もくじ(コンテンツ)








仮想通貨(ビットコイン)FXとは

2017年に始まった仮想通貨ブームに乗って、ビットコインを取引する人が急激に増えています。

急激に増えすぎてしまった反発で、2018年1月の仮想通貨は下落相場となっています。

しかし、2018年もビットコインの熱は冷めることなく、むしろ興味がある人が増えており、新規で仮想通貨市場に参加する方々は、下落相場でも資産を増やす事ができるビットコインFXで投資をする流れがあります。

そして、Twitterやブログでも大きな資産を稼いだと公開している人も少なくありません。


日本ではビットフライヤーのビットコインFXの人気が高く、世界でも注目を集めています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

FXと現物取引との違い

そもそ『FX』とは、円やドル、ユーロなどの通貨の価格レート(差)で利益を稼ぐ『外国為替市場』を意味しますが、その他にも以下のような意味で使われる事が一般的です。

  • 信用取引
  • 証拠金取引
  • レバレッジ取引

3つとも「自己資金よりも大きな資金を運用できる」とった意味があり、自己資金の5倍・10倍の資金を借りて投資をしたり、発生する利益(もしくは損失)が通常の倍になる取引のことを『FX』と総称して呼ぶ事があります。

現物取引との大きな違いは、利益額を何倍にもできるという事以外にもあります。

それは、相場が下落していても利益(儲け)を発生させられるということです。

価格が下がる方向に投資(取引)をすることによって、利益が発生するため、2018年のビットコインが下落している状況でも利益を発生させる事ができます。

逆に価格が下がる方向に投資をした際、価格が上がってしまうと損失額が大きくなるという仕組みです。

FXと現物取引との違い
  • 利益額を何倍にもできる
  • 下落相場でも利益が出る


日本のFX市場は大きい

世界のFX市場において、日本は少ない人口ながら6%ものシェアがあり、日本人はFXが大好きと世界では認識されています。

外国為替取引を占める取引高シェアがこちらです。

外国為替取引高の割合
国名 割合
英国37%
アメリカ20%
シンガポール8%
香港7%
日本6%
フランス3%
スイス2.4%
オーストラリア1.9%
ドイツ1.8%
デンマーク1.5%
その他11.4%

上記は、世界52カ国の2016年4月(1ヶ月間)の平均取引量を参考にしています。

国内の取引量を牽引するのは、GMOクリック証券です。

2012~2015年においては、年間のFX取引高が世界1位の企業となっています。

GMOプレスリリース:2012年より4年連続で世界第1位を達成

これらの経緯から、仮想通貨(ビットコイン)FXにおいても、法整備などが整った段階で人気になると予測されています。


仮想通貨(ビットコイン)FXのルール

仮想通貨(ビットコイン)FXでは、価格変動が激しく、自己資産の何倍もの利益を出せることから「ハイリスク・ハイリターン」と言われる投資方法です。

現物取引とは大きく市場が異なることから、独自のルールが存在します。

ここでは代表的なものをいくつか紹介していきます。


自己資金が少ないと取引できない

仮想通貨(ビットコイン)FXでは、取引によって自己資金が少なくなると自動的に取引が中止される「ロスカット」というルールがあります。

自己資金を元手に利益を発生し続けている場合には、全く問題ありません。

しかし、取引が予想した方向と逆向きに動いてしまい損失が膨れ上がった場合、ある一定ラインを超えると強制的に取引が中止され、自己資産がマイナスとなるのを防ぐルールがどの取引所にも設けられています。

通常であれば自己資金が80%もしくは50%程度下がってしまうと、ロスカットルールが発動するのが一般的ですが、取引所の中には100%以下で発動するところもあります。

