仮想通貨TenXとは?わかりやすく解説

TenXとは、ウォレットにある仮想通貨資産をリアルタイムに現金化して決済ができるプロジェクトです。

仮想通貨決済を導入していない店舗でも、(デビット)カード決済を導入している店舗であれば、仮想通貨資産を使って商品を購入したり、サービスを受けたりすることができるということになります。

実際に決済しているところを見た方が早いと思うので、以下はTenX公式Youtubeチャンネルに挙げられている動画を紹介します。

マクドナルドに行きBTC(ビットコイン)、REP(Augur)、ETH(イーサリアム)、DASH(ダッシュ)の中から、仮想通貨DASHを選んで決済をしているのがわかりましたでしょうか。

このように決済するときの相場に合わせて仮想通貨が現金に変わるので、使いたい時に使いたい通貨に変換できるのがTenXの最大の利点となります。


現金化に対応できる通貨はまだ少ない

TenXを使って現金化できる仮想通貨はまだそんなに多くはありません。

現時点ではビットコイン、イーサリアム、イーサリアムERC20トークン(DGX、REP、TRUST、ANTなど)、ダッシュとの通貨をリアルタイムで交換する事が可能です。


TenXカードの申し込み、作り方

TenX

TenXが使えるカードの申し込み方法はAndroid版、ios版、web版のアプリの中から自分に合ったアプリケーションをインストール後、アプリ内でカードの発行を申請できる仕組みとなっています。


TenXを保有するだけで報酬がもらえる

TenXには、リアルタイムに現金化を行えるという特徴以外にもう一つ素晴らしい特徴を持っています。

それは、TenXはトークン保有者へ、保有するだけで報酬が与えられる仕組みを導入しているということです。

TenX仕組み

TenX仕組み2

上図の青い部分にある通り、自分でTenXカードを使って決済した場合には利用金額に対して0.1%の報酬がもらえます。さらにTenXホルダーへ、決済金額0.5%分をPAYの保有量に応じてイーサリアムで報酬が与えられます。

上記の図は、一万円でショッピングすると50円の報酬を受け取っています。これは、PAYの保有者が一人である場合を想定していますが、実際にはたくさんのTenXホルダーが存在します。


VisaとMasterCardのデイリーの決済量を参考に、TenXの1日の決済量が200億円だったと仮定した場合1PAYを保有している人には、0.5円の報酬が毎日もらえるという計算になります。2017年10月のTenXの価格相場を見ると1PAY=200円で取引されていますので、200万円分(20,000PAY)保有していれば、TenXの1日の決済量が200億円に達した場合は毎日1万円分(イーサリアム)の収入を得ることになります。


TenXプロジェクトチーム

TenXは60名近いチームで構成されており、新しくプロジェクトに関わる人事を公式ブログやYoutubeを使って公開しています。


今月は2017年9月にプロジェクトに参加したマーケティング担当ヴェロニカ氏について紹介しています。


その他にもたくさんのメンバーを紹介しています。

仮想通貨TenXの通貨単位は「PAY」

TenXの概要
項目 詳細
公開日2017年6月6日
通貨単位PAY
コイン供給上限205,218,256 PAY
ICO実施済(成功)
ICO調達金額200,000ETH

TenXの通貨単位は「PAY」となります。ちょっと覚えにくいかもしれませんが、1度確認しておけば問題なしです。


TenXが上場している取引所

TenXはICO終了後、多くの仮想通貨取引所で取り扱いが開始されています。

TenXが上場している取引所
  • OKEx
  • Bittrex
  • Huobi
  • Upbit
  • Vebitcoin
  • Gate.io
  • ChaoEX
  • LATOKEN
  • Neraex
  • Liqui
  • Bit-Z
  • Kucoin
  • HitBTC
  • Cryptopia
  • EtherDelta
  • Livecoin
  • COSS
  • IDEX
  • BigONE
  • Coinrail
  • Cobinhood

TenXチャート

TenXの価格推移
日付 PAY価格
ICO時0.0028 ETH
2017年7月0.0035 ETH
2017年8月0.0174 ETH
2018年5月0.0016 ETH

TenXチャート

TenXのICOでは1eth = 350PAYのレートでトークンは販売されましたが、2017年8月でICO時の6倍に成長するも、2018年5月時点では、ICO価格を下回る結果となっています。



TenXの購入方法

ICO価格よりもかなりお買い得になっているTenXですが、残念ながら日本の仮想通貨取引所では扱っていないため、海外の取引所も活用して購入する必要があります。

TenXの購入方法
    手順2:Zaifでビットコインを購入する
    手順3:OKExに登録する
    手順4:Zaifで購入したビットコインをOKExに送金する
    手順5:OKExでビットコインを使ってTenXを購入する

通貨の保管はMyEherWalletがおすすめ

仮想痛感の保管は取引所で行うと、ハッキングやパスワード盗難のリスクがあるため、秘密鍵をオフラインにおけるMyEherWalletがおすすめです。