もくじ(コンテンツ)








仮想通貨CET(CoinEx Token)とは

仮想通貨CET(CoinEx Token)とは、仮想通貨取引所CoinExが発行する独自トークンです。

2018年6月20日にトークン所有者への配当と買い戻し計画を発表したことで仮想通貨CETの価値は1日で7倍以上にも跳ね上がり、現在注目されている配当型トークンの一つです。


配当型取引所トークン

CET(CoinEx Token)のように、仮想通貨取引所の手数料収入をトークン保有者へ配当するトークンを「配当型トークン」と呼びます。

株券の配当のような仕組みで、仮想通貨取引所の取引手数料収益をトークン保有者に配ることがマイニングと似ているという意味で「取引マイニング」という言葉も一般化しつつあります。

取引マイニングは、2018年5月4日仮想通貨取引所FCoinからリリースされた「FCoin Token」から始まりました。

現在では、CoinExが発行するCET(CoinExToken)をはじめ、bgj取引所が発行する「BCトークン」など、たくさんの取引所が配当型トークンを発行するにようになり、仮想通貨市場の中でドレンドになっています。

配当型トークンについては以下の記事でまとめていますので、良ければご覧ください。

関連記事:仮想通貨取引所が発行する「配当型トークン」の将来性を考察

仮想通貨取引所CoinEx

仮想通貨取引所CoinExとは、マイニングプール大手のViaBTCが運営する仮想通貨取引所です。

関連記事:仮想通貨用語「Mining(マイニング)」とは?わかりやすく解説
関連記事:マイニングプールとは。仕組み、シェア率を比較。

ViaBTCはBitcoinのマイニングシェアが世界3位となる超大手企業が運営しており、財政的にも潤沢な仮想通貨取引所となっています。

仮想通貨取引所CoinExの詳細については以下の記事でもまとめていますので、ご覧ください。

関連記事:CETトークンを発行する仮想通貨取引所CoinExとは?

仮想通貨CET(CoinEx Token)の基本情報

項目 詳細
公開日2018年3月29日
通貨単位CET
発行枚数100億枚
トークン規格ERC20

仮想通貨CET(CoinEx Token)の特徴

CETの特徴まとめ
  • エアドロップ(無料配布)されるCETがある
  • 定期的に運営が買い戻すため、価値が安定しやすい
  • 手数料割引がある
  • CoinExの上場銘柄投票に参加できる
  • BCH,BTC,USDTと交換可能
  • 専用APIサービスを購入できる

仮想通貨CET(CoinEx Token)のエアドロップ

CoinExでは、CoinEx取引所にXRP(リップル)を預けておくと、預けた分の2倍のCETがもらえる企画が開催されました。

1日最大10,000CETがエアドロップされましたが、このエアドロップされたCETがのちに暴騰し、話題になります。

エアドロップが開催された期間は2018年5月23日から6月1日までとなります。(既に企画は終了済)

公式のお知らせ:CET Airdrop to New coin balances: Ripple (XRP)

これをチャートで見ると、以下のようになります。

CoinExチャート

エアドロップ開催期間中のCET価格は1CET = 0.000007BCH程度で推移していましたが、2018年7月には1CET当たりの価格が0.0001872BCHまで高騰し、約26倍近い急成長を遂げます。

仮に、1,000XRP(当時のレートで約6万円分)をCoinEXに預けておけば、は2018年5月23日から6月1日までの間、9日間毎日2,000CETずつ貰うことができ、7月上旬にはエアドロップされたCETの金額は288,000円となります!

もう一度言うと、預けた約6万円分のXRP(リップル)が28万円分のCETを受け取ることができたということです。

これが、60万円、600万円のリップルを預けていた場合は、280万円、2800万円分のCETを無料でもらえていたということで、CETのエアドロップが非常に話題になりました。


7月のCETのエアドロップ企画

先ほど紹介したXRP(リップル)のエアドロップ企画以外にも、いくつもエアドロップ企画が開催されています。

2018年7月でいえば、No BS Crypto (NOBS) という仮想通貨が投票制度にて上場したことにより、7月23日の4:00から2018年7月30日の4:00までの間に総額50万CETを配ることを発表しました。

公式のお知らせ:No BS Crypto Online: Deposit 5000 NOBS Get 1 CET

仮想通貨CET(CoinEx Token)の取引マイニング(配当)

取引マイニングとは、ユーザがCoinExで取引をするたびに支払う手数料をCET保有者に配当するシステムです。

CETは配当型トークンと言われており、株式の配当と似た仕組みになっています。


取引マイニング(配当)の条件

取引マイニングの恩恵(配当)を受けるには、条件があります。

  • 100以上のCET保有していること
  • CETをCoinExに保管していること

上記の条件を2つとも満たす必要があります。

CoinExは1時間ごとにCETの保有状況を記録し、確認します。

CETの保有数に応じて、各ウォレットへ毎日1回配当が実施されます。


取引マイニング(配当)の仕組み

CoinExでは、CET(CoinEx Token)の総発行量100億枚のうち、50%を無料配布すると公表しています。

 配当計画

2018年7月24日時点で、配布された割合は「36%」となっています。

取引マイニング(配当)は、収益は80%が毎日CETで配当され、残りの20%は運営費として使われます。(取引マイニング終了後は、支払いタイミングが毎日から毎月1回に変更されます。)