詳しくは以下の記事でもまとめているので、ご覧ください。

関連記事:GMOコイン(FX、レバレッジ取引)でロスカットしないためのやり方

短期トレードが推奨される

仮想通貨(ビットコイン)FXでは、ある特定の時間をまたいで取引をすると利子(手数料)を支払わなければいけないルールがあります。

そのルールは取引所によって様々ですが、「スワップポイント」「レバレッジ手数料」という言い方が一般的です。

多くの取引所ではスワップポイントを午前0時に設定しており、午前0時を跨(また)いだ取引には0.04%程度の手数料が発生します。

例えば、午後23時から取引を開始し午前1時に取引終了した場合は、取引高の0.04%が手数料として取引所に支払う必要があります。

逆に、午後23時から取引を開始し午後23時半に取引終了した場合は、手数料が発生しません。


さらに言うと、1回跨ぐごとに手数料が発生するため、2日・3日継続した取引にはスワップポイントを跨い多分だけ手数料が発生するという仕組みです。

つまり、仮想通貨(ビットコイン)FXでは、スワップポイントを跨がないように短期的に集中してトレードする方がお得ということになります。


巨大な価格変動に対応できない

2017年1月では10万円だったビットコイン価格が1年後の2018年1月には220万円の値をつけたように、仮想通貨市場では価格変動(ボラティリティ)が激しい状態です。

価格変動が大きくなればなるほど、投資家の利益や損失は比例して大きくなりますが、これは投資サービスを提供する取引所にも同じことが言えます。

つまり、あまりにも大きな価格変動が起きると取引所と投資家双方にとってリスクが高くなるため、その場合取引を強制的に停止させる制度が用意されています。

それらの制度を「サーキットブレーカー制度」と言います。

wikipedia:サーキットブレーカー制度

すべての取引所がサーキットブレーカー制度に対応しているわけではありませんが、ロスカットルールとは別にこのような制度があると言うことを覚えておくべきです。


税金知識がないと危険

仮想通貨(ビットコイン)FXに限らず、投資で得た利益には税金が課せられます。

株式投資の場合は、分離課税という制度があるため運用益に対して20%の課税が課せられます。

しかし、仮想通貨の場合はまだそのような制度がないため、利益額にに応じて最大55%の税金が課せられることになっています。

支払いのタイミングは1月1日から12月31日までの利益額を算出し、3月と6月のタイミングで支払う必要があります。

仮に2017年に発生した利益を再投資して2018年3月までの間にすべて使い切ってしまった場合は税金が払えなくなるという最悪の事態となってしまいますので、十分に注意が必要です。

税金については以下の記事をチェックしておいてください。

関連記事:仮想通貨持ったら、税金について知っておくべきこと

仮想通貨(ビットコイン)FXの注文方法

仮想通貨(ビットコイン)FXには、いろいろな注文方法があります。

これからビットフライヤーやGMOコインで仮想通貨をはじめようと思っている方は是非多様な注文方法をマスターしましょう。

証拠金取引の注文方法一覧
  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFO-OCO注文

実は6種類もあるんです。

この方法を覚えるだけで、リスク回避できたり儲けるチャンスを逃しにくくなるので、是非読み進めてみてください。


成行注文

成行注文とは、市場に出ている価格の中から取引を行う注文の事を言います。

成行注文のメリット
  • 取引が即座に成立する
  • 相場変動のチャンスを逃しにくい

成行注文で買い注文を出すと、取引がすぐに成立する売り注文を即座に探し出し、取引を成立させる注文方法です。

取引金額よりも取引速度に注力した注文方法のため、他の注文方法に比べて割高な取引をしてしまうこともあります。


成行注文のデメリット
  • 取引価格レートを自分で決めることができない
  • 他の注文方法よりも不利な価格で取引する可能性が高い

指値注文

指値注文は、自らが指定した価格(レート)で取引を行うことができます。

仮想通貨FX初心者にとって、成行注文よりも指値注文がおすすめです。

もし自分で設定した金額で取引することができなければ、再度タイミングを見計らって注文をやり直せばいいだけです。無理に注文を通してしまうと、高値掴みをしてしまう可能性があるので、成行注文よりも指値注文になれるようにしましょう。


