現すると以下のことが期待されています。

カタパルトの詳細
  • 毎秒4,000件以上の処理速度
  • マルチレベル・マルチシグ
  • Aggregate Transactions

カタパルトが実現されると、取引(トランザクション)の処理速度が格段に上がります。

トランザクション処理速度比較
通貨銘柄 秒間の処理件数
Bitcoin7件
Ethereum15件
Ripple1,000件
mijin.v24,000件

カタパルトを実行することによって、他の仮想通貨よりも格段に処理速度が速くなり、世界一の利用されているクレジット決済「VISA」のスループット(データ処理)に匹敵します。

マルチレベル・マルチシグでは、3つのレイヤーまでマルチシグを実装し、人に限らずモノ(商品)やサービス(無形物)を署名者とする事が可能となります。さらに、Aggregate Transactionsによって複数のトランザクションを同時に処理できるようになります。