仮想通貨Monero(XMR)とは

Monero

Monero(XMR)とは、ZcashやDASHと同様に匿名系仮想通貨と言われています。

Moneroは送金内容を匿名化することによって、利用者のプライバシーを守る通貨です。


仮想通貨Monero(XMR)の基本情報

項目 詳細
公開日2014年4月18日
開発者Monero Project
通貨単位XMR
発行枚数18,400,000XMR
システムProof of Work
アルゴリズムCryptoNight
公式サイトhttps://getmonero.org/
ホワイトペーパーWhitePaper

Moneroの由来は「硬貨(Coin)」

Moneroはエスペラント語で「コイン」や「通貨、硬貨」をあらわす単語です。 ビットコイン(Bit coin)のようにBit Moneroと呼ばれていた時期もありますが、次第に省略されMoneroが定着していきます。


仮想通貨Monero(XMR)の特徴

Monero(XMR)の特徴まとめ
  • Bytecoinがベースになっている
  • 匿名性を向上させる「ステルスアドレス」と「リング署名」
  • 高速で取引可能
  • ブロックサイズの制限がない

MoneroはByteCoinをベースにしている

Bytecoin(バイトコイン)は2012年7月に公開された初の匿名系仮想通貨です。

以下に特徴をまとめてみました。

Bytecoin(バイトコイン)の特徴
  • 2012年7月に公開
  • 初の匿名系仮想通貨
  • ブロック生成間隔は120秒
  • アルゴリズムはCryptoNight(クリプトナイト)を採用
  • システムはPoWを採用
  • マイニング専用マシン以外でもマイニングが可能
  • ビットコインがベースになっている

MoneroはBytecoinをベースにしているため、アルゴリズムはCryptoNightが採用されており、システムがビットコインとよく似た構造になっています。


Moneroの匿名性を向上させる「ステルスアドレス」

Moneroが匿名性を保てる仕組みは、ステルスアドレスという仕組みにあります。

仮想通貨では通貨を送金する際に通常は1つのアドレスから1つのアドレスに直接送金するのが一般的です。

しかし、Moneroの場合は送金時に一時的に利用する送金用アドレス(ワンタイムアドレス)を経由させて取引する方法が採用されています。

もともとMonero保有者がもっているアドレスから利用された取引履歴は公開されず、一時的に利用される送金用アドレスについても、1回きりしか使われないため何の関連性もなく、追跡することができないことから、Moneroのアドレスはステルスアドレスと呼ばれています。


Moneroの匿名性を向上させる「リング署名」

リング署名はマルチシグに似た考えを持っている技術です。

関連記事:仮想通貨用語「マルチシグ」とは?わかりやすく解説

Moneroでは、送金作業において複数の公開鍵を利用します。

複数の公開鍵を用意することにより、狙って送金者を特定したり、追跡することを防ぎます。

これがリング署名と言われる技術です。


Moneroは高速で取引可能

Moneroと同じPoWを採用しているビットコインの取引速度は約10分と言われていますが、Moneroでは約2分で取引を完了させることか可能です。


ブロックサイズの制限がない

Moneroでは1ブロックあたりのデータサイズに制限を設けていないことも大きな特徴の一つとして認識されています。

ビットコインは1MBでビットコインキャッシュは当初8MBなどブロックサイズには制限を設けるのが一般的です。


仮想通貨Monero(XMR)のマイニング

Moneroに採用されている「CryptoNight」というアルゴリズムによってビットコインのように大きなコンピュータを利用しなくてもマイニングが可能になっています。

採掘難易度は高いものの、他の通貨と比べて一人でもマイニングしやすいのが特徴です。

この利便性に目つけたのが「Coinhive」というマイニングツールです。

近年Coinhiveでサイト閲覧者(ユーザ)のコンピュータリソースを無断で借用し、有罪判決となる事例も発生しているため、マイニングに知識がないうちは要注意です。

関連記事:仮想通貨マイニング(Coinhive)は日本で刑事事件、有罪判決となる

仮想通貨Monero(XMR)がハードフォークにより4つの通貨が分裂

2018年4月Moneroのハードフォークにより4つの新しい仮想通貨が誕生しました。


Monero Classic(モネロ・クラシック)

Bitcoin初期エバンジェリストとブロックチェインエコビルダーPZがマイニング専用チップASICをマイニングに導入し、ネットワークの性能を上げると宣言しているらしい。。。


Monero Classic (モネロ・クラシック、XMC)

中央集権的なPoWのシステムを目指し、ネットワークの権利が分散されることを拒否している存在。。


Monero 0(モネロ・ゼロ、XMZ)

2018年4月に実施されたハードフォークに賛同できず、Monero から派生したチーム。

Monero0は2018年4月以前のMoneroシステムを採用しつづけています。


Monero Original (モネロ・オリジナル、XMO)

不明。よくわからない存在です。


仮想通貨Monero(XMR)のチャート

Moneroチャート

Monero(XMR)の相場が下落する要素

XcashやDASHと同様に匿名系仮想通貨にはマネーロンダリングなどの犯罪に悪用される危険性を払拭できないという問題がつきまとっています。

関連記事:Zcash(ZEC)とは?チャートと将来性や匿名系仮想通貨の今後
関連記事:仮想通貨DASHとは?マスターノードやPrivate Sendの特徴と今後

仮想通貨Monero(XMR)の口コミ、評判


仮想通貨Monero(XMR)の購入方法

以前は日本の仮想通貨取引所コインチェックでもMoneroを購入することができましたが、2018年6月以降取引をすることができなくなってしまいました。

現在、Moneroを購入するなら比較的手数料の安いBinance経由で購入する方法がおすすめです。

Monero(XMR)の購入方法
    手順1Zaifに登録する
    手順2:ZaifでBTCを購入する
    手順3:Binanceに登録する
    手順4:Zaifで購入したBTCをBinanceに送金する
    手順5:BinanceでBTCを使ってXMRを購入する