指値注文のメリット
  • 取引金額を自分で決めることができる
  • 相場が設定金額と重なると自動で注文が進み成立する

取引金額を自分で決めることができるのですが、あまりにも自分にとって有利な価格を設定してしまうと相手にとっては不利な価格となってしまうので、なかなか取引が成立しない恐れもでてきます。

指値注文を設定するには相場状況を把握し、適正価格で注文を出すと取引も素早く完了しやすくなります。

指値注文のデメリット
  • 自分に有利な価格設定にしてしまうと、取引がなかなか決まらない
  • 狙ったタイミングで取引できずトレンドのチャンスを逃してしまう可能性がある

逆指値注文

逆指値注文は、取引中のポジションを指定した価格で約定(取引完了)させる注文方法です。

成行注文、指値注文は新規で取引を注文するのに対して、逆指値注文は取引を約定させる決済注文となります。

例えば、100万円で購入した1BTC保有して売る場合、90万円まで下がったら売るという設定ができるのが逆指値注文です。

逆指値注文のメリット
  • 相場をチェックしていなくても、自動的に利益確定(もしくは、損切り)してくれるので安心

逆指値注文で設定できる金額は1つのみです。

つまり、先ほどの例のように90万円で損切りする設定をしてしまうと、110万円まで上がった時に利益確定させる設定を同時に行うことはできません。

利益を確定させるか、損切りを確定させるかどちらか一方の設定しかできないというデメリットもあります。


IFD注文

成行、指値、逆指値注文は新規注文のみで、決済するタイミングはすべて自分自身で行う必要があります。

しかし、IFD(IF Done/イフダン)注文は、新規注文すると同時に決済するタイミングも初めから設定し自動的に決済を行う注文方法になります。

IFD注文の特徴
  • IFD(IF Done/イフダン)注文とは、新規注文と決済注文を同時に出す注文方法

OCO注文

OCO(オーシーオー)注文とは、指値注文と逆指値注文を同時に出し、一方が約定すればもう一方の注文は自動的にキャンセルされます。

かなりトリッキーな注文方法なので、あまりおすすめはできないです。


IFD-OCO注文

IFD-OCO注文とは、新規注文と2つの決済注文を同時に出す注文方法です。

例えば、新規注文を10万円、決済注文を12万円と9万円で設定した場合、価格レートが12万円を超えるか、9万円を下回った場合に取引が成立します。

リスクを最小限に押さえつつ、利益を取りに行く方法です。個人的には初心者向けの注文方法だと思いますし、投資方法として非常に有効な手段だと言えます。

IFD-OCO注文のメリット
  • 新規注文と2つの決済注文を同時に設定できる
  • 相場をチェックできない、忙しい人におすすめ
  • 仮想通貨FX初心者におすすめの注文方法

仮想通貨(ビットコイン)FXの注文方法一覧

仮想通貨(ビットコイン)FXのの注文方法一覧
注文方法 特徴
成行
  • 取引が即座に成立
  • 相場変動のチャンスを逃しにくい
  • 不利な価格で取引する可能性が高い
指値
  • 取引金額を自分で決めることができる
  • 取引チャンスを逃してしまう可能性がある
逆指値
  • 取引中のポジションを指定した価格で約定(取引完了)させる注文方法
  • 利益を確定させるか、損切りを確定させるかどちらか一方の設定しかできない
IFD
  • 新規注文と決済注文を同時に出す注文方法
OCO
  • 指値注文と逆指値注文を同時に出し、一方が約定すればもう一方の注文は自動的にキャンセルされる注文方法
IFD-OCO
  • 新規注文と2つの決済注文を同時に設定できる
  • 相場をチェックできない、忙しい人におすすめ
  • 仮想通貨FX初心者におすすめの注文方法

