この記事では以下の悩みや疑問を解決していきます。

    「仮想通貨FXをどこで始めればいいかわからない」
    「ビットコインFXの取引所選びのコツを知りたい」
    「初心者におすすめの取引所はどこ?」

\ 仮想通貨(ビットコイン)FXを始めるならGMOコインがおすすめ!/





仮想通貨(ビットコイン)FX取引所を選ぶ時のポイント

仮想通貨(ビットコイン)FXを提供する取引所選びのポイントは様々です。

選ぶ時のポイントとして以下のような点が考えられます。

取引所選びのポイント
  • 取引量(実績)
  • 取扱銘柄
  • 手数料の高さ
  • スプレッド
  • レバレッジ
  • ロスカットの条件

取引所によってそれぞれ強みがことなり、重要視しているポイントも異なります。

本記事ではそれぞれのポイント別に取引所を紹介していきます。


「取引量(実績)」で仮想通貨(ビットコイン)FX取引所を選ぶ

仮想通貨(ビットコイン)FXを提供する日本国内の仮想通貨取引所の中で、現在最も取引量が高いのはQUOINE株式会社が運営する「Liquid」です。

関連記事:仮想通貨取引所Liquid(リキッド)の評判

Liquidの1日の取引量は80億円にもなります。

国内取引量ランキング
分類 割合
Liquid80億円
bitbank57億円
bitFlyer22億円
CoinCheck11億円
Zaif3億円

Liquidが取引量No1を誇る理由は「ターゲットが世界中であること」と「独自開発された取引エンジンがある」ことです。

日本の仮想通貨取引所は日本人のみに焦点を当てた設計となっており、日本円以外の法定通貨で仮想通貨を購入したり、海外向けのダッシュボードを提供していません。

これに対して、Liquidではアメリカドルで仮想通貨を購入することができたり、海外の人が使いやすいデザイン設計を採用していることで、海外から顧客が流れ込み取引量を伸ばしている要因となっています。

ちなみに海外の仮想通貨取引量実績の上位ランクは以下のような取引量となっています。

世界の取引量ランキング
取引所 1日の取引量
Bithumb1,628億円
BitMEX1,171億円
OKEx666億円
Binance591億円
Huobi556億円

「取扱銘柄」で仮想通貨(ビットコイン)FX取引所を選ぶ

日本の仮想通貨取引所でビットこコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)を取り扱う業者は数多く存在していますが、FXとなると銘柄数は激減します。

FXで扱える銘柄数が多い取引所は「DMM Bitcoin」です。

そもそも国内の仮想通貨取引所でビットコイン以外のFX銘柄を取り扱っている取引所は3つしかありません。(2018年12月時点)

その3つの取引所は以下の通りです。

取扱銘柄比較
取引所 取扱銘柄
DMM BitcoinBTC ETH BCH LTC XRP NEM
GMOコインBTC ETH BCH LTC XRP
ZaifBTC MONA

DMM BitcoinはGMOコインよりも1つ銘柄を多く取り扱っており、NEMのFX(レバレッジ取引)ができるのはDMM Bitcoinだけとなります。

2017年の仮想通貨相場ではビットコインの成長率が14倍だったのに対して、NEMやRippleは200倍を超えて成長しました。

モナコインでは377倍も成長しアルトコイン相場が大いに盛り上がっています。

ビットコイン 以外の仮想通貨FXを試してみたい方はDMM BitcoinもしくはGMOコインがおすすめです。

関連記事:DMMBitcoinはアルトコインのレバレッジ取引が豊富な仮想通貨取引所

「手数料」で仮想通貨(ビットコイン)FX取引所を選ぶ

仮想通貨取引所に関連する手数料は様々な項目があります。

手数料の種類
項目 詳細
取引手数料1回の取引にかかる手数料
入金手数料入金時にかかる手数料
出金手数料出金時にかかる手数料
レバレッジ手数料特定時間の取引でかかる手数料

上記の中で聞きなれない手数料として「レバレッジ手数料」というものがあります。

レバレッジ手数料とは「スワップポイント」とも言われており、特定の時間をまたいで取引を行った際に支払わないけない手数料のことを意味します。

ほとんどの取引所はスワップポイントを午前7時に設定しています。

例えば、午前6時から取引開始をして午前8時で取引を終了した場合、その取引額の0.04%を手数料として取引所へ支払う義務が発生します。

しかし、午前6時から取引を開始して午前6時半で取引終了、午前7時をまたがなかった場合は手数料を支払うことはありません。


それぞれの取引所の手数料を比較してみると以下のようになります。

取引所の手数料比較
取引所 取引手数料 入金手数料 出金手数料 レバレッジ手数料 スワップポイント
bitbank0.01%無料540円~無料なし
Liquid無料500円0.05%午前7時
CoinCheck756円〜0.04%〜新規約定時から24時間ごと
GMOコイン無料0.04%午前6時
DMM Bitcoin0.04%午前7時

