仮想通貨TenX(PAY)とは

TenXとは、ウォレット(仮想通貨を管理できる財布)にある仮想通貨資産を、リアルタイムに現金(法定通貨)に交換し、決済ができるプロジェクトです。

カード決済を導入している店舗であれば、仮想通貨決済を導入していない店舗でも仮想通貨資産を使って商品を購入したり、サービスを受けたりすることができます。


実際に決済しているところを見た方が理解が早いと思うので、以下はTenX公式Youtubeチャンネルに挙げられている動画を紹介します。

マクドナルドに行きBTC(ビットコイン)、REP(Augur)、ETH(イーサリアム)、DASH(ダッシュ)の中から、仮想通貨DASHを選んで決済をしているのがわかりましたでしょうか。

決済するときの相場に合わせて仮想通貨がリアルタイムに現金に変わるので、使いたい時に使いたい通貨に変換できるのがTenXの最大の利点となります。


TenX(PAY)が対応できる通貨

ビットコインなどの仮想通貨をリアルタイムに法定通貨に変更する場合、TenXのブロックチェーンとつながる必要があります。

つまり、TenXにサポートされていない仮想通貨では現金化することができません。

現時点でTenXにサポートされている仮想通貨は以下の通りです。

TenXにサポートされている通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ダッシュ(DASH)
  • ERC20トークン(DGX、REP、trUST、ANTなど)

TenXカードの申し込み、作り方

TenX

TenXが使えるカードの申し込み方法はAndroid版、ios版、web版のアプリの中から自分に合ったアプリケーションをインストール後、アプリ内でカードの発行を申請できる仕組みとなっています。


作業手順としては以下の通りです。

TenXカードの申し込み方法
    手順1:「Google Play」もしくは「App store」でTenXのアプリをインストールする
    手順2:アプリ内で名前とメールアドレ、電話番号を入力
    手順3:電話番号はSMSで認証コードを入力
    手順4:アプリのPINコードを設定
    手順5:アプリで表示する法定通貨単位(JPY)を設定
    手順6:利用規約を確認し、受諾ボタンを押す
    手順7:住所、生年月日などの個人情報を入力
    手順8:ウォレットに仮想通貨を送金し、カードを注文
    手順9:再度、住所確認しカード申請を完了
    手順10:カード到着後、アプリ内を起動しカードボタンをタップ
    手順11:個人情報の画面でProceed→Confirm→ここでの順でタップ
    手順12:カード番号(下4桁)を入力
    手順13:活性化するをタップして、完了

カードを申請してから、指定の住所に到着するまで半月以上はかかります。

カード申請も無料ではなく、2,000円程度はかかってしまうので、費用面も考慮してください。

また、アプリ内はすべて英語です。利用規約等も英語で確認する必要があります。


TenXカードの利用料金
項目 料金
発行手数料$15
年間維持費$10
(年間$1,000利用で免除)
海外利用無料
チャージ手数料無料
支払い手数料無料
ATM手数料$3
チャージ上限金額なし
残高上限金額なし

仮想通貨TenX(PAY)の基本情報

TenXの基本情報
項目 詳細
公開日2017年6月6日
通貨単位PAY
コイン供給上限205,218,256 PAY
ICO実施済(成功)
ICO調達金額200,000ETH

TenXの通貨単位は「PAY」となります。ちょっと覚えにくいかもしれませんが、1度確認しておけば問題なしです。


TenXプロジェクトチーム

TenXは60名近いチームで構成されており、新しくプロジェクトに関わる人事を公式ブログやYoutubeを使って公開しています。


今月は2017年9月にプロジェクトに参加したマーケティング担当ヴェロニカ氏について紹介しています。

その他にもたくさんのメンバーを紹介しています。


ブランドをリフレッシュ

2018年8月2日、TenXはブランドのロゴなどリフレッシュしたことを以下の公式ブログで発表しました。

外部リンク:Refreshing the TenX brand — Bringing cryptocurrencies to the masses

logo

前は黒い背景に白いテキストで「TenX」と描かれていましたが、リフレッシュ後は色が反転しています。


仮想通貨TenX(PAY)の配当

TenXには、リアルタイムに現金化を行えるという特徴以外に、もう一つ素晴らしい特徴を持っています。

それは、TenXはトークン保有へ報酬が与えられる仕組みを導入しているということです。

TenX(PAY)取引手数料の分配率

TenXは他の仮想通貨同様に、決済をすると必ず手数料が発生します。

発生する手数料は、決済金額に対して3%となっています。(1万円分のお買い物をした際には、300円分の手数料が発生することになります。)

