元Google社員であるCharles Lee(チャールズ・リー)氏が2011年10月よりLitecoinプロジェクトを開始しました。

Litecoinチャート

2017年初めは4ドルだった価格が9月には80ドルまで上昇し、9ヶ月間で20倍の成長を見せています。

通貨単位はLCT(エル・シー・ティー)。発行上限量は8,400万LCTとなります。

Litecoinの仕組み

Litecoinは、MIT/X11ライセンスでリリースされているオープンソースソフトウェアプロジェクトです。ビットコイン同様に非中央集権型のネットワークを形成しており、システムはPoW(プルーフ・オブ・ワーク)を採用しています。

採掘者は1ブロック発掘するごとに25LCTが与えられ、約4年(840,000ブロック) ごとに半減していきます。Litecoinネットワークでは、Bitcoinのおおよそ4倍の量の通貨、約8400万枚のLitecoinが生成されます。


ビットコインとの違いは、アルゴリズムに採用しているScryptです。計算が複雑でありメモリをより多く必要とするため2011年頃は画期的な技術でした。

ブロックの生成間隔がBitcoin(約10分程度)の4倍速(約2.5分程度)であるがゆえに、発行所上限もビットコインの4倍とすることでインフレ率をビットコインと同様の値に保っています。しかし、ブロック生成間隔が短いことには、セキュリティレベルが低くなるということやブロックチェーンのサイズがより大きくなるという欠点も存在します。

Litecoinはコインチェックで購入できます。

▼下の画像をクリックしてコインチェックのページを表示させましょう▼ ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

購入手順が不明な方は以下の記事を参考に進めてみてください。
仮想通貨の購入方法(コインチェック編)