今回、新規登録を停止しているbitFlyerとZaifを除いた取引所の手数料を比較しました。

最も手数料が高いのは取引手数料を0.01%とるbitbankです。

1日に何度も取引を開始するたびに手数料が発生してしまうため、何度も取引するプロの投資家にとっては収益が減ってしまう原因が大きいと言えます。

そして最も手数料やすいのは、GMOコインとDMMビットコイン の2社。

取引手数料無料な上に出金手数料まで無料なので、初心者のとってはかなり優しい仕様となっています。

レバレッジ手数料も午前6時から7時のタイミングで取引を開始しなければ支払う必要がないため良心的です。


「スプレッド」で仮想通貨(ビットコイン)FX取引所を選ぶ

スプレッドとは、板情報にある「売値」と「買値」の差のことを意味します。

スプレッドの幅は取引所ごとに調整することができるため、第二の手数料として捉えられます。

特に仮想通貨FXの短期トレードや数秒間隔で取引を行うスキャルピングスタイルなどの投資家はスプレッドに気をつける必要があります。

投資家としてはスプレッドの幅が小さいほど、有利で良心的な取引所です。

取引所のスプレッド比較
取引所 スプレッド
bitbank0.005~0.01%
Liquid
CoinCheck0.03〜0.05%
GMOコイン0.1~0.5%
DMM Bitcoin

スプレッドが最も小さいのはbitbankとLiquid。

細かい値動きで少しずつ利益を出していく投資スタイルの人にはLiquidがおすすめです。

bitbankは取引手数料も別途加味されるため、その分割高と考えるべきです。


「レバレッジ」で仮想通貨(ビットコイン)FX取引所を選ぶ

レバレッジが大きければ少ない資金でも大きく儲けることが可能です。

しかし、リターンが大きくなるということはリスクも大きくなるということを理解した上で、自分にあったレバレッジ倍率を提供する取引所を選択するべきです。

取引所のレバレッジ比較
取引所 レバレッジ
bitbank20倍
Liquid25倍
CoinCheck5倍
GMOコイン5倍、10倍
DMM Bitcoin4倍

レバレッジ倍率が最も高いのがLiquid

レバレッジ倍率を重視する方や投資経験が豊富でリスクを十分に理解している、投資資金が十分にある方はレバレッジ倍率が高い取引所を選択できますが、初心者などこれから仮想通貨FXを始める方は5倍もあれば十分と言えます。

初めは無理にレベレッジ倍率にこだわるのは危険ということを理解しておくべきです。


「ロスカット」で仮想通貨(ビットコイン)FX取引所を選ぶ

ロスカットとは取引中の含み損を含めた自己資金がある一定ラインまで下がった場合、取引中のポジションを強制終了し、損失を確定させるルールです。

たとえば証拠金維持率50%でロスカットルールを設定している取引所で10万円から仮想通貨(ビットコイン )FXを始めた場合、取引中のポジションがマイナス5万円の含み損を記録した時点で取引が勝手に終了することになります。

ロスカットルールは顧客資産がマイナスとなるのを防ぐ対策でもありますが、価格変動の激しい仮想通貨市場ではマイナスと腹炊いてしまう局面もあります。

取引所のロスカットルール比較
取引所 証拠金維持率 追証
bitbank20%追証なし
Liquid110%
CoinCheck50%
GMOコイン75%
DMM Bitcoin80%

Liquidでは証拠金維持率が110%下回ってしまうとロスカットが発生するという厳しいルールとなっています。

100%以上となると、自己資金を全て投資に回すことができず、取引所には一定以上の金額を預けておく必要があるということになります。

通常FX取引では追証(おいしょう、追加証拠金)というルールが設けられることがあります。

追証(おいしょう)とは、取引によって投資資金の価値が一定ライン以上下がった場合、取引所が定める期日までに追加予算を振り込まなければいけないルールのことを意味します。

追証は資金が潤沢にない方や初心者にとっては不利に働くことが多いため、追証がある取引所を選択することはおすすめしませんが、ほとんどの取引所では設けられていません。


初心者におすすめ!仮想通貨(ビットコイン)FX取引所

さて、様々な角度から仮想通貨取引所を紹介してきました。

いろいろな角度から分析した結果、初心者にとって最もおすすめできる取引所は「GMOコイン」と考えます。


手数料の安さ、大手企業という経済的安心さ、セキュリティ対策やサーバなど設備投資の将来性など総合的に加味した場合、これから仮想通貨FXを始める方にとって最もおすすめできるのがGMOコインとなります。

さらにはスマートフォン画面の使いやすさや充実した機能があることも決め手となりました。

これから仮想通貨FXを始める方は是非GMOコインではじめてみてはいかがでしょうか。

関連記事:仮想通貨で稼ぐ仕組みをわかりやすく解説します。