個人が受け取れる配当量の計算は「(CET保有量/全体流通量) × CoinExの手数料収益80%」で算出され、CETを多く保有すればするほど、与えられる配当量も大きくなるということです。

ある調査によれば、CETの還元率は0.1%程度で、CoinExに支払った取引手数料が返ってくるという印象だそうです。

CETの価値が上がれば収益も大きくなりますが、現状ではまだまだ知名度も小さい仮想通貨なので、取引マイニングだけで収益化を計画するのは難しそうです。

取引マイニングの特徴

取引マイニングの特徴を短くまとめると、以下のようになります。

CoinEx取引マイニングの特徴まとめ
  • 100以上のCETをCoinExで保管することが条件
  • 取引マイニング終了後も配当は継続される
  • CET保有量に比例して配当が実施される
  • CETの還元率(リターン)はわずか0.1%程度

仮想通貨CET(CoinEx Token)の将来性

CETは、配当型取引所トークンの一つとして捉えられ、BNB(Binanceトークン)やFCoinTokenと比べると、二番煎じのように感じている人も多いはずです。

しかし、CETは他のトークンとは違って将来性があるという部分を紹介していきます。

CET保有者のための長期配当配当計画

2018年7月7日、CETを発行する仮想通貨取引所CoinExがCET所有者への長期配当計画を発表しました。

外部リンク:Long-term dividend allocation plan for CET holders

発表された内容をまとめると以下のようになります。

長期配当配当計画の要点
  • 取引マイニング終了後も総利益80%をCET保有者へ配分される
  • 残り20%はCoinExの開発費に当てられる
  • 配当は毎月1回のペースで実施される
  • 配当は口座(もしくはCETウォレット)に直接送られる
  • CETを保有するCoinExチームも配当を受ける権利がある

取引所マイニング(配当)を謳う配当型トークンには、マイニング期限があるのが一般的ですが、CETでは期限を設けず長期的に収益を分配することを発表したことが、他の配当型トークンよりも優れていると判断した投資家が多く、発表後は相場が急騰しました。

CET7/7

長期配当計画が発表された時間が2018年7月7日18:27頃となります。その直後から相場が高騰し、2時間たった後でもさらに上げ相場が続いていました。

CoinExが今後、多くの人に利用されて、CETの価値も上昇することにより、CETやCoinExの利用者と取引所が一緒に成長していけるビシネスモデルを確立しました。


仮想通貨CET(CoinEx Token)の買い戻し計画

公式サイトでは、CETの買い戻し計画を公表しています。

”CoinEx will buy back and "burn" CET with 20% of its quarterly profit at the end of each quarter”

つまり、毎年4回(3ヶ月に1回)のタイミングで、CoinExの収益の20%を使って、CETを買い戻し、トークンをBrun(焼却)する計画です。

関連記事:仮想通貨用語「Burn(バーン)」とは?わかりやすく解説

取引所トークンの買い戻しは、超大手仮想通貨取引所BinanceやHuobiがすでに実施しており、成功を収めている価値安定対策のひとつです。

これにより、CETの価値が安定し、暴落を抑制する効果が生まれます。


投票制度による通貨の上場

Vote

CoinExには「vote」という上場銘柄を投票して決めるブラットフォームがあります。

CoinExに上場する銘柄が増えれば、CoinExでの取引量が増えることでCETの価値も上がっていく仕組みです。

2018年7月現在では、上場投票に「ADA」「NEM」などの銘柄がエントリーしています。

NOBSなど、既に上場投票から上場した銘柄もあり、CETがエアドロップされる企画も実施されることで、通貨の取引高は爆発的に成長しています。


パートナーが強力

Partner

CoinExの運営パートナーには、マイニングプール大手「ViaBTC」やBCHチームも加わっており、今後およそ100カ箇所の国や地域に展開していく予定です。


仮想通貨CET(CoinEx Token)の口コミ、評判


仮想通貨CET(CoinEx Token)の購入方法

ここまででCETの将来性や期待値はどのような印象でしたでしょうか。 もし、CETを保有してみたいと思われた方は、以下の方法で購入することができます。

仮想通貨CETの購入方法
    手順1Zaifに登録する
    手順2:ZaifでBCHを購入する
    手順3CoinExに登録する
    手順4:Zaifで購入したBCHをCoinExに送金する
    手順5:CoinExでBCHを使ってCETを購入する