仮想通貨(ビットコイン)FXのリスク

仮想通貨は爆発的に需要が伸びていますが、急激な成長にともなって、サービスを提供する取引所の対応が追いついていない現状があります。

特に予期しないサーバーダウンが深刻な問題としてあげられます。

仮想通貨交換業の登録を受けている企業でさえ、サーバーダウンは起きており、日夜サーバー補強やサービス提供の見直しなど、日々改善を繰り返している状況です。

最も危険なのは、取引中にサーバーが落ちてしまう事態が発生してしまうことです。

まず、取引中(ポジション保有中)に何かの影響でサーバーダウンやサービス利用ができなくなると、取引を終了させること(注文を通すこと)ができなくなります。

価格が予想と逆の方向に動き続けた場合、取引を終了することができないため損失が増え続けてしまいます。

結果、取引終了する頃には膨大な損失額となってしまうことがあります。


仮想通貨(ビットコイン)FXの取引所比較

これから仮想通貨(ビットコイン)FXをはじめたいけど、、、

    「どこのサービスを使えばいいのかわからない。」
    「手っ取り早くおすすめの取引所を知りたい」

という人向けに、主要な仮想通貨取引所のサービスを比較し、おすすめの仮想通貨取引所情報をご紹介していきます。

まず、取引所を比較する際に気をつけなければいけないポイントはこちらです。

  • 取り扱い銘柄
  • 最大レバレッジ
  • 取引手数料
  • スワップポイント
  • スプレッド

上記5つのポイントを1つずつ紹介していきます。


各取引所の取扱通貨

取引をしたい銘柄を扱っている取引所を選択するのが1番です。

もし、どの通貨で取引しようか悩んでいる方や初心者の場合は「ビットコイン」を扱っている取引所を選ぶできです。

なぜ、ビットコインかという理由はいくつかあります。

ビットコインを選択する理由
  • 情報収集しやすい
  • 時価総額が大きい


ビットコインは仮想通貨の中でも最も長く取引されている通貨です。

ビットコインについて発信しているメディアが多く、海外メディアはもちろんのこと、日本のメディアでも大きく取り上げられることが多く、世界の状況を把握しやすい環境が整っています。

ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと言いますが、アルトコインの情報やメディアの数はビットコインと比較すると比べ物にならないくらい少ないのが現状です。