3%の手数料は、決済をしたユーザが支払いますが、その分配先は以下のようになっています。

取引手数料の分配先
分配先 分配率
カード利用者3%
TenX(PAY)ホルダー17%
TenX運営47%
決済事業者(VISAなど)33%

以下の表でみるとさらにわかりやすいと思います。

TenX仕組み

TenX仕組み2

上図の青い部分にある通り、自分でTenXカードを使って決済した場合には利用金額に対して0.1%の報酬が還元されます。

さらに、TenX(PAY)ホルダーであれば決済金額0.5%分をPAYの保有量に応じてイーサリアムで報酬が与えられます。

TenX(PAY)ホルダーへの報酬は、自分自身が使っていなくても他のTenX利用者がいれば、報酬はその都度発生する仕組みのため、TenX(PAY)利用者が増えれば増えるほど、報酬額が増えていく仕組みになっています。


もらえる配当金額の計算式

取引手数料のうち、0.5%の報酬は、全TenX(PAY)ホルダーへ、PAYの保有量に応じて等しく分配されます。

分配される量は以下の計算式で求めることができます。

    「年間取引量 × 0.5% × PAY保有量 / 2億 = 年間報酬金額」

つまり、PAYの利用額が増え、PAYの保有量が高いほど報酬は増えるという仕組みになります。

なお、報酬はPAYではなくETH(イーサリアム)で支払われることになっています。


TenX(PAY)の配当シュミレーション

TenXが現在世界中で利用されている「VISA」と同様に使われるようになった場合の配当をシュミレーションしてみましょう。

VISAは年間の取引高が約15兆円と言われています。

計算式に当ててみると、1PAYあたりでもらえる報酬金額は「15兆円 × 0.5% × 1PAY / 2億PAY = 375円」となります。

1万件のPAYを保有すれば、375万円の年間収入が得れるということになります。

2018年8月の1PAYあたりの価格が80円となっているので、1万件のPAYは約80万円あれば用意できます。

TenXは保有し、利用者が使い続ければ永続的に報酬が発生するので、今から投資し、やがて利用額が大きくなった時には毎年最高の不労所得が得られるということになります。


仮想通貨TenX(PAY)のICO

TenXはわずか7分間のICOで90億円相当の資金調達を成功させました。

TenXトークンの分配率は以下の通りです。

TenXトークンの分配率
分配先 分配率
トークンセール51%
開発資金29%
初期投資者10%
従業員・開発者10%

開発資金に充てられる29%は2020年までの4年間でゆっくりと市場に流通させる計画があります。


仮想通貨TenX(PAY)のチャート

tenXチャート

TenXのICOでは1eth = 350PAY(1PAY = 0.0028ETH)のレートでトークンは販売されましたが、2017年8月でICO時の6倍に成長するも、2018年8月時点では、ICO価格を36%下回る結果となっています。

TenXの価格推移
日付 PAY価格
ICO時0.0028 ETH
2018年8月0.0018ETH
成長率64%

仮想通貨TenX(PAY)の購入におすすめな取引所

TenXはすでに世界で20社以上の仮想通貨取引所で取引が可能となっています。

TenXが上場している取引所
  • OKEx
  • Bittrex
  • Huobi
  • Upbit
  • Vebitcoin
  • Gate.io
  • ChaoEX
  • LATOKEN
  • Neraex
  • Liqui
  • Bit-Z
  • Kucoin
  • HitBTC
  • Cryptopia
  • EtherDelta
  • Livecoin
  • COSS
  • IDEX
  • BigONE
  • Coinrail
  • Cobinhood

