テクニカル分析とは

テクニカル分析とは、過去の値動き(チャート)パターンから将来の値動きを予想する方法です。

テクニカル分析には「移動平均線」「ボリンジャーバンド」など、たくさんの分析手法が存在しますが、どの手法も未来を確実に当てることはできません。そのため、いくつもの手法を合わせて様々な角度から分析する事によって、もっとも確からしい未来を導きだしていくことが重要となります。

重要ポイント!
テクニカル分析は、なるべく多くの分析方法を知っておくこと。

ファンダメンタル分析との違い

テクニカル分析とよく並べれらるのが、ファンダメンタル分析です。

ファンダメンタル分析とは、企業の財務諸表、市場に関連する数値、競合、経済指数など、全般的な情報から値動きを予測する方法です。

ファンダメンタル分析は、生じた要因が値動きに反映するまでのタイムラグや影響度合いが読みづらい面もあるため、短期的な値動きを予測するよりも、長期投資を行う手法としてよく用いられる方法となります。

重要ポイント!
ファンダメンタル分析は長期投資向きで、テクニカル分析は短期トレードに効果的で強い味方になる。

トレンド系テクニカル分析

テクニカル分析は、大きく二つのカテゴリに分ける事ができます。1つは、トレンド系テクニカル分析。もう一つは、オシレーター系テクニカル分析です。


トレンド系とは、文字通り値動きの流れを読む分析方法です。

トレンド系テクニカル分析は、価格が上昇し始めたばかりなのか、長い下落トレンドなのかというトレンドの長さ、短さを分析したり、

価格が急激に上昇しているのか、もしくは緩やかに下降しているのかというトレンドの強さ、弱さを分析する方法になります。


トレンド系の代表的な指標としては「移動平均線」「MACD」があります。


オシレーター系テクニカル分析

オシレーターとは、もともと「振り子」という意味になります。相場が振り子のようにプラスマイナスに揺れる(変動する)ため、その揺れを分析する手法という意味でオシレーター系と言われるようになりました。

オシレーター系テクニカル分析は、価格相場が上がり過ぎていないか、もしくは下がりすぎていないという分析手法になります。


オシレーター系の代表的な指標としては「RSI」「ストキャスティクス」があります。