情報収集のタイミングや質が少しずれるだけで、投資の結果は変わります。

投資を成功させるためには、質の高い情報をいち早く収集する必要があるため、投資先の銘柄についても情報収集しやすいビットコインを選ぶのが妥当です。


また、ビットコインは時価総額が大きい分だけ価格変動が緩やかという特徴もあります。

時価総額が小さければ小さいほど、価格変動を起こしやすく、技術がしっかりしていない通貨では急に価値がゼロに近づくことも珍しくありません。


最大レバレッジ

これから仮想通貨(ビットコイン)FXをはじめる方であれば、レバレッジは5倍以下など低い倍率を選べる取引所を選ぶのがおすすめです。

投資は100%成功するわけではなく、必ず成功と失敗を繰り返します。

仮に取引の9割が必ず成功するのであれば、レバレッジは大きい方がいいでしょう。

しかし、実際は逆で9割が失敗したとするならば、レバレッジが大きいほど自己資産は急激に減っていきます。

投資にはチャート分析術や統計、確率などあらゆる能力が必要です。

レバレッジの設定はそういう力がついてきた頃に2倍、5倍、10倍とあげていくのが賢明です。

たくさんの失敗を繰り返すことで投資の知識が深まり、成功への道が見えてくるはずです。

最初からいきなり資産を大きくしようと夢(ハイリターン)ばかり見ていると、ハイリスクを被(こうむ)ることにもなります。

ただし、経験を積んでくると高い確率で予測が当たることもあります。

その場合、高いレバレッジを設定できなければ大きな損失につながることもあります。

投資の達人(玄人)ほど高いレバレッジを選択できるようにするべきです。


取引手数料

取引手数料については、ほとんどの取引所が無料(0%)を設定しています。

2018年以降、取引手数料が有料になる可能性もありますが、現状では比較することはできません。

仮想通貨取引所は取引手数料が無料でも何かしら違う形で投資家から費用をもらわないと収益が上がらないビジネスモデルです。

すべてが無料なわけではなく、現在はスプレッドやスワップポイントで投資家から費用を回収するスタイルなので、そこは騙されないように注意しておきましょう。


スプレッド

スプレッドとは、購入価格と売却価格の価格差の事をいいます。

たとえば、ビットフライヤーのビットコイン取引所のスプレッドを見ると、最安値の買い注文が784,790円、最高値の売り注文が784,726円となっています。

bitFlyer

この差、64円(0.008%)がスプレッドということになります。

この差が大きければ大きいほど、取引所の儲けは多くなり、小さければ小さいほど、投資家の儲けが大きくなる可能性が上がります。

取引所によっては、時間や価格変動の大きさでスプレッドが変化するところもあるため、確認する際は、何度かタイミングをずらして複数社確認するのがベストです。

個人的な見解で言えば、GMOコインはこのスプレッドの幅がかなり調整されています。

小さい時と大きい時の差が激しいため、投資初心者にとってはやりにくいと感じるかもしれません。


スワップポイント

仮想通貨(ビットコイン)FXのルールでも説明しましたが、スワップポイント(レバレッジ手数料)は投資家の判断で避けることができるため、手数料率はあまり気にしなくても大丈夫です。

気になる方は極力低い手数料率の取引所を選択するべきですが、日本の仮想通貨取引所では、午前0時のタイミングで0.04%/日程度の手数料率となっています。

それほど、取引所によって差が激しいわけではないため、スワップポイントよりはスプレッドに注目した方がお得な取引が可能です。


使いやすさ

ここでいう使いやすさとは、各社が提供するツールの操作性やレイアウトの見易さを評価したものになります。

当然好みによって好き嫌いはわかれるかもしれませんが、私が実際に使ってみて最も使いやすかったのが、ビットフライヤーのLightningFXです。一度に確認できる情報量が最も多く、短い時間で多くの判断を行う短期トレードに向いているツールだと思っています。

実際にGMOコインやコインチェックの画面を使っている際も、LightningFXだけは同時に開いて値動きをチェックしています。

Zaifのチャートも他の取引所と比べると見やく、自分でチャートに指標を付け足せるため、LightningFXとZaifチャートの組み合わせが最強かもしれません。


取引所比較の総評

今回、各取引所を比較項目を一覧で表にしてみました。

仮想通貨FXの取引所比較表
企業名 BitFlyer CoinCheck Zaif GMO
サービス名 LightningFX 信用取引 信用買い 仮想通貨FX
取扱通貨 BTC
ETH
BCH
BTC
ETH
ETC
BTC
MONA(売りのみ)
BTC
ETH
ETC
BCH
XRP
最大レバレッジ 15倍 5倍 7.77倍 10倍
取引手数料 0% 0% 0% 0%
スワップポイント 0.04%/日 0.05%/日 0.039%/日 0.04%/日
スプレット 0.01〜0.04%程度 0.03〜0.05%程度 0.01~0.03%程度 0.1~0.5%程度
使いやすさ


4社を比較して見た上で一番おすすめできるのは、bitFlyerの「LightningFX」です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyerは2018年に入り、サーバーの強化に尽力していますし、取引所のセキュリティ対策に関しても、Coinbaseと並んで世界一の基準となっているからです。

トレードがしやすい画面(UI)やレバレッジ倍率だけでなく、セキュリティやサーバーの強化も評価できるポイントとしては重要です。

bitFlyerは国内の取引量を比較しても圧倒的なのは、これらの理由があるからです。

未だどこの取引所で仮想通貨(ビットコイン)FXをはじめようか悩んでいる方は、ビットフライヤーから始めて見てはいかがでしょうか。


bitFlyer公式HPはこちら