2018年8月6日現在でもっともTenXが取引されている仮想通貨取引所は「OKEx」です。

TenXmarkets

OOExについて、韓国のBitthumbやLATOKENもランクインします。

意外かもしれませんが、ヴィタリクがアドバイザーを務めるKyberNetworkでもTenXとETHの取引が可能です。

数ある取引所から今回TenXにおすすめできる取引所をビックアップして紹介します。


OKEx

OKExは大手仮想通貨取引所の一つですが、主な特徴としては身分証提出なしでも仮想通貨の取引、および出金が可能な取引所となっています。

OKExの本人確認(KYC)作業はレベルごとに分かれており、レベルが上がるほど、取引額の上限が高くなる仕組みになっています。

パスポートなどの身分証を提出しなくてもレベル1まで上げることができます。

レベル1の取引上限は2BTCまでとなり、ほとんどの個人投資家なら十分な取引金額と言えます。

海外の仮想通貨取引所へ登録することが面倒、もしくは個人情報を開示したくないという方はOKExでTenXを購入するのがおすすめです。

関連記事:OKEx(オーケーイーエックス)は、KCYなしで取引できる仮想通貨取引所

Huobi

Huobiは以前まで日本語対応をしていましたが、2018年6月に日本仮想通貨事業者協会(JBCA)に参加し、日本の法律に合わせてた仮想通貨事業展開を目指すため、一旦日本語対応を中止した取引所です。

将来的には、日本人にとって使いやすい取引所に成長することが見込めますが、直近では取引手数料が2%と高いため、取引所の候補には間違えなくあがりますが、TenXの取引を気持ちよくおすすめできるレベルではありません。

関連記事:仮想通貨取引所「Huobi(フオビ)」とは?日本進出に前向きな仮想通貨取引所

Bithumb

Bithumbの公式サイトは日本語表示に対応しています。

ただし、翻訳が完璧ではなく、画像内テキストが韓国語だったりするので、ちょっと使いづらいです。

また、2018年6月にはハッキングで18億円もの被害をだしており、韓国政府にも目をつけられているため、直近の運営状況としては非常に厳しい状況です。

外部リンンク:Bithumbのハッキング被害に続報 被害額は18.7億円

Bithumbの特徴やどんな取引所かについては、以下の記事にもまとめていますので、参考にご覧ください。

関連記事:韓国の仮想通貨取引所「Bithumb(ビッサム)」とは?特徴を解説

Bittrex

アメリカのラスベガスを拠点とするBittrexでもTenXを購入することができます。

バイナンスやHuobiが出てくる前の2017年まではPoloniexと並んで、取扱い銘柄が豊富な仮想通貨取引所でした。

2018年4月には82銘柄もの仮想通貨を上場廃止にするなど、最近では衰退気味の取引所です。

Bittrexについては、以下の記事でもまとめていますのでご覧ください。

関連記事:韓国の仮想通貨取引所「Bithumb(ビッサム)」とは?特徴を解説

仮想通貨TenX(PAY)の購入方法

現在では、ICO価格よりもかなりお買い得になっているTenX

残念ながら、日本の仮想通貨取引所では扱っていないため、海外の取引所も活用して購入する必要があります。

TenXの購入方法
    手順2:Zaifでビットコインを購入する
    手順3:OKExに登録する
    手順4:Zaifで購入したビットコインをOKExに送金する
    手順5:OKExでビットコインを使ってTenXを購入する

仮想通貨TenX(PAY)の保管方法

さきほどTenXを購入できる取引所をいくつかご紹介しましたが、それらの取引所でも過去にハッキング被害が起きています。

取引所がハッキングを受けた場合、盗まれた顧客資産を補填する義務はなく、最悪の場合は資産が戻ってきません。

取引所に資産を預けるということは、ハッキングリスクを受け入れることになります。

ハッキング被害を避けるためには、取引所以外のウォレットに預ける必要があり、中でもおすすめなのはMyEtherWalletです。

ただし、MyEtherWalletにも弱点はあるので、ローカルにダウンロードして使うなどの工夫でセキュリティを高めましょう。

関連記事:MyEtherWallet(マイ・イーサ・ウォレット)で注意したいセキュリティ対策事項
関連記事:MyEtherWalletでトークンが表示されない、読み込み中で残高を確認できない時の対処法